【キャリカレアンバサダー報告】4. いよいよ第1回添削問題だ かかってこ〜い!!

いや、そんな大口を叩くものじゃないだろう。

通信講座のキャリアカレッジジャパン(以下: キャリカレ)より拝命した「キャリカレアンバサダー」…今回は「行動心理士資格指導講座」に挑戦しながら、様々な情報をお伝えしているところだ。

さて、本講座のテキストは4冊に渡る。今回は1冊のテキストを3回読むと決めており、ようやく1冊目の学習が終了した。縦書きなのでページは右から左へと進む。読む際には大きな声で読むことを継続した。

で、1回目、2回目、3回目では読み方を変えている。

まず、1回目は本文を大きな段落ごとで読み、そこで思い当たる事例や疑問を挙げながら内容を整理していった。もしそれが実体験としてあれば、より定着しやすいってことだ。

2回目も1回目のやり方を踏襲したが、専門用語や実際の事件や実験を調べることも加えた。そこにある文字面だけでハイハイと流してしまうと浅い理解になってしまうのでね。

3回目は要点をまとめたページ(実際には向かって左のページ)から読み、そこから本文をサッと読んで、まとめにあった箇所を抜き出して読んでいった。1回目や2回目よりも学習時間は短めになる。

で、3回読んでいくと、1回目で浮かんだ疑問が自ずと解けるケースが多く見られた。それでも納得行かない時には質問を投げかけることになるだろう。添削問題と共に提出するも良し、メールかFAXを送るも良し。

さて、今回のテキスト1は、序章プラス第1章から第5章とあったので、1日1章のペースで学習すれば18日で完了ってことになる。いよいよ、ここで添削問題の登場だ。

添削問題は郵送になるので、事前に切手を用意しておこう。添削問題の冊子に必要な切手の枚数と額面が記載されているので、まとめ買いもアリだろう。キャリカレで用意された封筒を間違えずに使おう。

で、添削問題はテキストを見ながらでも良いとある…が、全部テキストを見て解答欄を埋めるのはどうかね?と思う。やはり実力を知るなら、テキストを見ずにやるべきところだろう。

簿記みたいに、テキストを見たところで答えがそのまま出ることは無いものもあるけどね。満点を取ることよりも、どれだけ理解・把握出来ているかを見ることが大事だと思っている。

なので、分からないなら分からないで恐れず解くのみ。本試験までに調整すれば良いってことだ。

相変わらず字が汚いな…行動心理士じゃなくて「ペン字講座」にすべきだったか?…などと思いつつも、問題を解き進めていく。解答用紙を用意していた封筒に入れ、キャリカレさん、どうぞよしなにとポストへ。

以前受けた講座もそうだったが、キャリカレに解答用紙が到着すればメールが届くし、返送時期も大体で教えていただける。解答用紙はいつどの講座を見ても「血」と「熱」と「情」がこもった添削が入っている。

で、解答用紙が戻るまでの間、ボーッとするのではなく、テキスト2に進むことだって可能だ。テキスト2からはDVD学習が加わるので、今回のテキスト1とは進行方法は変わってくるだろう。

また楽しみになってきたぞ。

LINEで送る
Pocket

【キャリカレアンバサダー報告】3. オイラ流・騒々しくも効率的な勉強法

いよいよ「行動心理士資格取得講座」の始まりだ。

通信講座のキャリアカレッジジャパンより、2018年1月に拝命した「キャリカレアンバサダー」…今回オイラは「行動心理士資格取得講座」で学びつつ、様々な情報をお伝え出来ればと思っている。

行動心理士…心理学系の講座を複数受けていることもあり、下地が全く無い訳では無いが、やはり「初めての学習」ってことになれば、出だしでつまづかないようにしたいところである。

行動心理士のテキストは4冊で構成。言うまでも無く、テキスト1からスタート。ここでは「行動心理学の基礎理論」を軸として、人間関係の構築や人間理解の流れなどを学んでいく。

オイラがこの講座に向き合うにあたって、「他者の胸の内を探ることよりも、まずは己を知ることから始めたい」といったことを考えていた。ありがたいことに、テキストもその流れを汲んでいた。

恐らく、このような分野において中途半端な状態から入っていくと、学習が進むにつれて理解が不十分になり、実際に活かすべき場で上手い具合にいかない…ってことになると思う。

今回のテキストは、それを防ぐ構成だと思う。過去に受けた「メンタル総合心理W資格取得講座」もそうだったな。情報量の多さに一瞬パニックを起こしそうになったけど、そこに気づけばもう大丈夫だ。

さて、テキスト1は大体1ヶ月をメドどした学習となっている。ただ、このテキスト自体は50ページほどである。そこでオイラは、テキストを最低3回は読み込んで添削問題に臨むことにした。

で、昨日、1回目の読み込みが完了した。序章を含めると6つの章に分かれており、1日1章を読んでいった。1回の学習時間は30分ほどだろう。その際、必ずやったことがある。それは、

大きな声を出して読む

…やっぱりね、声にすることによって、単純に目で追うよりも内容が頭に入りやすい。あと、声に出していくうちに、ふと想像した事柄や過去の記憶が呼び起こされて、テキストの内容と結びつきやすくなるんだよなぁ。

そこで「間」を取って、「これは正にこういう事例だ」「こういうことが起きた時には、この内容が役に立つぞ」などと声にしていく。そうすると、そのことがひとつの記憶となって整理されていく。

記憶と記憶の結びつきが上手くいくと、こちらのもの。

ただね、既にご想像されていると思うが、結構うるさい学習になるので、家族が家を空けている時にやることとなる。学校や図書館などでは無理だろう。

正に自宅での通信講座だから成せる業。

1回目の読み込みでは敢えてノートを使わない。使うとしたら2回目以降だろう。3回目の読み込みが終われば添削問題…予定では2018年2月下旬か。

このような学習ペースであれば、4〜5ヶ月位で講座終了となるのかな。テキスト2以降はDVDでの学習も入ってくる。今は楽しみの方が大きいね。今後もそうであって欲しいわなぁ。

LINEで送る
Pocket

【キャリカレアンバサダー報告】2. オイラはだからこの講座にした

「十人十色」とは言うけれど。

人の表情やクセ、仕草って様々ある。これらをまるで見せないっていう方は無いと思う。それぞれに考えや想いがある以上、何らかの行動や反応があったりするものだ。

当ブログを見ていてもそうだろうねぇ。何で一人称が「オイラ」なんだ? 文中で丁寧語は余り出ないけど、人の名前には大抵「さん」を付けているよね?…などといったことを考えた方はあるかも知れないなぁ。

「うし」じゃなくて「よし」だろ?…とか。

文字面でもそうなのだから、口から発する言葉の選び方やトーン、ピッチなどにも当然ながら特徴があるし、目線や手の動きなどで感じ取るものも多いだろう。

前置きが長くなったが、この度、キャリアカレッジジャパン(以下: キャリカレ)の「キャリカレアンバサダー」を拝命するにあたり、「行動心理士資格取得講座」に挑戦することとなった。

端的に言うと、様々な場面で見せる表情やくせ、仕草などを通じて、その人の本音や本心を読み取り、良い人間関係を構築していく手助けをする…というものだ。

詳しい内容は特設ページをご覧いただくと良いが、このような動画も作られていたのね。

「人(他者)の行動を読み取る」と聞くと何だか怖いように感じてしまうかも知れないが、オイラはこの講座を「自分自身を含めた人の本音に近づくもの」だと考えている。

実は、かつてキャリカレで「メンタル総合心理W資格取得講座(「メンタル心理カウンセラー」と「上級心理カウンセラー」の2講座セット)」と「メンタルヘルスマネジメント検定合格指導講座」を受けている。

これらを受講した際、自分自身を知ることが他者を知る上で大事だってことを再認識したのね。キャリカレで学ぶ以前から知ってはいたのだが、余りに自己開示が無いと相手も話そうって気にならないもんね。

だからと言って、何でもかんでも(いつでもどこでも)さらけ出すことは良しとしない。無理に相手に求めることもしない。そのバランスの取り方も、今回の「行動心理士」の講座で再確認したい。

人間関係…時に衝突や困惑、すれ違いなどもあったりするけど、建前や上っ面で築き上げてしまうよりも、本音を知って試行錯誤をしながら方向性を決める方が「深いもの」になると思う。

恋愛も家庭も職場も…そんな風に思う。

さて、これまで様々な資格や学びのことを当ブログでも綴ってきたが、学びの進捗状況を綴るのは今回の行動心理士講座が初めてとなる。標準学習期間は4ヶ月。変に急ぐことはしないつもりだ。

いよいよ学びのスタート。今後は不定期掲載のシリーズとなるが、学んだことが自分の身になるように学習を進めたいね。

LINEで送る
Pocket