名画・名曲アワー

2/9ページ

♪ 鎮座DOPENESS×環ROY×U-zhaan – サマージャム’95

NO IMAGE

みんな そそのかされちまう ついつい 流されちまう …夏ってどこか開放的になるよなぁ。それは子どもの頃からそうだったのだろう。ただ「開放的」だからと言って、何もかもに全力を注ぐっていう訳では無くて、どこかダラ〜ッとしたところもありつつ。 そんな場面を切り取りながらイイ感じのラップにしたのがスチャダラパー。元々は彼らの曲なんだけど、それをまたイイ感じにカヴァーしたのが本日ご紹介の曲。 まずは元々のV […]

♪ The Collectors – 愛ある世界

NO IMAGE

30年…「かかってしまった」と言うのは野暮かも知れない。 オイラが学生時代によく聴いていた、ザ・コレクターズ。その当時は結成とデビュー10周年で盛り上がっていたっけなぁ。一気に散るバンドが多い中で10周年というのも凄いことだと思っていた。 しかし、留まるところを知らず、あれから20年経った。2017年3月1日(水)、その30周年を日本武道館で盛大に祝った。メンバーも40代から50代…相当な重みのあ […]

ニコニコ顔のロックな方々って…何かこっちもニコニコするんだよね

NO IMAGE

6月9日は「ロックの日」ですってよ。 まぁ、ひと口に「ロック」と言っても、様々なジャンルやアプローチがある訳で。そんな中で「ロックに肩入れしている = 何かいかつい、何かふてくされている」などと考えがちな方は多いような気がする。 その昔「ロックは不良が聴くものだ」なんて言ったりしていたなぁ。今はどうだろう? 昔と同じように言えるだろうか!? それに、「何かいかつい、何かふてくされている」ってのは、 […]

♪ U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS – 七曜日

NO IMAGE

時々思うんです。 「7」って不思議な数字だなぁと。素数でキリが悪いのに、使う場面が多いってこと。「五七五(俳句、川柳)」「五七五七七(短歌)」「三三七拍子」…1週間も7日だし。 「7」…数秘などでも「神秘的」とか「カリスマ性」とかを表す訳だが、それも「7」を良しとすることにつながるのだろうか? 「777」は「ラッキー7」として喜ばれる訳だし。 そんな数字の「7」…音楽の世界に持ち込むとこうなってし […]

♪ King Crimson – Red

NO IMAGE

オイラも年を取ってしまったってことだ。 昨年(2016年)から、オイラが好きだったり知っていたりするミュージシャンの訃報が相次いでいる。年月を経るというのはそういうことでもあるのだが、やはり気分が重くなるものだ。 昨日(2017年2月1日)は、キング・クリムゾンやロキシーミュージック、エイジアなどで活躍したベーシスト、ジョン・ウェットンの訃報が飛び込んだ。朝一番で知ったので、力の抜ける思いが一層強 […]

1 2 9
PAGE TOP