日本でいちばん暑く茹だる夏 もうこのフラつき止めたって

「命を守る行動を」

…って、今までの感覚だと、地震や津波、台風や大雨などに対して使われるものだったよなぁ。しかし、2018年の夏に関して言えば「猛暑」に対しても使われる。

でも確かにそうだよなぁ。岐阜県の多治見市や美濃市などでは最高気温が40℃を突破した日があったし、各地で熱中症で搬送される方が相次いで死者が出るケースもかなり多い。

特に西日本は豪雨の際に散々っぱら降って、その後ビックリする位に降らないもんなぁ。東日本も一部で雨が降るものの、基本的には晴天。あれこれ危ぶむものがある。

冗談抜きで、2018年7月6日のあの祟りだと思うよ。

しかし、オイラは比較的、暑さに強いものの、今季の暑さには参っているね。冷房を付ける時間帯が割と多い一方、外出の回数は減っている。買い物は毎日ちょこまか…というオイラが4日間引きこもったことが今季で既に2度も。

物があったから成立したんだろうけど。

ただ、そうは言っても、飲食物においては大して涼を求めていないんだろう。この猛暑の中でアイスやゼリーなどといった冷菓を口にしていないし、炭酸飲料はもう数ヶ月買っていない。

ちょっと距離を長く歩く時にはスポーツドリンクやそれに近い飲み物を口にするが、家では基本的に温かいお茶。薬やサプリメントを冷たい水で飲むことはしないなぁ。

冷たい麺類ばかりに頼ることもしていないなぁ。

まぁ、オイラがやっていることが全て正しいとは思えんけど、多少なりは対策が必要な夏ってことだよなぁ。昔と今をゴッチャにしてはならない。根性論でどうにかなるものでも無いだろう。

こんな気候でオリンピックってアホちゃうか?…の前に、高校野球は殺人的スケジュールだと思うんだけど。選手や応援する生徒、保護者、出場校、そして「死のロード」に出される阪神タイガースの皆様のためにも廃止でゼヒっ。

夏の高校野球は無理にやらんでイイよ…ってか、春だけで良くないか? 春だと3年生が…と言うのであれば、秋にやれば良い。

で、この先の天気ね…暫くは猛暑が続くとか。8月になって「あー涼しい」ってなるんだろうか? 沖縄には台風が向かうこともあるが、九州や本州を目がけてというのは暫く無い模様。

沖縄だけが例年通りという気がするのはオイラだけか?

いずれにせよ「命を守る行動」が必要な2018年の夏。ここでの教訓が今後に活かされるものにするというのも大事なのかも知れないね。

LINEで送る
Pocket

心ここに在らず オイラなりの復興支援の道

「止まない雨はない」

…とは以前から言われるものだけど、余りにも無情だわ、あの爪痕は。2018年7月5日から8日頃にかけて、西日本を中心に豪雨災害が発生した。最も人的被害が大きかったのが、オイラの地元・広島であった。

見覚えのある地域が水没し、土砂崩れもあちこちで発生した。しかし、情報が余りに少なく、具体的なライフラインの状況を知ったのは8日のこと。電話の状況も分からなかったので、此方からの連絡は多くの場合、控えていた。

その間もオイラのブログは更新されたし、SNSも動いていた。災害発生前に予約していたものもあったが、リアルタイムで動いたものもある。正直なところ、複雑な心境ではあった。

有益な情報を…と思う一方、それがかえって混乱を起こすようでは困るし、悲壮感を全てかぶるのもどうかと思っていた。敢えて普段通りにと考えつつも、どこかでギクシャクするものもあったりした。

これはハッキリと言える。「オイラの心は今暮らしていることには無い」と言っても過言では無く、完全に地元に向いている。根底・根幹はそこなんだな。それ故に、今の立ち位置が正直なところ不安定なんだろうなぁ。

しかし、大雨の痕跡は相当なもの。オイラに何か出来ないものか?と考える中で、2015年に関東と東北を襲った大雨を思い出した。あの時、インターネット上では「うまい棒を買って支援しよう」という話が盛り上がっていた。

「うまい棒」や「キャベツ太郎」などのお菓子を作っているメーカーが茨城県常総市にあるということで、買いやすい値段のお菓子を買って、そのメーカーに納税して貰いながら経済再建を…というのが狙いだった。

勿論、そのメーカーに限る必要は無いのだが、消費者が商品を楽しんで、その地の企業(メーカー)に頑張って貰い、その地を盛り上げて貰おうという発想はなるほどと思った。

支援をする側と受ける側の双方が笑顔になれるやり方って、オイラは最高じゃないかと思っている。それは2011年の東日本大震災以降、全く崩れていない考え方。

そんな訳で買ってきたのは、アヲハタ(広島県竹原市忠海)の「まるごと果実」…以前も当ブログで紹介しているが、今回はこれまで食べたことのない「いちじく」と「オレンジ」をこしらえた。

これまでに、アヲハタジャムデッキでジャム作り体験をすること3度。食べる以外でも楽しさを味わわせていただいた企業でもある。ジャムの全国シェアNo.1でもあるので、やっぱり頑張ってもらいたいなぁ。

災害発生後の買い足しはこれからだが、味噌も広島のもので。ますやみそ(広島県呉市焼山)は意外と良いものを出している。写真の「麦味噌」と「合わせ味噌」は今居る場所でも買えるので、交互に買っている。

2018年4月にこの世を去った元・広島東洋カープの衣笠祥雄さんが、同社のイメージキャラクターを務めていたこともあった。正に「広島」の商品と言えよう。

そして、2018年7月いっぱいは、毎週木曜に「キャリカレアンバサダーの思い出」と題して記事をアップしているが、そこで登場する「キャリカレ(キャリアカレッジジャパン)」も地元企業である(広島県広島市安佐南区八木)。

現在受けている講座は無いが、元々受けてみたいと思っている講座は複数あり、本部機能や運輸・郵便事情が落ち着けば最低でも1つ受講することを事実上宣言している。勿論、自費を投じてだね。

オイラは地元が広島ということで、広島の企業で考えているが、勿論のこと他の地域でも良いと思う。思い入れのある地の思い入れのある品で…無理なく楽しくが良いんじゃないかと。

今後、義援金やボランティアなどの支援が活発になると思う。こういった形でも貢献したいと思いつつも、本音としてもっと大きく考えていることがある。それは、Uターンだ。

オイラ、また戻っても良いかい?

LINEで送る
Pocket

梅雨時の湿気…ありすぎると何かしら蝕まれるんだろうなぁ

天気予報、外れたぞ。

梅雨だから元々安定しないことは分かっているつもりだが、ここまでズレが出ると困りますわなぁ。日本気象協会発表の予報で湿度50%程度と言っておいて、実況値が80%寸前とか結構あるね。

10℃近く気温が上がると聞いて半袖を出したものの、全然上がらなくて鳥肌立ちっぱなしとか、梅雨の晴れ間が望めそうですと言っているのが突然の大雨とか。2018年の梅雨はそういうのが結構多い。

まぁ梅雨だからプラスの発想自体を止めておけと言われれば、それまでか。

でだ、梅雨時期に湿度が高いのは言うまでも無い。例年、クローゼットに使い切りタイプの除湿剤を置いていて、3ヶ月に1回ペースで交換することにしているが、この時期は3ヶ月ともなれば結構なたまり具合になる。

以前のブログでも綴った通り、オイラの中では「2月・5月・8月・11月の3日」を交換の目安としている。2月3日は節分、5月3日は憲法記念日、11月3日は文化の日…8月に特に何も無くても3つ覚えれば大丈夫って発想だ。

ただ、2018年は5月の交換が遅くなった。下旬になってのことだからなぁ。なので、8月3日までに満杯になるかは怪しいな。しかも、今まで買ったことのないメーカーのものなので、どこまで頼れるか分からない。

そこで実験だ。普段、クローゼットに置いている2つの除湿剤を交互に部屋(オイラの寝室)に置いてみた。やっぱり、それ相応に湿気があるんだな。グイグイ吸い取られるのが分かる。

この調子だと、8月3日に満杯に近い状態で交換することになりそうだ。

ただ、クローゼットと違って部屋に置くってのは…見た目にアレだわ、オシャレ感が全く無い。だから除湿機や除湿機能付きエアコンってのがウケるんだろうなぁ。

機械の力を借りれば、それ以上の湿気も取ってくれよう。

冬になれば、逆に湿気が無さ過ぎて困るってなる訳で…その影響で今回の除湿剤の交換が遅れた訳だ。まぁ、あっちを立てればこっちが立たずってことなんだろう。

2018年の梅雨はどうなるんだろうか? ダラダラと続くものなのか、一時的に大雨に見舞われるのか、はたまた予想外の空梅雨なのか…無くなれとは言わんが、厄介な案件になって欲しくないわなぁ。

LINEで送る
Pocket