瀬戸内出身者が思う「イワシ」とは違うものを買ってみた結果

それは2018年2月3日のこと。

この日は節分…ということで、節分にまつわる品々が、出先のスーパーにも多数並んでいた。そんな中、「いわし唐揚げ」と書かれた、こちらの商品が目に入って迷わず買ってみた。

実際には9尾入っていたのだが、半分食べたところで撮影。とは言え、どれもまぁ、大体こんな感じだわ。頭から尾まで難なく食べられて美味しかったなぁ。

でもね、「これがイワシだ」と言われると、「え、本当に?」って思うオイラもあった。それもその筈、オイラの地元・広島など瀬戸内出身者からすれば、イワシとも小イワシともつかぬものに見えるからだ。

以前のブログで綴ったが、小イワシってのは、割とシュッとした体型なのよね。でも、今回買ってきた品は結構ポッテリとしている。大きくなったイワシでもここまでポッテリはしないだろう。

小イワシの食べ方も、瀬戸内では刺身にしたり天ぷらにしたり…だから「唐揚げ」ってのは結構珍しいよなぁ。なので、「イワシ」とあるけど、別物を口にしているっていう感じだったよ。

まぁ、そう感じるのも無理は無いのかもね。

再び冒頭の写真をご覧いただこう。「いわし唐揚げ」の下に「いわし(スプラット)使用」と書かれている。ん? 「スプラット」って何!? これが「イワシ」とは思えない理由になっているのかも。

Wikipediaの「スプラット」の項で調べてみた。

すると、スプラットとは、ニシン目ニシン科の小魚で、世界中に広く生息しているようだ。主に「ヨーロピアンスプラット」を指すようで、こちらは東大西洋に生息しているとのこと。

うむ、やっぱり「イワシ」では無いんだな。

ただ、イワシも実はニシン目ニシン科に属しているようで、「近い」とは言わないものの「遠くない」仲間ではあるようだ。ちなみに2017年はイワシが豊漁だったとのこと…何故スプラットにしたのやら?

まぁ実際に美味しくいただけたのはありがたいか。

で、今回の「イワシ唐揚げ」だが、節分が終わった後も暫くは販売されるそうだ。魚不足を感じる方にも向いているし、骨や内臓がニガテと仰る方でも挑戦しやすいと思う。

しかし、このスプラット…具体的にどこ産なのか分からないのよね。

LINEで送る
Pocket

21世紀は「およげ!たいやきくん」をマジで食べる時代になったらしいぞ

これはビックリ以外の何モノでも無いよなぁ。

冷凍食品でたい焼きってのは結構見てきたが、まさかの「およげ!たいやきくん」と来るとはなぁ。その名も「およげ!たいやきくん たい焼き」…北海道産あずきとカスタードの2種類だ。

「およげ!たいやきくん」…フジテレビの『ひらけ!ポンキッキ』で一世風靡した楽曲だ。中々ヘヴィーな歌詞だと思うけどね。そのモデルとなったのは、東京都港区にある浪花家総本店だと言われている。

ユニコーンの”TEPPAN KING”という曲のPVでも1発目に登場する名店だ。

小ネタブッコミ過ぎのPVだなぁ。

しかし、今回の「およげ!たいやきくん たい焼き」…メーカーはyoshikaiとあるのだが、この吉開産業株式会社で合っているのだろうか? サイトの更新が相当滞っているので間違えていたら申し訳ない。

ここでのたい焼きは結構小ぶり。ただ、あのイラストと同じたい焼きとなっているぞ。再現度高し。尚、裏面は割とツルンとしたものとなっていた。

食べ方としては、自然解凍や電子レンジで温めたりを推奨していた。オイラは電子レンジで緩めに加熱した後、オーブントースターで表面をカリッと焼いて食べるのが美味しいと思ったぞ。

オーブントースターを使わなかったら、パッケージにもある通り「皮はしっとりもちもち」だと思う。ただ、もちもちと言うより餅ではないか?とも思う。結構「引き」の強い皮だったな。

持ってみると小ぶりなのだが、あんにしろクリームにしろ意外と詰まっている印象があったな。1個でも十分かも知れない。個人的にはあんの方が気に入っている。

およげ!たいやきくん…あの表情を見るとパクっといくのも忍びないかも知れないが、食べたいと思わせる何かがあるんだよね。それを実世界に出したことが凄いと思うわ。

ただ、もう1回買ってみようかな…と思ってスーパーに行ったら、もう無かったんだよなぁ。たまたま売り切れだったのか、店での取り扱いをやめたのか、製造自体を終えたのか…よく分からんな。

とは言え、この品が目の前に出てくると、話題になることは間違い無いだろう。懐かしいと思うか、斬新と思うか…楽しみ方はそれぞれにあるか。

LINEで送る
Pocket

旅人にゃんこの広島うまいもん漫遊記2017 〜後編〜

♪ 男もつらいけど 女もつらいのよ

…こちらは旅6日目の夕食。陽気は宿泊したホテルに近いからってのもあるが、無性に食べたくなる何かがあるのよね。メニューは中華そばとおむすびとビールのみという潔さ。

つい帰宅後のことを考えてしまい、脳内で矢野顕子さんの『ラーメンたべたい』が流れつつ、ちょっと感傷的になっていた中でのこれ。後ろに置いてあるティッシュに和んだのはここだけの話。

そんな訳で、今回の旅ではあれこれ食べた訳だが、大きな目玉のひとつが旅7日目の昼食だろう…の前に、こちらの動画(CM)をご覧いただこう。

広島に暮らしたことがある者なら知らない筈が無いだろう。お好み焼きの徳川だ。デューク・エイセスの歌声と歌詞までハッキリと覚えている方も少なくないだろう。

オイラは恐らく子どもの頃に1度行ったかな…位の記憶しか無いのだが、念願叶って総本店に行くことが出来た。お一人様でも大丈夫な席がある。

今回は総本店限定のセットメニューにて。豚肉、エビ、イカ入りを単品で頼むと1,100円(税抜)するそうだが、ランチタイムにつき、ツナサラダとアイスクリームが付いて何と1,000円(税抜)。

で、ご覧いただくと分かるが、いわゆる「関西風」のお好み焼きで、自分で焼けるってのが特徴だ。これって広島では画期的なもので、何とWikipediaにも「徳川(お好み焼き)」の項があるほどだ。

♪ サッサッサッササッとかき混ぜまして まぁるくまぁるく作りましょ

…あっ。

気を取り直して、と。普段やらぬことだから全然上手くいかないのだが、何とか完成したぞ。今回は青海苔と鰹節をば。本当はソースたっぷりめが良いんだけど、ちょっと抑え気味だったか。

形はアレとして、食べてみるとこれが美味しいんだわ。思わず「ん〜!!」って声を上げてしまうオイラ。鉄板で自分で作るって、やっぱり楽しい。そりゃあ歴史の長い店になるよ。

〆のバニラアイスも美味しかった。メニュー写真ではチョコレートソースがかかっていたが、事情を説明したら外して貰えた。ありがたや。

旅の食事…全部を写真に収めることは出来なかったけど、それぞれに良かったかなと思う。体重調整のために夕食を抜いたり、スーパーの惣菜で抑えたりしたこともあったけど。

お陰様で、旅に出る前と大差ない状態で体重を維持出来た。ただ、途中で体調面で不安が出た日があったので、それが無ければもっと気兼ねをしなくても済んだかな?とも思っている。

旅最終日の昼食。新幹線駅弁タイムではあるな。駅で買っても良かったけど、発車まで時間があったので、向かいの福屋広島駅前店で買ってきた。まさかのデパ地下グルメだったりなんぞ。

最後に選んだのは、たごさくの「鶏唐揚げ弁当」で、自由に詰められるおこわは向かって左より、梅ちりめん、明太子高菜、牛肉とごぼう。この内容で702円(税込)はお買い得。

前日に友人から貰った岩下の新生姜(スライス)をつまみながら美味しくいただいた。

そんな訳で食事も含め、今回の旅の振り返りはここまで…って言っていたら、もう12月29日じゃないか。あと2日しか無いのか、2017年は。

それでは次回は毎年恒例のあの番付。その次が2017年最後のブログってことだな。あー、何だかんだで時の流れって薄情な位に早いわぁ。

LINEで送る
Pocket