『みえるとか みえないとか』を手にとるとか とらないとか

このカテゴリで初めて「本」が出てきたぞ

…と言っても「絵本」なんだけど。新聞広告をきっかけで知った話題作を買って読んでみたので、今回はそれをご紹介させていただこう。

アリス館から2018年7月に発刊された『みえるとか みえないとか』(ヨシタケシンスケ/さく、伊藤亜紗/そうだん)…ヨシタケさんらしい絵のタッチと世界観で「違い(多様性)」を考える本となっている。

元々は、伊藤さんの著書『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社)に着想を得た作品。宇宙に飛び立った宇宙飛行士と、そこで出会った宇宙人とのやり取りが軽妙かつ痛快なのだ。

自分と違うってことは「可哀想」ってことなの?
そこで優位に立とうとするってどうなのよ?
物事に対して変にフィルターをかけようとしていない?

直接的にそう問いかけている訳ではないが、そういった疑問を重苦しさなしに考えさせられる本でもある。大人が読むのにも適しているのだ。

帯には「うちゅうも ちきゅうも いっしょだな」と…こういう視点がヨシタケさんの良いところであり、魅力でもあるんだなぁ。

ヨシタケさんと言えば、Eテレの『にほんごであそぼ』の1コーナー「およおよ(大きくなったら 読んでほしい お話の 予告編)」で登場するイラストで馴染みがある方も多いだろう。

また、同局の『ノージーのひらめき工房』の1コーナー「わたしの描きかた」に登場した際には、1つのテーマに即して1人の絵を描けば良いところを「9人+犬1匹」を描くという伝説級の偉業を達成された方でもある。

出版した絵本が全てベストセラーになるという人気作家でもあるが、今回の作品も既に9万部以上を売り上げているそうだ。変に構えず、大人にも子どもにも受け入れられやすい絵のタッチもそうさせているのだろう。

良い意味で固定観念が無く、妄想力を楽しむ作風が随所に見える。ヨシタケさんの作品をもっと読んでみたいと思ったし、元となった『目の見えない人は世界をどう見ているのか』も読んでおくべきだろうなぁ。

「この年齢で絵本かよ?」と言われそうだが、実際に読んでみて無理なく入っていける内容には流石と思うばかり。「この年齢で絵本かよ?」というのも立派な(悪しき)フィルターだよなぁ。

多様性を認める社会…同作のように、それが温かなものであって欲しいと願っている。

【私信】
今回買った本は外装のビニールが破れていたからか、封入特典のリーフレットが無かった。すぐにアリス館に問い合わせたところ、編集担当の方よりリーフレットと同社の刊行物リスト、直筆の手紙を送っていただいた。

そこまでのやり取りの中で『みえるとか みえないとか』の感想や、あったらイイなと思う本などをお伝えすることが出来て良かったと思うばかり。

刊行物リストの中でオススメの絵本なども教えていただいたりして、有意義なやり取りだったことに感謝。ピックアップされた本もだが、第9回リブロ絵本大賞を受賞した『だいぶつさまのうんどうかい』も気になりますなぁ。

LINEで送る
Pocket

立憲民主党…リッケン民主党…リッケンバッカーは昔から好きですぞ

「立憲民主党(りっけんみんしゅとう)」

…オイラがその名前を聞いた時、真っ先によぎったのが「リッケンバッカー」である。ギター好き、ベース好き、バンド好きなら、すぐに分かるかと思う。

独特なデザインでありながら、時にオシャレに、時に技巧的に、時に極悪にミュージシャンを魅了するのがリッケンバッカーの良さのひとつだろうねぇ。

リッケンバッカーは現在、山野楽器が販売権を持っている。お値段を見るとヒエ〜ッて言ってしまうのだが、やはり憧れる方も多いよなぁ。

リッケンバッカーね…。

その名を有名にしたのはザ・ビートルズだろう。この映像ではジョン・レノンが持っているギターがそれ。でも実際には、ジョージ・ハリスンもリッケンバッカーを愛用していたんだよね。

立憲民主党が立ち上がった際、Twitterでは「#リッケン民主党」というハッシュタグで「リッケンバッカー」の名手をアップしていくという胸アツな展開となっていた。

その際「リッケン民主党名誉総裁」として挙がっていた1人がジョン・レノンだった。確かに、その先駆者ともなればそうかも知れないなぁ。ジョージ・ハリスンと共同代表でも良いぞ。

ただ「名誉総裁」候補は他にも2名挙がっていた。1人はポール・ウェラー…御存命だから現行の総裁でも良いのかも知れない。彼が居たザ・ジャムもオシャレな出で立ちだったなぁ。

ちなみにこの曲の歌詞…現在の日本にも通じるところがある。彼自身「(イギリスの)労働党」を支持していたからなぁ…と言うか、後にサッチャー政権を猛烈に批判した訳でして。

そしてもう1人が、レミー・キルミスターだ。モーターヘッドの。彼は唯一、ベーシストで名誉総裁の名が挙がった人物だ。上記の方々と比べると、見た目で極悪さが際立つよなぁ。

モーターヘッドも40年にも渡る活動期間となったが、2015年12月に他界。あの存在感、あのしゃがれ声、あの独特なベースの弾き方は真似出来ないなぁ。音量注意にてご覧あれ。

オイラも実は、彼が名誉総裁ではないかと思っている。

他にも様々なミュージシャンの名が「リッケン民主党」に加わった。ちょうどその頃、トム・ペティの危篤の報が流れ…程なくして旅立ってしまった。ここではベースを弾いているが、ギターもやはりリッケンバッカーだったね。

このメンバーだと最も若い筈なんだが…なんということか。遺されたボブ・ディランとジェフ・リンも嘆いていよう。あ、ここではジェフ・リンもリッケンバッカーを弾いていらっしゃるな。

では日本だと…やっぱりザ・コレクターズになるだろうなぁ。元々ギターの古市コータローさんは「リッケン刑事」の愛称もあるからねぇ。日本支部もだが、長年に渡り池袋在住なので豊島区支部の支部長は確定か。

しかし、ここで注目すべきは、ベースの山森JEFF正之さんだろうなぁ。こちらも元々リッケンバッカー弾きではあるけれど、InstagramとTwitterで「リッケン応援する、いや、マジで」と断言しているんだよなぁ。

それが2017年10月3日のこと。なるほど、彼は真の「リッケン民主党」だ。それ以前から、冷静ではあるけれど今の日本に疑問を持っているようなツイートやコメントがあったからね…筋通した。

そんな訳でリッケンバッカー…様々なスタイルで魅了し続けているるよなぁ。オイラも弾けやしないけど、やっぱり憧れるところがある。大量生産をしている訳では無いので、愛着も強まるのだろう。

オイラも大好きなキャラクター「民主くん」がリッケンバッカーを持って「立憲民主くん」になった写真を見て、グラッと来ない訳が無かったな。勿論、非公式ではあるけどね。

立憲民主党からリッケンバッカー…実はリッケン弾きも案外、ものの考え方がそこに近いのかも知れないよ!?

LINEで送る
Pocket

♪ レ・ロマネスク – 祝っていた

こんな…はずじゃ…なかったよね…。

なんてところもあったりするのだが、只今戻ってまいりやした。「待ってましたー!!」「遅いッ!!」「なーに、ヌケヌケと戻って来てんだ!!」…はて、どう言われるもんだか。

そんな訳でお祝いだ。

今回この曲を選んだのは、休載中に結構聴くことが多かったのと、こういう時だからこそ取り上げるのも良いかと思ったのとでね。

元々は心底祝っているって訳じゃないのに、あれっ、何でアイツ幸せになってんだ? ヤベッ、致命的なミスをやらかしたぞ…という歌なんだが、まぁ、それもこれも「人を想ってのこと」なのよね。

何はともあれ、それはそれで良いじゃない、と。

で、レ・ロマネスクは、TOBI(トビー)さんとMIYA(ミーヤ)さんの男女ユニット。意外や意外、フランスで結成し、同地でブレイクしてから戻ってきた「逆輸入ユニット」でもあるのだ。

オイラの友人から幾らか情報を聞いており、2017年になってから聴く機会が増えたかな。どの曲も妙な中毒性があり、今回の曲が2人にとっての代表曲と言えるものとなった。

この曲を引っさげて『ミュージックステーション』に出ようとしていたとは…残念ながら落選してしまったが、エントリーの時点から「知る人ぞ知る」と話題となった。

落選は残念だけど、歌に罪は無い。とりあえず祝っちゃえ。

さて、『ほぼ日刊イトイ新聞』や『ほぼ日手帳』などで知られる株式会社ほぼ日2017年度の棚卸しは、レ・ロマネスクと共に「派手な棚卸し」として開催された。棚卸しが終わっての『祝っていた』がコチラ。

ホンマ、ド派手やなぁ。

そんなこんなで、オイラもどうにか復帰した。皆勤賞は狙っちゃいないけど、スランプ状態からはある程度脱せただろう。そんなオイラをどなたか、死ぬまで祝ってやってくださいな。

LINEで送る
Pocket