オシャレに飾ったテーブルで看過出来ないことが起こるもので

気張ったことは出来ないが、

居間にあるテーブルに花を添えてみた。あくまで「造花」だけど。しかし、近年の造花(それも100円ショップのもの)って、クオリティが高いものが多いのね。

これはSeria(セリア)で買ったもの。白と黄緑のバラという組み合わせが何ともユニークでね。何かしらの実も一緒に付いていた。いわゆる「カフェテーブル」なので、これ位のシンプルさで良いかもね。

黄緑色のバラ…「人生バラ色」なんて言うけど、白を頭に浮かべる方はあっても、黄緑色を想像する方って居ないかも知れないねぇ。それ位不思議な色だが、何故か妙に惹かれたのよね。

この花を同じくセリアで買った小瓶に挿している。小瓶は「花瓶」という扱いではなく「オシャレ瓶(インテリア)」の扱いだった。水や砂などを入れる訳では無いので、安全に使えているのかな?

200円ほどで何とも優雅じゃないか。

しかしだ…こんな感じに飾っている訳だけど、飾った目的ってのが「机の上や空間をオシャレにするため」ではなく、このテーブルの上に相方さんの足を乗せさせないためだったりする。

ローテーブルなので、その上に足をポーンと投げ出してしまう「あー楽チン」とか言うもんだから、ムカッと来る訳だ。

このテーブルもオイラが買って自力で組み立てたものだ。それをそういう扱いにするとは許せんわなぁ。なので、花瓶を真ん中に置いて精神的にそうしづらいように…と思っていてもやりよるな、あの方は。

ただ、テーブルの上にあれこれ広げ回すのは良くないと思うようになったのだろう。以前のテーブルでは書類やペンなどが散らばっていたが、今は割とひと固めにされ、花瓶以外は何も無いってことも結構多くなった。

でも足の投げ出しはやりよる。

花瓶やテーブル、椅子、ラグなどを2017年の秋口にかけて一新。このこと自体は正解だったと思う。流石に花瓶以外は100円ショップで…とは行かなかったが、予算抑えめに改造出来た。機能性や雰囲気は大幅に上がったと思う。

尚、椅子については次回のブログで詳しく取り上げよう。

造花ね…今使っているものは特に季節を選ばないと思うけど、余り長く飾るのも良くないかも知れないね。次はどういったものにしようかね? 花の種類もだし、色も影響するだろうなぁ。

何としても、足の投げ出しは阻止したい。

LINEで送る
Pocket

のほほんにゃんこのドカ雪シッチャカメッチャカ狂騒曲

誰がここまで気張れって言ったかね?

…なんて言いたくもなるような寒さが続いている。オイラの住む地域では2018年に入って2度の積雪に見舞われた。慣れぬ雪かきもしつつ、春を待ち侘びる次第。

本日(2018年2月4日)は「立春」なんだけどね。

今シーズンで1番積もった時で10cm以上にもなる雪だった。その時は相方さんが周囲の雪かきをし、場所によっては30cm以上の高さに積み上げられた。

オイラの経験上、大雪が降った後は晴れることが多く、気温もそこそこ持ち直したのもあって、雪は2・3日ほどで無くなったものだが、今シーズンは余り晴天が無く、寒波が厳しいので、1週間経過しても雪が残っていた。

こうなると、雪だけでなく氷や霜柱も相当に残るもので、霜柱の3段重ねとかも見られたもんなぁ。霜柱って重なるもんなのね。縁起が良いかどうか知らんけど。

で、雪の量が減ったところで、オイラが家の敷地内で雪や氷を砕く作業をしていたら、屋根から雪の塊が降ってきた。実際には氷と化しており、握りこぶし1個分の大きさだった。

間一髪で避けたので事なきを得たけど、あれが直撃していたら怖い怖い。凍った一部が割れてパキーンって音もしたし。つくづく思ったよ、高層階からイタズラで物を落とす輩は厳罰に処すべきだわ。

そんなヒヤヒヤも覚えつつ9割方溶けた…と思ったら新たな雪が積もって撃沈。世の中上手いこといかんものかね?

しかし、雪に慣れぬ地だからこその痛い案件にも遭遇したよ。

角地になっている隣家のお婆さんと立ち話をしていた時のこと。そのお婆さんが「家の前の日当たりが悪いもんで、雪が中々溶けないから、ホースで水まいて溶かしたのよ」と言い出したのだ。

その以前から角を曲がったところの道が異常なまでに凍っていて、そこに面した別の家の方が時間を見て雪と氷を取り除いているのを目撃していた。どうしたものか…と思っていたら、これだよ。

お婆さんの感覚では「雪の白い色が見えなくなったら溶けた」位にしか無いんだろう。寒波の中でそれなりに積もった雪の上に水をまくのは、一生懸命スケートリンクを作っているのと同じだわな。

まぁ、あちこちでトラブルを抱えている方なので、「またやったか」位に捉えておこう。承認欲求が強いんでしょうな…ってことで。

ともあれ、雪に慣れぬ地と人ゆえのドタバタは続くんだろうねぇ。

長期予報によると、これから2週間ほどは各地で低温が続くとのこと。状況次第では再び雪に見舞われることもあるだろう。暖冬に慣れていたせいか、今シーズンは面食らったところが多いよなぁ。

LINEで送る
Pocket

非燃焼系にゃんこ式だと武士は食わねど高楊枝的にならぬもので

まずはド正論からひとつ。

いつだったけな、Twitterで「働かざる者食うべからずって言うんだったら、働いていない時は空腹にならなきゃいいのに」みたいなことを見た記憶がある。

「働いていない → お金が無い → 出費は避けたい → でもお腹が空く → 買わざるを得ない」…この流れは勘弁して欲しいよなぁ。働いていない期間は空腹感が無い、場合によっては常に満腹感であれば言うこと無いか。

まぁ、それなりの年齢に達しているんだったら「働けよ」って言われるのが世の常かも知れないけどね。そうも行かないケースもある。一概に言えないわなぁ。

しかし、ここ最近のオイラは何であれ燃費の悪さが際立っている。

年齢を考えたら、10代や20代のような食事だと無理がかかるのは当然。量も質もそう。ただ、目先に囚われたら簡単に口寂しくなる訳で。「何か食べられそうな気がする」と思ってしまったりね。

ただ、そう思って量を削ると簡単に体調を崩すんだよなぁ。年明けの貧血も様々なっ要因がある中で、食事の摂り方や質がいっちょかみしたからね。しょうがないから多めに食べる。

さぁ、どうやったら燃費効率を改善出来るかしら?

この冬はマジで寒い…寒いと動かなくなる。余りにも寒くなると動けないとも言えるか。そうなれば余計に燃費効率が悪くなる。

元々運動がニガテなところに持ってきて、貧血により派手な運動がNGとなっているものだから。テレビ体操(ラジオ体操・みんなの体操)だけで何とかなるものでも無く…決して無駄では無いのだけど。

あー、早いとこ春が来てくれませんかね?

一時期、相方さんの体重が激増した。その際「頼むからメシをマズく作ってくれないか?」って言われたことがある。アホな話だ。わざわざそんなことをするか?っての。

よって、オイラ自身にこの方法を取ることも無い。

あー、どうやったらコントロール出来るかねぇ? 敢えて、家の中から手軽に食べられるものを無くしていくとか? んでもって買い足しをしなければOKかい!?

うん、悲壮感たっぷりだわ。

そんなこんなで1月も中旬か。初旬に立てた目標がもうこの時点でガラガラと崩れないようにしないとなぁ。具体的な目標は言わんけど。しかし、一筋縄に行かないものね、ホント。

LINEで送る
Pocket