諦めるでない!!「青いちゃんぽん」はある所にあるんだな

食べ物の恨みは怖い?

3月に何の気なしに買ってきた、マルちゃんの「青いちゃんぽん」…暗黙の了解でオイラが独占出来ると思いきや、オイラの外出中に相方さんに食べられた…というのは以前のブログで綴った通り。

世に言う「冷蔵庫のプリンを食べられた」的な絶叫をかますオイラ。事態を重く見て相方さんが探しに出るも見つからず。オイラも見つけられずに居た。

あの時2個買っていれば…すぐに食べていれば…なんて思いつつ。

そんな中、ここ数ヶ月行っていないけど、もしかしたら置いているかも知れないスーパーの存在を思い出した。ネットスーパーがあるので、そのページを見ると…あ、ある!!

ネットスーパーの配達エリアで「ある」となれば、期待は一気に高まる。そして遂に2018年4月6日、天気がそこそこ良く、桜もほぼ散っていることを確認して出向いた訳だ。

2018年4月6日って、先の記事を投稿した日だったりするのよね。

家から店まで徒歩30分強。店内を歩いて

無事にゲット!!

念のため2個買ってきたぞ。ただ、前回のスーパーと比べて、1個あたり20円近く高かったけどね。背に腹は代えられない。これでオイラの気分は諌められよう。

ではでは、早速作ってみようじゃないの。

フタを開けると、かやくと粉末スープ、調味油の小袋が入っている。ただ、それとは別に入っているかやくもある。何か不思議だな。

今回の商品は珍しく、粉末スープが「後入れ」となっている。何か理由があるのかねぇ。指示に従って、かやくの袋を開け、お湯を注いで待つこと5分。

「ちゃんぽん」って、基本的に太麺だよね…ということでの5分。フタを開けると具材が結構多いことに気がつく。これは期待大。ただ、この時点では「お湯でもどした麺とかやく」なんだよね。

と言う訳で、後入れスープと調味油を加え…うーん、具材が見事に沈んだな。でも、これで「ちゃんぽん」らしくなった。では、食べてみるか。

スープはパッケージ通り、海鮮ベース。ただ、思っていたよりもサラッとした感じだったなぁ。麺は割としっかりしている。それ故、スープが後入れなのは少々勿体無いような。味の染み込みがもう少しあれば。

とは言え、全体を見れば満足の内容だったよ。具材がしっかりしているので、食べ応えもあった。

さて、今回の比較対象になり得るのが、マルタイの「長崎ちゃんぽん」でしょうなぁ。写真が無いので申し訳ないが。西日本出身者ならイトメン同様に心を掴むメーカーのアレ。

マルタイ版のは味がガツンと来る。ただ、麺はジャンクっぽさ…と言うか、スナックぽさがあるので、マルちゃん版の方が本格的に近いかな。具材はどちらもしっかりしている。

これはホント、好みによるところだろうなぁ。

残ったもう1個もオイラが責任持って食べる。美味しかったから。ただ、相方さんが食べたいって言うのであれば、それは妨げない。結構、探すの大変だったみたいだし、オイラもしてやれることが…ねぇ。

しかし、同時発売の「黄色い博多ラーメン」はホント、どこにも無いよなぁ。ミニサイズは定番商品になっているみたいだけど。あれは子どもの頃に結構食べたから、懐かしさがあるのよね。

そう考えると「青いちゃんぽん」は、まだ優遇されていた方だったのか。

LINEで送る
Pocket

はごろもフーズが提唱する「あん」の概念が一般論を超えていたもので

そろそろオフシーズンになるのかな?

2018年3月のこと、とあるスーパーで創業祭が行われた。創業年が1963年ということで、様々な商品が63円(税抜)で販売された。で、写真の品を買ってきたという訳だ。

はごろもフーズが販売している「ぜんざい」や「おしるこ」…同社と言えば「シーチキン」や「ポポロスパ」のイメージが強く、また、缶商品も多いことから、このようなレトルトパウチに驚いたりなんぞ。

今回買ったのは次の3商品。

つぶあん好きのぜんざい

つぶあん好きの栗ぜんざい

こしあん好きのおしるこ」…ん?

「つぶ入り」? 「こしあん好きのおしるこ」なのに!?

実はこちらのおしるこ、かつてTwitter上で「何言っているか分からない」と話題になったのだ。確かにそうだ。「こしあん」なのだから、粒があったらアカンだろ、と。それなら「つぶあん」じゃね?ってことでもある。

この件について、2017年11月にねとらぼで追跡取材がなされた。実際にはごろもフーズに問い合わせたところ、「こしあんだけでは少し物足りないので、小豆をトッピングした」とのこと。食べ応え重視の結果だったのね。

おしること聞くとオイラはどうしてもサラサラとした液体状のものを想像してしまう。あと、濾しているから、何となくザラッとしているのでは?とも

しかし、同社のおしるこはポッテリしたところがあるようで、そこに小豆をトッピングすると口当たりが滑らかになるのだとか。ゴクゴク飲む感じのものでは無いんだね。

むしろ、つぶあんを使ったぜんざいの方がサラサラした口当たりだそうで、その差を楽しむっていうのも見越しているのだとか。

では、実際に食べてみようじゃないの。

「つぶあん好きのぜんざい」…思いの外、小豆の量が多く、粒もしっかりしているのには驚いた。これ結構気に入った。食べ応えもあるのにサラッとしているとは…不思議だ。

「つぶあん好きの栗ぜんざい」はやや小豆が少ないものの、割と大粒の栗が1個入っている。栗が少ないとか砕けているとかが無いのはありがたい。栗の特質上、どうしても色が染まってしまうようだ。

そして問題の「こしあん好きのおしるこ」…これ、結構な量の粒かも。「つぶあんだろ?」とツッコミが入るのも無理は無いような。ただ、ぜんざいと比べると柔らかく、潰れたものだったりする。

パウチから出し、スプーンですくった時点でもポッテリしているのが、小豆と一緒に口にすると、あらまぁビックリ、スルッと入るのですよ。またまた不思議だわ、ホント。

3種類ともに美味しかったな、これ。雑味ゼロ。余計な材料もゼロ。

同社の「おしるこ」の発売開始は2016年8月。その当時から粒が入っていたそうだ。ただ、粒が入っていることへのクレームは無く、むしろ入っている方が美味しいという意見が多く「つぶ入り」と明記するようになったそうだ。

来季以降も明記されるのだろう。

また、冒頭で「オフシーズンになるのかな?」と綴ったが、3種とも冷やして食べるのも美味しいそうで、冬ほど注目されないかも知れないにせよ、まだまだ楽しめるようだ。

それにしても、「こしあん」で「おしるこ」で「つぶ入り」…何いってんだか?と思いながらも実に理に適っていたんだなぁ、これ。

LINEで送る
Pocket

朝カレー? 朝焼肉!?…いやいや、こんな朝食もあるらしいぞ

凄い時代になったもんだ。

ミニサイズのカツ丼もぐもぐ…千切りキャベツに豚汁も。やー、これを朝の8時から食べるって凄いことだよなぁ。

今回利用したのは「かつや」というトンカツとカツ丼のチェーン店。一部店舗限定ではあるが、何と朝の7時から「朝かつや」と称して「朝ごはんセット」を販売しているのだ。

早朝から相方さん家の墓参りに出て、帰り道で朝食を摂るのがお決まりとなっている。ファミレスのジョナサンに入ることが多いのだが、その向かいにあるかつやに入ることもある。

この朝ごはんセットが凄い内容。朝なので少し容量を少なくしているが、この値段でこれが食べられるのか…というものになっている。冒頭の写真は「ミニカツ丼セット」で、これが390円(税抜: 以下同)というのだ。

390円…スーパーの惣菜コーナーにあるカツ丼をこの値段で買うのは至難の業かも知れない。しかも、今回食べたのは千切りキャベツと豚汁が付いたものだからね。かなりの太っ腹だ。

「朝ロースカツ定食」は相方さんがよく注文するもの。これが450円だからねぇ。

朝から揚げ物はキツいよ…と仰る方も大丈夫。豚汁がメインの定食や、朝以外では販売の無いしょうが焼きの定食もあったりする。しょうが焼きはオイラも食べたことがあるが、これが朝からでもイケるものでしてね。

相方さんと2人で食べに行って、支払う代金はどう組み合わせても1,000円以下。消費税が加わってもちゃんとお釣りが出るというから凄いよなぁ。人件費とか変に抑えていないことを願う。

ファミリーレストランほどのノンビリ感は無いかも知れないが、牛丼チェーンのようなガヤガヤ感も無いので、割と落ち着いて食事を摂ることが出来る。知る人ぞ知る…かも知れないなぁ。

で、かつやの凄いところは、朝だから「朝ごはんセット」しか提供しない…という訳では無いことにもあるだろう。つまり、昼や夜に食べたいガッツリ系も食べられるということだ。

事実、オイラがミニカツ丼をもぐもぐ食べている最中に、期間限定のガッツリ系の丼を注文している方があったもんなぁ。若い男性や体力仕事の方とかだと、それくらい平気で食べられるのかな?

いずれにせよ、朝ごはんらしくないチョイスではあるけどね。

朝ごはんが遅い場合には、この「朝ごはんセット」をブランチがてら利用する方もあるかも知れないね。その使い方だったらかなり得になるかもなぁ。実施店舗が少ないから近くにあれば御の字だろうね。

LINEで送る
Pocket