毎月19日は「松坂牛の日」ですってよ

1度は食べてみたいもんだ。

「松坂牛」…正しい読み方は「まつざかうし」なんだそうな。高級な和牛の代表格とも言える松坂牛は、ステーキや焼肉、すき焼きは勿論のこと、モツ鍋やテールスープなどでもその美味しさを堪能出来るのだとか。

だから食べてみたいもんだって話にもなる訳で。

そんな松坂牛の記念日が毎月19日となっているのは何故か?って話だが、2002年8月19日に松坂牛の個体識別管理システムの運用が始まったことに由来しているのだそうな。

毎度毎度、一般社団法人 日本記念日協会のサイトは役に立つ。

で、更にそこから解説を見ていくと、記念日の申請を行ったのは千葉県にある株式会社やまとダイニングとのこと。同社オンラインショップを見ると、あー、美味しそうなお肉の写真がたくさん!!

当然ながらお値段もしっかりしたものだが、お客様の声を見ると「柔らかい」「甘みがある」「脂がさっぱりしている」などとあり、人気もしっかり出ている商品なんだと実感する次第だ。

ギフトとして利用される方も多いようだ。

しかし、松坂牛のお膝元は三重県だろうに、申請したところは千葉県…まぁ不思議ではあるが、専門店としてのプライドは感じられる。「松坂牛は美味しいから1度は食べてくださいな」という強い意気込みもね。

牛肉摂取量はここのところ増えている。

以前もお伝えした通り、オイラは結構ヤバめの貧血持ちでして、一般的な目線で見れば摂り過ぎと思える鉄分量を欠かさず摂取してやっと正常値に入る位の人間なのだ。勿論、医師の指示に従ってのもの。

で、食事である程度は摂取しようってことになるんだけど、その際に食べやすくて効率の良い食材ってのが「牛肉」なのよね。お値段を考えると切り落とし肉が主になりがちだが。

ただ、切り落とし肉でも、食べると食べないとでは違うように思う。毎日毎食ってのは無理なので、間隔を開けて口にしている。高級牛だと鉄分量が豊富になるとかあるのかね?

あれば気張ってでも頻繁に食べるかも知れないなぁ。

輸入自由化や狂牛病(BSE)問題などで苦境に立たされた日本の牛肉。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)が本格的に発動したらどうなるやら。とは言え、良さがあっての日本の牛。そう簡単には負けないでしょうなぁ。

LINEで送る
Pocket

毎月7日は「生パスタの日」ですってよ…ぇ、毎月8日も!?

「パスタ巻いてる?」

…というギャグと言うか、ツカミは流行らなかったような。あと「イッタ〜リア〜ン」も。しかし、日本の食卓にパスタを含めたイタリア料理が並ぶことは多いかも知れないね。

いつから「スパゲッティ」から「パスタ」に移行したのだろう?…ってか「スパゲティ」なの? 「スパゲッティ」なの!?

まぁ、今となっては「パスタ」の呼び名が浸透している。家庭では乾燥したものがよく使われるけど、お店では「生パスタ」も結構出ているね。パスタマシーンを持っていれば家庭でも生パスタを楽しめるか。

そんな「生パスタ」が記念日になっていると言う。

一般社団法人 日本記念日協会によると、毎月7日と8日が「生パスタの日」だそうな。全国製麺協同組合連合会が制定し、生パスタの魅力を多くの人に知ってもらうことが目的とのこと。

「な(7)まパ(8)スタ」ってことで7日と8日なのね。尚、7月8日は「生パスタの日」の中の「生パスタの日」ってことだそうな。

生パスタって、食感や風味などが全然違うんだよね。オイラはそれらを魅力として捉えている。店に行って生パスタがあると分かれば注文しているもんなぁ。

しかし、生パスタによくある「フェットチーネ」とか「タリアテッレ」とか、日本人には発音が難しいよね。日本語で「フェ」って音は無さそうな感じだし、ラ行の直前の詰まる音も思いつかない。

ちょっと言いにくいけど、頑張って発音するって方も多いだろう。

写真にある冷凍パスタも、生パスタに近い食感のものが増えたように思うなぁ。勿論、100%そうだとは言わないけれど、お店に中々行けない時とかには役立つかもね。

そういう話をしていたら、生パスタが食べたくなったじゃないか。

生に限らずだけど、ランチメニューがパスタっていう店は多いよね。ちょっとした喫茶店とかフレンチのお店でもパスタがあったりする。手軽に出来るからかな? んでもって創作性が高いものが出来るからかな!?

いずれにせよ、日本人の口やライフスタイルに合うんだろうなぁ。

以前、8日は「信州地酒で乾杯の日」と紹介したが、そこに生パスタの日も加わる。生パスタに地酒…合わせるものによっては粋かも知れないね。7日に食べるか8日に食べるか…中々悩みどころだったりして!?

LINEで送る
Pocket

毎月9日は「パソコン検定の日」ですってよ

生活に不可欠…って方も多くなっただろう。

パソコン(コンピューター)の普及率って結構高いだろうねぇ。使い道は様々だと思うけど、持っておきたいツールのひとつとなっている。持っていないと、使えないと困る場面は結構多いよなぁ。

使い道が様々とあって「パソコンを使って何が出来る?」「パソコンに触れるにあたって何を強みとしている?」という話や見方も様々になってくる。

それを計るものとして資格検定があるのだが、パソコン検定というものもある。本日(2017年12月9日)もそう、毎月9日が「パソコン検定の日」だそうな。

一般社団法人 日本記念日協会によると、一般社団法人 全日本情報学習振興協会が制定したもので、受験者にふさわしい級(9)を判断することから、毎月9日を記念日としている。

全日本情報学習振興協会が提唱する「スキルアップ」に対しての考え方が中々でして、単なるパソコンスキルだけでなく、コミュニケーション技能にも焦点を当てている。

それもあってか、同協会のパソコン検定も細分化している。勿論、基礎を問うものもあるが、文書や表計算などの技能を問うもの、タイピング、速記、インストラクターなどの試験もあるようだ。

特に「速記」は、読み上げられた文章をかなで打つもので、「聴く」力も問われる内容となっている。入力も文字数と正確さが問われるので、かなりハイレヴェルではないかと思われる。

実に奥深いねぇ。

同協会以外でもパソコン関連の資格検定がある。その中でオイラもひとつ受けている…が、あれは疑問符だらけの内容だったなぁ。これは後日綴ることにする。

ただ、資格試験が自分自身がどれだけの力を持っているのかを知る上では良い指標になることもある。結果がどうなるかはひとまず置いておくとして、挑戦することは悪いことでは無いだろう。

社会人になるとパソコンスキルが求められる場面が結構ある。ただ、スマートフォンやタブレットに慣れていて、キーボードの操作が難しいと話す若者が増えているとの話も聞く。

世代間でパソコンに対する意識や考え方は異なるのだろう。

パソコンかぁ…オイラは母親の方針から、中学時代に部活で英文タイプをやっていた。お陰でキーボードの並びに苦手意識は無い。ただ、電子的な部分にどれだけ合わせられるかがカギなんだろう。

パソコン検定か…オイラはどれくらいの位置にあるんだろう?

LINEで送る
Pocket