台所から謎のかほり…謎が謎を呼ぶ芳香剤の行方

あれは2018年12月のこと。

地元に帰省して戻ってきたら、何か様子が違っていた。郵便物や領収書などが台所のテーブルの上に載っているのは、まぁそうだろうと思ったが、空間的に何か違和感がある。

辺りを見回して違和感の元が分かった。

オイラが買いもしないタイプの芳香剤が台所のカウンターに置かれていたのだ。台所から桃のかほり…マジですか、勘弁してくださいよ。今まで台所に芳香剤を置いたことなんて無いのだがね。

領収書を見ていると、相方さんが帰省中に芳香剤を2つ買っていたことが判明。1つは今回の問題となる品。もう1つは相方さんの自室にあり、これについては特に問題視することは無い。

芳香剤を買うことはオイラもある。ただ、置く場所は決めていて、相方さんの自室とそのクローゼットの中、靴箱(下駄箱?)、御手洗だ。相方さんの部屋にあるのは、喫煙家であるため…だ。

靴箱と御手洗にあるのは思ったよりも換気が難しく、ニオイがこもりやすいから。恐らく、この意見については多くの方が賛同されるかと思う。

ただね…台所に芳香剤って置きたくないですなぁ。料理の匂いと芳香剤の香りが混ざるのは…ねぇ。しかも食べ物の香りともなれば、作った料理を否定されるかのように思えてくる。

どうしても置くとなれば、香りが無いタイプだろうなぁ。消臭タイプ…これはこれで料理の匂いをかき消されるか。うん、やっぱり置きたくない。

皆様はどうお考えだろうか…Twitter上で聞いてみた。

アリの方が多いけど、ナシの方もあるようだ。「仕方なく置いている」は無いのか…まぁ、そうだろうなぁ、普通に考えても。

暫くの間、相方さんに芳香剤を置いた理由を聞いていなかったが、今回のアンケートを行うタイミングで聞いてみた。すると、どうしたことか、歯切れの悪い答えが返ってきた。

「あれ…何で置いたっけ…確か仕事場に置こうとしていたんだっけ…ぇ、俺が置いたんだっけか? それがどうしたの?」

どうしたも何も…普段オイラが置かないし、嫌なニオイがしていたとかどうとかってことなのかね?…しかし、仕事場に置こうとしていたものを自宅で開けるってのは何とも不可解。

まさか、何か別の事情があるとか!?

先日、来客があった際、その方から「あ〜イイ匂い」と声があった。この方は台所に置く芳香剤を良しとしているのだろうなぁ。そろそろ2ヶ月経とうとしているのに、まだまだ香る芳香剤にモヤモヤするばかりだ。

LINEで送る
Pocket

食べること自体がリスク!? 急に訪れる貧血にオイラはどうすれば良いのやら

ずっとまえからすしでした。

…以前、そういうTシャツを見たことがあるわ…って思ったら、パーカーでした。そんなことを思い出しつつも、本日のテーマはこれじゃなくって。今回は「寿司」で起きたまさかの事態をば。

寿司と言っても、オイラが食べるのは回転寿司のものか、スーパーの惣菜コーナーにあるもの。先日、回転寿司店に連れて行って貰い、思い思いに寿司をいただいてきた。

ちょうどその頃、オイラの貧血状態がいたって悪く、意図するまでもなく、鉄分が多めなものを選んで取っていった。青魚や牛肉を使ったものを中心に。

たまたま、オイラが食べたい(と言うか食べるべき)皿が相次いでやって来たので、4皿か5皿か確保するような形になった。通常だと7皿前後は食べるので、特に問題のない量だと思っていた。

しかし、こんなタイミングで来てしまった。食事をしながらの貧血が。特に空腹だったとか、急いだつもりとか無かったのだが、いっぺんに胃に血液が押し寄せてしまったせいか、スットーンと落ちてしまった。

何がショックだったか?って、たった2皿でそうなったことだよ。1皿2貫のものだったけど、4貫は食べ切っていなかったからね。いくら何でも早すぎるわ、と。早々に休憩モードになりつつ回復を待った。

その後、通常の量は食べられる位に調子が戻ってきたが、何故か左腕だけは温度や血の気を感じない状態が続いた。利き手では無いから良いものの。既に取っていた皿も含め、平均値の7皿は食べていたな。

左腕の感覚が戻ったのは、帰宅して暫く経ってからだった。その後、左腕に異変が出ることは無かったので、あの時だけおかしかったのかしら?と思ったりなんぞ。

何か訳分からんことになったなぁ。

不思議に思うこととして、オイラが食事中に貧血を起こすのって、ほぼ100%の割合で誰かと一緒に居る時なんだよなぁ。オイラ1人で食事を摂っていて、貧血を起こしたことってほぼ無いなぁ。

相手のペースに無理やり合わせようとしているからか、はたまた、食べようとしている量が多すぎるからか…今回の件で言えば、どちらにも当てはまらないからなぁ。個人的にショックが大きい。

まぁでも何であれ、無理は出来ない体質だ…ということはよく分かった。余りガチガチになり過ぎて何も楽しめないってのは問題だが、そういう傾向があることを知った上で食事の席に着くことにしよう。

困ったもんだが、しゃあないとしか言えないわなぁ。

LINEで送る
Pocket

春は来る 謎の不調も来る 季節の変わり目って困りますなぁ

春は確かに来ています。

…って、そういう通知書があってのことでは無いだろうけど、確かに春を思わせるものってあるよなぁ。陽の長さとか、急に気温が上がる感じとか。

ただ、今は2月の上旬。跳ね返りも結構派手に起きるよなぁ。一気に5℃以上気温が下がったり、雪や突風で大荒れになったり。中々順応しづらいというのが正直なところだろうなぁ。

冬から春に変わる辺りって、オイラにとっても辛い時期かも知れない。何だろうか、気温か太陽光か、何のせいか分からんが、急に偏頭痛が来るんだよなぁ。よりによって結構重めのが。

大体が右目の上側。キリキリと痛み、目が開けられなくなることもある。そこからこめかみや頭頂部、耳にまで不調が波及してしまう。こういう時の頭痛薬(鎮痛剤)は効くような効かないような。

時間は長引くが、大人しく痛みが引くのを待つことが多いかなぁ。日中で発生したら夜くらいで割と引いている。毎日発生することでは無いので、今は様子見というところだろう。

さて、オイラは幸い、杉やヒノキによる花粉症ではない。既に杉の花粉が飛んでいるとのことで、今は花粉症でなくても油断は出来ないってことだろうなぁ。

その昔、花粉症の時期に鼻水が止まらない状態になり、耳鼻科で検査を行ったところ「おかしいなぁ、杉やヒノキの花粉症じゃないけど…何かしらのアレルギーなんだけどなぁ」と医師に言われたことがある。

結局「何かしら」が何かが分からぬまま、その病院で治療を続けて完治。それ以後は同様の症状が出ること無く暮らしている。それならまぁ…良しとするか。春ゆえの謎不調だったのかねぇ?

いずれにせよ、この時期ってのは季節の変わり目で体調が整えづらい状況にはあるだろう。皆様どうかお気をつけくださいませ。オイラは…まぁどうにかやりますよ。

LINEで送る
Pocket