ギスギスにゃんこの「心はつらいよ」グダグダ物語

「むかーし、むかし、あるところに

ビートルズという人たちが居ました…別に知らなくていいけど」というセリフでこの画像が来たら、そりゃ毛羽立ったり、ささくれたりした心も落ち着くってもんだ。

これは、Eテレ『コレナンデサンデー』のいち場面より。ロケ地は杉並児童交通公園。先頭に立つ招き猫の「間田ナイ」(CV: 阿澄佳奈さん)がテンション低めに、とつとつと語るもんだからなぁ。

「ウチら、ニャートルズ」…と言うことは、間田ナイさんはジョン・レノン?

先の写真で思い出されるのは、ビートルズのアルバム『アビーロード』だな。しかし、元のジャケットで言えばリンゴ・スターの立ち位置に黒い小さな招き猫が来ているのが見事だったなぁ。

「心が毛羽立つ」「心がささくれる」…かぁ。

オイラ、最近多いよなぁ、ホント。先日来からお伝えしている通り、東京都迷惑防止条例の不十分な改正案が可決して以降、ブログやSNSで発言する所に「壁」とも言える「困惑」が立ちはだかっている状況だ。

それ故に、頭と神経を無理に使っている状況がある。綴るスピードや量は変わりないんだけど、疲労感がかなり大きい。

まだ「可決」の段階なので施行された訳ではないんだけど、書く内容や書き方って多少なりは意識するよ…萎縮することは無いんじゃないの?と思いつつも。何か息苦しい世の中になったと憂うばかりだわ。

実は当ブログ以上に神経を尖らせる書きものを持っていましてね…それを綴りながらつくづくそう思うんだわ。

あと、ここ最近、寝る前になって相方さんから立て続けに胸糞悪い話を聞かされることが多くて、それで疲弊しているところがある…って、今こうして綴っている内容が胸糞悪いと思われるかも知れないが。

安住の地ってどこよ?

そんな中で、気が抜けると言うか、微笑ましいと言うか…そういうものが来ると、ちょっとは落ち着く訳で。先の「ニャートルズ」は、たまたま録画していたこともあって、数回見返している。

これだけで万事OKってなれば良いんだけど。

まぁ、オイラ自身が潰される前に、何らかの手を講じる。今の状態が良いとは思えないし。あー、これからオイラはどうなるんだろう?

LINEで送る
Pocket

締め付けはイヤ!! 頼むからオイラを眠らせてくださいな

こんな形で威力を知ることになるとはなぁ。

2018年3月下旬から、オイラは「ふんどし」を使うようになった。しかし先日、1日だけだが、ふんどしではちょっと心もとない状況が起きまして…久々にストレッチ性がある化繊を使ったショーツを履いたのだ。

これが非常にアカンかった。

履いた瞬間に生地の縫い目が当たってムズムズする。しかも全体が締め付けられる。んでもって座れば痛いとまでは言わないものの、猛烈な違和感が走ったのだ。洗濯表示タグもやたら当たる。

これ…ふんどしを取り入れる直前まで普通に履いていたものだよ? こんなにもキツいものなの!? 体重や体型が変わった訳じゃないのに、ここまでの感覚に陥るとは思わなんだ。

とは言え、この時はこのショーツでないと厳しい気がしたので、寝る時も履いたままで居た。通常通りの時間で消灯、横になったは良いものの

見事に眠れない!!

1時間以上経っても全然寝入ることが出来ないのだ。まぁ、ふんどしを使っていても寝入りが遅いことはまだまだあるのだが、1時間経っても眠れないってのは無いんだよね。恐るべし、ショーツの力。

しかし、悲劇はこれで終わらなかった。

何とか眠ったものの、夜中に目が覚めてしまった。理由は縫い目とタグが当たったことによる痒み。それがあちこちに飛び火して、全身が痒い状態になってしまったのだ。

これは真冬の乾燥する時期でも中々ないこと。仕方無く起き上がって、乾燥肌用のかゆみ止めを全身に塗り、暫く経ってやっと眠りについた。但し、その2時間後には本当に起きなければならない時間となった。

やー、参ったまいった。その後、日中もそのショーツを履いていたが、兎に角違和感が酷かった。ただ、夕方頃にはふんどしに戻しても大丈夫そうになったので、入浴のタイミングでふんどし復活。

寝ている間、全身の痒みに襲われることは無かったわ。

しかしだね、今回はショーツで違和感が発生したのだが、ふんどし初日の時点でも違和感が発生する事案があった。ブラジャーも違和感あふれるものだったんだわ。

オイラは現在、ワイヤーやホックなどが無い「かぶりタイプ」のものを使っているが、あのゴムも結構締め付けがあるんだなぁって分かったのよ。比較的「楽」とされるあれで違和感が来るとは。

とは言え、いつでもブラジャーをしないっていう訳にも行かないじゃん。ブラトップもアンダー部分のゴムで締め付けが起きるんだろうか…「ショーツの代わりのふんどし」みたいな有効策が欲しいわ。

ショーツも以前綴った通り、連続して履かなきゃならない時ってのはあるのよね。その期間をどのように乗り切るかについても考えなきゃイカンね。

そんな訳で今回の結論「ナイスふんどし」…はい。

LINEで送る
Pocket

期間限定「青いちゃんぽん」…このままだと幻になっちまいそうだ

それではここで問題です。

「赤い」と言えば「きつね」…ですよね。では「緑」は「たぬき」…そうですけど。では「黒い」だと「豚カレー」…なんですが、「青い」と来たらどうなるでしょうか?

正解は「ちゃんぽん」ですってよ。特定の動物では無いらしい。青いちゃんぽんか…「マルちゃん」のブランドでお馴染みの東洋水産の公式ページによると、アサリやホタテなど魚介の旨味を活かした商品なんだとか。

魚介…海…青…なるほどね。

で、この商品を3月中旬だったか、とあるスーパーで見つけたのよ。特に何の情報も無い中で。気にはなるものの、荷物が結構多いので、取り敢えず1個購入。オイラ用ってことで取り置いていた。

ちなみに、カップ麺を買い置く際、オイラはラーメンが多めで、たまに焼きそばが入るだろうか。西日本の人間ゆえ、東日本のうどんとそばはほぼ合わない。

一方、相方さんは焼きそばが多い。昔は味がイマイチでも大盛を好んで買っていた。カップのうどんやそばは買うことがあっても、ラーメンはほぼ買わない。

そんな訳で、暗黙の了解で青いちゃんぽんはオイラが食べるものとなっていた。色々とあって、買った当日も含め、食べる機会がズレにズレる感じだった。

そんなある日のこと。朝からオイラが遠出することになり、夕方頃に戻って来た。すると、相方さんが室内で昼食を摂った形跡が見られた。流し台を見て思わず叫んだ。

あ〜〜〜〜〜っ!!

オイラの青いちゃんぽんが食べられている…普段カップラーメンを食べないあの方が何故に!? これはかなりショックだったわ。

これはアレだ、世に言う「冷蔵庫のプリンを食べられた」並のショックなんだと思う。オイラ自身はプリンが死ぬほど好きって訳じゃないから、プリンでそうなった経験って無いんだけどね。

痛いわ、ホント。

それから暫くして相方さんが帰宅。「食べたな?」と問えば「ヤバい」って顔をしておった。まぁ、オイラがあの時に2個買ったり、早めに食べたりすれば良かっただけの話なんだけどね。

その翌日、相方さんが買い物に出ることになり、「青いちゃんぽんを買って来る」と言ったのだが、オイラが買った店も含め、どこにも見当たらないとの話。オイラも見つけ出せずに居る。あー、どんな味なんだろうか?

こうも見つからないとなれば、ネットで買うべきか否か…。

ちなみに「青いちゃんぽん」が出たタイミングで「黄色い博多ラーメン」も復刻販売されているんだそうな。この商品は昔、結構食べているなぁ。これは最初から見つかっていないんだよね。

青も黄色も期間限定…どこにあるんだろう。「身体に悪いのでは?」とか「率先して食べるもの?」とか言われそうだけど、やっぱり気になるのよね、ホント。

LINEで送る
Pocket