定番商品に対する苦肉の策から新境地、そして原点回帰へと

そうそう、これだよ、これ。

オイラが気に入っている、とあるパン屋さんの「ハンバーグサンド」が復活した…厳密には「元の形に戻った」なんだけどね。

ハンバーグにレタス、スライスチーズやバンズは変わらないのだが、一時期、トマトと特製キノコデミグラスソースが消えていたのよね。それが先日、ようやく復活したという訳だ。

トマトと特製ソースが消えていた頃のハンバーグサンドがコチラ。

トマトの代わりに「きんぴらごぼう」が入っていた。味がしっかりしているため、特製ソースも無くなっていた。きんぴらごぼうはコンニャクも入った贅沢仕様で、お値段は据え置きだったなぁ。

こうなってしまったのには、豪雨や台風、猛暑などが関係している…ということは以前のブログで綴った通りだ。あの時期は兎に角、トマトが高かった。

オイラが見た中では1玉177円(税抜)が最高値だった…もうね、その場で目眩を起こしてしまったよ、冗談抜きで。多くの店で平年の数割増なんていうのが当たり前だったもんね。

それはパン屋さんにとっても大打撃だったろうね。高くて買えないってのもあっただろうけど、じゃあ安く上げようとなれば色や形が悪いものになっていたからなぁ。厚みと大きさが第一だろうから、苦心されたと思うよ。

そんな中での「きんぴらごぼう」も面白かったけどね。オイラの中ではアリだと思っていて、2回いただいた…気に入っていなければ0回または1回止まりだっただろう。

ただ、原点回帰で通常版が戻ると、それはそれで美味しくいただける訳で。ひとまず安堵した。

ちなみに、トマト自体の値段も、2018年10月中旬には季節相応の値段に落ち着いた印象がある。ヒビ割れたり部分的に青さ(硬さ)が残ったりしているが、トマト自体が無かった時期を思うと、かなり改善されたと思う。

野菜の高騰…もうすっかり秋なので、夏のそれとは様相が違うと思うが、余り楽観視は出来ないのかもしれないね。

余談だが、今回のお店に何やら新商品が出たとのことで買ってみた。「ミルクフランス」…そうか、この店には無かったのよね。1個220円(税抜)で気張った感もあったが、それに値する美味しさだったな。

ハンバーグサンドが238円ということを考えると…ぃゃぃゃ、そこは言いますまい。

いずれにせよ、品不足だ価格高騰だ…ってのは、消費者だけでなく、作り手の頭を悩ませる訳だよなぁ。今後もこういう事態が多く発生するんだろうねぇ。消費税10%…こりゃ混乱も避けられそうにないぞ。

LINEで送る
Pocket

( ノ゚Д゚) インスタ映え必至!? マカロン風「最中」は熊谷市にあり

Facebookがあの惨状でも活気づいているなぁ。

Instagram(インスタグラム)は、まだ人気が続いている模様。可愛いもの、綺麗なもの、誰かに自慢したいものなど、それはそれは色々な写真が見られる。

オイラはInstagramに余り良いイメージを持たないのだが、それがマーケティングだったり、様々なフォロワー(支持者)を集めることだったりに役立つという話もある。くれぐれも「マナー」には気をつけましょうぜ。

さて、と。

2017年の流行語大賞にも選ばれた「インスタ映え」という言葉…写真は写真でも「見栄えが良くて綺麗に(可愛く、カッコよく)見える」ということだろう。「ひと際目を引くもの」も入るのだろうねぇ。

それならオイラ、そういう類の品を知っているぞ。

Instagramに載せる用で撮ったものでは無いけど、これ…心がグラグラするでしょ。オイラもつい買ってしまったよ。マカロンや石鹸に見えるけど、実はこれ「最中(もなか)」なのだ。

これは「くり(栗)」で、
これが「ごま」、
んでもって、これは「苺ミルク」だ。

これらを販売しているのは埼玉県熊谷市にある「植竹製菓」…たまたま法事で熊谷市に行く機会があり、法事が始まる前にちょっと立ち寄って見つけたのだ。

この最中の正式名称は「実り来る最中」…店内で苺ミルクのをいただいたのだが、見た目と味が気に入ったので、苺ミルクを持ち帰ることにし、更にくりとごまも足したのだ。

これら以外にはくるみ(運悪く品切れ)、抹茶、オレンジ(この2点はカフェイン要素有)もあるそうな。各1個150円(税込)。1週間程度の日持ちがするため、贈答品としても人気があるそうな。

最中なので取り扱いには要注意。ヒビが入りやすい。しかし、この表情は憎めないなぁ。まずは、くりから行ってみよう。

留さん、これ最中だよ。

ぱくっ!!

…無言で食べるなよ。ちなみに中は丁寧にこされた栗餡がたっぷりと。オイラは栗がそこまで得意では無いけど、これはもう1個食べたいと思ったぞ。

留さんに見せると勝手にパクつくので、ここからはオイラがこっそり食べることに。ごまは黒ごまをすったものと和三盆糖を合わせた上品なお味。ただ、ごま餡のボリュームと言うか、パンチ力(りょく)は見事だったぞ。

「苺ミルク」は苺味のこし餡と、ミルク味の白こし餡が半々ずつ入っている。味もさることながら、香りの高さも良かったなぁ。それでもう1個買った訳でして。

植竹製菓は、JR熊谷駅からだと徒歩で15分程度かかるが、秩父鉄道の上熊谷駅からだと4分程度で行ける。この日は開店直後だったためお目にかかれなかったが、「雪くま」というかき氷や甘酒なども売りだそうな。

お店自体、TV取材を多く受けられているそうで、番組を見て足を運ぶ方も多いかと思う。ただ、この最中は知る人ぞ知るという商品との話も。なので、つい誰かに自慢したくなるかも知れないね。

くれぐれも「可愛い」からと言って、食べもしない量をどっさり買うのはやめましょうぜ。やっぱり味わってこそのものだから。しかし、思わぬところで思わぬ商品に出会ったもんだ。

LINEで送る
Pocket

オムライスの誘惑 年齢なんか気にする場合じゃなくってよ

その理由が何ともまぁ…なのよね。

一般的なメニューでありながら、オイラの家の食卓に並ばなかったのが「オムライス」である。母親曰く「だって面倒くさいじゃん」…辛うじて子ども時代に1度だけ作って貰ったことはあるが、それが最初で最後だった。

本当に面倒くさかったのね。

母親亡き後、オイラは何度か作ったことがある。それを弁当にしたこともある。お店で食べたことも間々あったなぁ。ただ、ここ最近は余り口にしていなかった。年齢的にチト重く感じるところもあったのかも。

とは言え懐かしいと言うか、どこか目新しいものもあるだろう。

で、先日、ちょっと遠出することがあり、昼食をその地で食べることになった。ここのところ天丼てんや行きが定番になっていたが、前日と前々日に天ぷらを食していたことで、オムライスに白羽の矢が立った。

行った先はポムの樹…今の場所に引っ越してからは初だな。ただ、地元の店も閉店してかなり経っているので、もう6年以上は行っていないのだろう。

このお店には定番の品もあるにはあるが、創作オムライスの印象が強い。今回はランチメニューに入っていた「照焼チキンとマッシュポテトのオムライスドリア」をば。

言うまでもなく、お腹いっぱいになるね、これ。ただ、食べ終わる頃になって意外とスッと食べられたんだと気がついた。チキン、ポテト、ソース、ライスの味がそれぞれ異なるベースだったからだろうか。

オムライスをドリアにしている時点で、卵がふんわり…という状況にはならないが、ソースがしっかりかかる分、味のムラは起きにくい。意外と照焼チキンが多く入っていたのも好印象。

ランチメニューにはスープが付いており、追加でサラダとドリンクと合わせた。これで1,100円(税込)…モール内の食事にしては良心的な価格だろう。

このメニューを自宅で作るとなると、かなり難しい…それこそ「面倒くさい」になってしまうだろう。なので、こういった店の存在はありがたい限りだ。

ちなみに2018年5月より、ポムの樹のイメージキャラクターに有岡大貴さん(Hey! Say! JUMP)が起用されている。有岡さんのポスターが店内に貼られていたが、オムライスが美味しそうに見えるアートワークが非常に良かったぞ。

オムライス…そう頻繁に食べられるものでは無いかも知れないが、やっぱりまた食べたいアレだわ。

LINEで送る
Pocket