またしてもペンジュラムが!! 新幹線選びも侮れないのね

あっという間の旅だった。

という訳で、JR岡山駅から新幹線に乗って帰路へ。在来線も2つ乗り継いだりなんぞ。事前に指定していた迎えの場所を相方さんが間違えるという大失態があったものの、何とか家に着いた。

しかし、新幹線に関して言えば運が良かったな。これもまた「ペンジュラム」によるものだったが、これが1便ズレるだけで大違いな道中となったのだ。

岡山からの新幹線は「のぞみ」…1台の新幹線には16号車まである(グリーン車は8〜10号車)。オイラはどの号車であれ、基本的に1番前の3列席の窓側を押さえる。

EX-IC持ちなので、出発日の1ヶ月前にインターネットで予約。乗車21日前だったら、早割がきくもんね。その際、乗車時間と号車をペンジュラムに決めてもらった。

その結果、11時28分広島駅発の新幹線で5号車に乗るよう指示された。のぞみは博多(福岡)発が多いのだが、それはことごとく却下。また、号車も前半の数字を念押しされ、設備の配置から5号車となった。

で、当日だ。オイラは指定のホームに到着したが、どうも人が多く、どこか混乱した様子が見受けられた。すると、ホームに緊急のアナウンスが流れた。

どうやら、オイラが乗車する新幹線の1つ前のものが、山口県内で架線上に飛来物がかかったにより、到着が大幅に遅れていると言うのだ。調べると、その近辺の時間で博多駅を出発した新幹線は5〜80分の遅れが出ていた。

それにより、該当の新幹線に乗ろうとしていた方々が「どうしよう?」と混乱状態に。すると、新たなアナウンスが入り、オイラが乗ろうとしている新幹線の12号車に遅れが出ている便の乗客用の座席を確保したとあった。

はい、ここで思い出していただこう。

オイラが乗ろうとしていた新幹線は広島駅発で、5号車だ。架線トラブルがあったのは山口県なので、全くもって運行に影響が無い便となった。その12号車がトラブル対応の座席となったので、その面でのトラブルも回避された。

オイラが乗る直前の便は「ひかり」だったのだが、これも相当トラブっていたなぁ。「これは乗った方が良いの?」とか「これで料金は変わるの?」とか。慌てて飛び乗る方もあったもんなぁ。

無事に乗車し、赤飯込みのおこわ弁当を食べている間もスムーズに走ってくれた。

実際にトラブルに巻き込まれた方は本当に気の毒だと思うが、オイラは上手いことペンジュラムに導かれた。ペンジュラムは旅ごとに奇跡を起こすんだよなぁ。最後の最後、待ち合わせでコケたけど。

こうして、オイラの岡山の旅は終了。あれこれ見て回ったし、予算内で行って帰ることも出来た。あの間の体調はかなり良かったもんで…戻って来たことを後悔したところも無きにしも非ず。

次回の旅はいつだろうなぁ。そして、どこだろうなぁ。それまでに、多少なりこじらせ気味の貧乏を治しておかないとなぁ。

LINEで送る
Pocket

アヲハタジャムデッキのジャム作りは2月限定で凄いことになっておるぞ

3度目の訪問が実現したぞ。

敢えてこんな写真からご紹介。今回の旅のメインイベントは「アヲハタジャムデッキ」でのジャム作り体験だ。2回目(2017年12月)で一緒だった友人と共に再訪と相成った。

実は2月は「洋酒入りジャム作り」が出来るとあって、是非ともということになった。今回は友人に予約をお願いし「オレンジママレード」に初挑戦。オレンジと洋酒は合うでしょうなぁ。

そんな訳で、岡山から車で広島県竹原市へ。長距離運転もありがとう。

アヲハタジャムデッキに興奮するのは人ばかりではない。我が家の「ぶた団(マルクスさんとセプティさん)」と、友人のなめこさん、しろたんさん、ふなっしーさんも上機嫌で記念撮影。

この日は雨に見舞われたが、到着した段階では晴れ間があった。開始までの時間で2階へと。初めてオープンデッキに上がった。2階もやっぱりオシャレだわ。

オープンデッキから見た瀬戸内海。

マルクスさんも気に入った模様。

勿論、セプティさんも。

さて、今回はオイラが知る限りでは18名の参加があった。その中には雑誌の取材で来られた方も…回を重ねる毎に参加人数が増えているなぁ。

カップルやご夫婦での参加も多かった。

ではでは、ジャム作りをば。今回のオレンジママレードの材料。写真中央の小さなプラスチック容器の中には「グランマルニエ(オレンジキュラソー)」が入っている。苦手な方は外すことも出来る。

まずは解凍したネーブルオレンジを加熱していく。砂糖などを入れながら焦がさぬように混ぜていく。砂糖を入れる前のネーブルオレンジは、やや味が薄い気がしたけど、この後どうなるのかしら。

砂糖が入るとツヤが出て来る。皮が切れるので混ぜすぎは厳禁。

以前作ったブルーベリージャム作りには無かった工程として「泡を取り除く」というのがある。取り除くと見栄えが良くなるだけでなく、雑味も取れるとか。この作業が意外と難しかった。

工程を事細かく綴ってしまうと面白く無いと思うので、ほどほどにしておこうと思うが、最後の仕上げ段階でグランマルニエを入れた。入れてすぐ火を止めるので、アルコール分はしっかり感じられるものとなった。

さて、この日は2月28日で洋酒入りジャム作りの最終日だったが、この日から春デザインの新しい瓶が登場した。「やったー」「おー」などという声も結構挙がっていた。

で、ママレードを瓶に入れ、冷却してから手元に。こんな感じで出来上がりましたとさ。1本は友人と交換。食べ比べもまた楽し。合間に工場見学もあるが、それは撮影禁止なので、実際に行って楽しむべし。

ジャム作り体験が終わったら、併設のカフェでひと息ついてみるのも良いだろう。

今回は「瀬戸内ぶどうジュース」をば。かなり濃いけど飲みやすい。1杯200円(税込)は良心的。

お土産はこの2つ。向かって左の「ピーチ・メルバ」はアヲハタからのプレゼント。「まるごと果実 りんご」はショップでお買い上げ。これからスーパーの店頭にも並んでいくだろう。

そんな訳で、作って楽し、見て楽し、食べて楽し、飲んで楽し、買って楽し…体験型施設においてはトップクラスにあると思う。なので「再訪」であってもしっかり楽しめるんだよなぁ。

また行こうじゃないの、イチゴジャムとか、夏か秋デザインの瓶狙いで。

しっかり楽しんだ後は友人の車で一路、岡山へ。途中で夕食を摂ったり、買い物をしたりして楽しんだ。そして粋な計らいで、宿泊先のホテルまで送っていただいた。本当に本当にありがとう。

こうして旅のメインイベントが終わった。いよいよ次の日は帰路へと。

あっと言う間の旅だったが、実に内容の濃い旅だった。新幹線に乗る時は感極まるかな…と思ったら、予想外の出来事が起きていた。それはもしや「アイツ」がしらせてくれたのか!?

その続きは次回のブログにて。

LINEで送る
Pocket

岡山に来たんだから、岡山らしいものを食べようと決めた結果

オイラ、ソフトクリーム食べたいねん。

岡山後楽園と岡山城に立ち寄った間、食べたものはこちらの「お福うどん」のみ…結構軽めだったんだよなぁ。で、結構良い天気だったモンだから、ひとつ何か食べたいってなる訳だ。

ソフトクリームねぇ。

実は後楽園に寄った際に、幾つか「茶屋」を見ていたんだよね。そこでソフトクリームが色々と紹介されていて、結構惹かれるものがあったんだわ。

しかし、ここは岡山だで。

バニラはハズレが無いだろうけどどこでも食べられるだろう。抹茶はオイラが死ぬる可能性もある。ジャージー牛乳を使ったものとなれば岡山ならではだが、1つ980円って厳しいわなぁ。

そこで白羽の矢が立ったのは「白桃」である。

後楽園には「当日再入場可」の制度があるので、それを利用して再び園内に。白桃のみでも良かったが、敢えてバニラとのミックスで。1つ300円(税込)。ほんのりとした甘さと爽やかさが良いですなぁ。

ソフトクリーム欲しさに後楽園再入場って…。

でも、実際にはソフトクリーム以外の楽しみもあった訳で。午前中に散策した際に回りきれなかった箇所を改めて見ることが出来た。写真の水車もその1つ。

改めて見回って正門を出た際、通りがかりのおじいさんから教えて貰って気がついた。これ「顔」に見えるわ。ちょっとトボケ顔。こうして、後楽園と岡山城の散策は終了。

一旦ホテルに戻ってくつろいだ後、夕食に出ることに。

宿泊先からほど近い別のホテルにて。ここでは岡山県のB級グルメが楽しめるということで、今回は津山市で人気の「ホルモンうどん」をば。

調べると、津山市は市内に食肉加工工場がある上に、その処理技術が高く、スピードも速いという特徴があるようだ。傷みやすいホルモンも臭みが抑えられて美味しいとのこと。

そんなホルモンを使い、醤油や味噌など甘辛いタレで仕上げた焼きうどん…これは選んで正解だったな。

オイラもホルモンは調理方法によっては苦手になることもあるのだが、これだと難なく食べられたし、満足感が高いものだったな。

ただ、ホテルだから量が少ないだろうと思ってサラダとスープも付けたのだが、うどんだけでも意外とボリュームがあったんだよなぁ。うどんの中のキャベツも結構なものだった。

「お福うどん」が岡山ならではのものか分からないけど、白桃を使ったソフトクリームに、津山市由来のホルモンうどんを楽しみ、岡山を満喫した1日になった。うん、突発的でも良い過ごし方となった。

さて、この次の日が今回の旅のメインイベント…実はこれ自体は岡山県で行われたものでは無いのだが、岡山在住の友人と「あの場所」に向かうこととなった。

まさかの再訪は凄い内容となったのだ。

LINEで送る
Pocket