【キャリカレアンバサダー報告】9. TVに映るあの人の本音を探れ!?

「人間ウォッチング」は節度を守ってやで。

表情やしぐさなどから、その人の心境に迫る「行動心理学」…オイラは現在、キャリアカレッジジャパンの「行動心理士資格取得講座」を受講しているところ。

4冊あるテキストも残り1冊。いよいよ総仕上げへと入ってきた。テキスト2と3で実際の例を見ていき、「このしぐさが見られたら●●の可能性がある」という考え方も理解していけていると思う。

しかし、示された例の中には、DVD映像で見ることが出来たものもあるが、文字面だけのものもあり、ピンと来ないものもある。特にそれが、オイラ自身が取ったことのないしぐさだと、一旦立ち止まることもある。

また、DVD映像はシチュエーションドラマなので、同じ表情やしぐさでも実社会の中で見る方がより理解しやすくなるケースもあるだろう。

そこで推奨されるのが「人間ウォッチング(観察)」なのだが、自分がその場で誰かをマジマジと見るのは気が引けるとか、余り人と接する機会が無いという方もあるかも知れない。

そんな場合は「TVの生中継」を活用すると良いかも知れない。

オイラは思うに、政治家の討論番組や、ワイドショーでコメンテーターを交えてあーだこーだ言っている場面はウォッチングに向いているだろう。あと、スポーツの中継もそうかも知れないね。

で、先日、中々興味深いことがあった。

オイラは大相撲が好きで、NHKの大相撲中継を結構な割合で見ている。期間の3分の1位は登場するであろう、解説者の北の富士勝昭さんのウォッチャーかも知れないな。Twitter上では敬意を表して「勝昭」と呼んでいる。

「歯に衣着せぬ」話口調、自由度の高い行動、型破りな解説スタイルは、他の解説者に真似出来ないものだろう。そんなこともあってか、しぐさも結構多く見られる訳だ。

ここで「腕」にご注目いただこう。ご存知の方もあると思うが、上の2枚の写真に限らず、腕全体が机の上に出ている状態が殆どだろう。

ところが、2018年3月の春場所にて。カメラが映していたのは、机の下に腕が隠れている状態だった。普段なら机の上に肘を置いたり、肩幅よりも広い状態で手を置いていたりするのになぁ。どうした、勝昭。

その後、映った姿を見ると、辛うじて腕が机の上に出たのだが、手と手の距離は短い。コンパクトにまとまった感もある。そこでオイラは察知した…この状況はマズい気がするな、と。

表情もそうで、どこか険しい。話し口調も余り軽やかではなく、会話も弾む感じがしない。隣に居る太田雅英アナウンサーもそうなんだよなぁ。

気がかりではあるが、今回の学びと照らし合わせると「なるほどね…」と感嘆した。勿論「可能性」で見ていく訳だけど、端々で確信につながる要素もあった。実際にどういう意味なのかは…是非とも講座で学ぶべし。

頑張れ勝昭、頑張れ太田アナ。

そんな訳で、行動心理の学びが自身のものになっていくのを感じながら、残りの学習を進めている。冒頭にもある通り、くれぐれも「人間ウォッチング」は節度を守ってやで。

テキスト4が終わったら最後の添削課題、そしていよいよ最終試験だ。

【お知らせ】
趣味を伸ばしたり、手に職をつけたり…キャリアカレッジジャパンには楽しくて実践的な講座が充実。『にゃんこの暮らしの手帖』をご覧の皆様限定「割引クーポンコード」で、オトクに学びのスタートをゼヒっ!!

クーポンコード: ambpevHw

※ コードの使い方はこちらのページをチェック

LINEで送る
Pocket

【キャリカレアンバサダー報告】8. 忙しなくも動けばよく分かる

「実践あるのみ」とは言うけどね。

キャリアカレッジジャパンの「行動心理士資格習得講座」で学んでいるオイラ。先日、3回目の添削課題を提出した。近いうちに返却されるだろう。

しかし、2回目の添削課題がね…「完答で●点」というところでミスをしていたので、減点幅が大きかったのは少々痛かった。でも、それが今のオイラの実力。また復習して、最終試験に備えれば良い。

さて、2回目と3回目の添削課題(つまり、テキスト2と3の学習)は、実践的な内容だった。「この表情(しぐさ、口調など)が見られた場合は…」というものが100以上登場した。

この中には、オイラが頻繁にやっている事柄もあれば、生まれてこの方やったことの無い事柄もあった。また、性別によって変わるものもあった。

オイラ自身に馴染みの無い行動は、文字面だけで見てもピンと来ない…ということで

実際にやってみる!!

…これに尽きるのではないだろうか。で、以前のブログで綴った通り、テキストを声に出しながら読んでいるので、まぁ騒々しいぞ。じっとしていないし。学校や図書館では不可能に近い学習方法だ。

ただ、自分で言うのもなんだけど、やっぱり効率良いと思う。黙ってテキストを目で追うよりも。声に出したり身体を動かしたりすることで、様々な発見があったりするから。

その中で疑問が浮かぶこともある訳で…そんな時は無料質問サービスをしっかり活用する。サポート期間中だったら何度でもOK…って、当講座のサポート期間は700日あるから、期間内に学習を終えた後でも質問出来るのだ。

サービスが手厚いなぁ。

さて、講座はいよいよテキスト4に入っていった。テキスト4は「開業編」とも言える内容。「行動心理士」の肩書だけが先走らないようにする最終仕上げとも言えよう。

ここで誤解の無いように申し上げるならば「この講座を受けたら絶対に開業して行動心理士として食べていきなさい」という訳では無い。職業選択の自由は当然ながらある。

しかし「行動心理を学んだ者として、どのようなことを心がけるべきか」を学ぶことは重要だろう。事務所やサロンなどを構えないにしても、役に立つ事柄は多い。

人と人の関係を円滑にしたい場面って、何もビジネスに限らないのだから。

そんな訳で、いよいよ学習も佳境へ。その前に、テキストに掲載された行動を実際の世界で観察・体験したいと思う方も多いだろう。次回のブログはオイラ流の観察方法や実際の事例も少し取り上げていこう。

【お知らせ】
学びが人を助けたり、学びで自分を伸ばしたり…キャリアカレッジジャパンには誰かを幸せにする講座が充実。『にゃんこの暮らしの手帖』をご覧の皆様限定「割引クーポンコード」で、オトクに学びのスタートをゼヒっ!!

クーポンコード: ambpevHw

※ コードの使い方はこちらのページをチェック

LINEで送る
Pocket

【キャリカレアンバサダー報告】7. 映像学習で実践力をつけようか

「行動心理士」というのだから、これが無いと。

キャリアカレッジジャパン(以下: キャリカレ)で取り扱っている講座には大抵「映像教材」がある。行動心理士講座ではDVDが教材と共に送られる。

2枚入っていて、1枚は学習開始前のガイダンス映像、もう1枚はケーススタディ形式のもの。テキスト2に対応している。テキスト2は「しぐさの分析」が大きなテーマとなっている。

先日、テキスト2の学習を終え、それに対応する添削課題も提出したところ。テキストを1回音読し、2巡目の音読の際にDVDで対応する項目を一緒に見ていった。3巡目は要点を音読してからDVD学習。

過去に受けた講座でもそうだったのだが、このDVDが侮れない。「テキストに対応している」と聞くと、テキストに綴られたことをそのまま映像化したものだろうと思いがちだが、実際には大きく異なる。

実はテキストに掲載されていない事柄も結構取り上げられていて、添削課題もDVDから出題されるケースも間々ある。「単なるオマケ」と思うのは大間違いなのだ。

こちらはキャリカレの公式サイトやYouTube公式チャンネルでも紹介されている映像。この中にもDVD映像が含まれている。キャリカレ本部がある広島の出身であるが故、出演者に思わずニヤッとするところもあったりなんぞ。

講座によっては、インターネット上の受講者ページから映像を見るものや、スマートフォンやタブレットにARアプリをダウンロードしてから見るものもある。いずれにせよ、サポートが手厚いよなぁ。

そんな訳で、テキストだけでなく映像による学習をした上で添削課題に挑もう。今回提出した課題は既に本部に届いているとのこと。近いうちに結果が戻ってくるだろう。

学習は既にテキスト3に入っていて、内容は更に細かなケーススタディとなっている。
マニュアル一辺倒にならない、柔軟な考え方で取り組みたいものだ。

【お知らせ】
趣味を伸ばしたり、手に職をつけたり…キャリアカレッジジャパンには楽しくて実践的な講座が充実。

『にゃんこの暮らしの手帖』をご覧の皆様限定「割引クーポンコード」で、オトクに学びのスタートをゼヒっ!!

クーポンコード: ambpevHw
※ コードの使い方はこちらのページをチェック

LINEで送る
Pocket