ここに来てダイエットに関する広告があからさまに酷い気がするんだけど

いつの時代も消えないものなのね。

Webサイトとかアプリなどを見ていると、ダイエットに関する広告を結構見かける。全く信頼出来るものは無いと言わないものの、かなり大胆な「釣り」もあったりする。

「20日で-11kg減に成功した重度肥満患者専用サプリがヤバすぎる」
「たった3週間で-10kgオーバーも♡」
「たった1秒で1gやせる!?」

…ほんの一例ではあるが、こういったコピーも結構見かける。中には薬機法(旧: 薬事法)に抵触しそうなものも。幾ら配合成分が信頼出来るものであっても、冷ややかに見ているオイラが居る。

安全なダイエットは1ヶ月で体重の5%減と言われている。それに当てはめたら20日で-11kgだと30日で大体-16kg…元々の体重が320kg以上無いと命の危険があるってことになるなぁ。3週間で-10kg超も似たり寄ったり。

1秒で1gやせる…秒速で1億稼ぐ的なアレだろうか?

「○○を飲むと脂肪が溶ける!?」

こういうコピーも見かけた。飲んで脂肪が溶けるってのも、無駄な脂肪だけを狙い撃ち出来ればだろうけど、無駄じゃない脂肪も溶かすのであれば、そりゃ危ないでしょ?ってことにもなる。

いずれにせよ、消費者に誤認を与えるようなことを綴っていたらダメですな…と思いながら、冷ややかにあるサプリの広告を見ていたら…かなり酷い案件に出くわしたぞ。

1つの広告を見ながらスクリーンショットを撮り進めたので、一緒にご覧いただこう。

TwitterだろうかInstagramだろうか…Facebookではないのは分かるけど、その広告には「SNSにこんな投稿がありましたよー」的に貼られたものがあった。その1つがこれ。この時点では敢えて商品名を伏せている模様。

2週間で-5.4kgは危ないねぇ…と思いながら冷ややかに読み進める。

で、SNSの口コミ(らしきもの)を幾らか紹介した上で、半信半疑な筆者が実際に商品を手にした模様。この時点で商品パッケージにはボカシが入っている。文章の所もそうだが、線かボカシのどれか1つにしろ、と。

「寝ている間に体内の脂肪を”強制的に溶かして分解する成分”が入っている」…薬機法などの法律に抵触しそうだなぁ。

で、ようやく商品名が出てきた。「カロリリーフ」って言うのか、これ。各国の医療現場で取り入れられている…で、日本は?という話でもある。しかし、ここまでで勘の良い方はこの業者の見事な失態に気づいただろう。

もう1度、女性の口コミをば。ここで水色の「ハッシュタグ」に注目していただきたい。「美味しすぎる」とある。粒状で水と一緒に飲むサプリなのに「美味しすぎる」は無いよね。

で、その前のボカシをよーく見てみると、何と「コンブチャクレンズ」と読めるのだ。つまり「カロリリーフ」の口コミでは無い。「コンブチャクレンズ」なら美味しいかも知れませんけど。

文字数も全然違うしね。

で、「カロリリーフ」のパッケージを見ると「糖質が気になるけど食べたい方に」とある。あれっ? 脂肪を溶かすんじゃないの? 「白インゲン」って炭水化物に作用するんじゃなかったっけ!?

そう考えると「カロリリーフ」が実際にパッケージ通りの働きを持っていたとしても「広告が嘘ばっかりで信じられない」という話になる。これで釣られて買ってしまう方が気の毒でならん。

しかし「コンブチャクレンズ」の口コミとしても、2週間で-5.4kg…これも危ない気がするなぁ。紅茶キノコとの話だから、オイラはまず試せないけどね。

いずれにせよ、あれこれ盛って盛って盛り過ぎたら一気に信頼感が無くなるよね。嘘の固め方も酷くなる。それでも食いついてしまう方があるというのは、やっぱり痩せたい願望が広く根強くあるからだろうかね。

LINEで送る
Pocket

「東京都迷惑防止条例」の改悪まであと半月…安住の地はここでは無いらしい

あと半月しか無いのか。

2018年7月1日「東京都迷惑防止条例(正確には「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」)」の一部を改正する条例が施行される。忘れかけている方もあるかも知れないが。

改正じゃない「改悪」だ、これ。

警視庁公式サイトにPDFファイルなどを含めた情報が掲載されているけど…今回の条例で反対意見で挙がったことについての見解や対応が見当たらないんだよね。あと、運用するにあたっての第三者機関のこととか。

いくら警視庁内で「運用上の誤りがないように」と通達しても、何を「誤り」と考えているか次第で状況が変わってしまうよね。それこそ「警視庁の思うツボ」…もっと言えば「警視庁の上にある東京都の思うツボ」か。

犯罪抑止の面で考えれば、条例自体はあって然りだと思う。ただ、その条例がズブズブでは反発もある…ということ。この内容で納得しろと言う方が無茶だろうなぁ。

以前のブログでも掲載したイラスト。今回の条例はSNSを対象に含むってことなので、SNSでこのような投稿をしたと仮定しよう。また、投稿した男性は、あくまで見たままのことを客観的な文章で綴ったとして…だ。

ここで、取り上げられた議員が「迷惑防止条例違反だ」と訴えた時、どのような判断がなされるだろうか? 改めて発表されたガイドラインなどにそって再検証しよう。

まず、この議員の写真を通りがかりに撮影した場合、特段の許可を得ていなければ「盗撮」とみなすことが出来る。万が一、ここで投稿された写真が偶発的でも変顔になっていれば「侮辱」「名誉毀損」とも言われかねない。

次に「駅前で」とあるので、盗撮行為に対象となる「公共の場所」または「不特定又は多数の人が、入れ替わり立ち替わり利用する場所」とみなすことが出来る。つまりこの表現が「盗撮」の裏付けに使われるのだ。

更に「人が全然いない」という表現が、議員にとって「著しく羞恥させる」「人(支持者など)に不安を覚えさせる」と解釈される可能性もある。議員がそのように訴えてくることも容易に予想出来る。

「前に見た時」という表現も、「以前から付きまとわれた」と解釈されるかも知れない。その時の写真の有無に関わらず、付きまといを前提とした捜査に発展したら、たまったものでは無い。

最後に「同じことしか言っていなかったぞ」という文章で終えているのは、人を貶めるとも取られかねない。以上のことを考えたら、条例の恣意的運用も可能である現状は非常に恐ろしいと言えよう。

参ったね…以前に検証した時よりも悪くなっておるなぁ。

東京都議会で採決となった際「恣意的運用は絶対にありません」と言い放った女性議員があった。本当にここまでのことを考えて言ったのかね…この議員の御主人は会派の縛りに逆らって反対に回ったけど。

客観的事実や見解を述べるのが難しくなる世になるとはね。

オイラは当ブログ以外でも文章を綴っているのだが、この条例改悪が可決されて以降、物事を綴るのに難を感じている。言わなければならにことなのに、どこまでのことを言えるのだろうか…と考える時間が増えた。

それに伴って、文章を書き上げる時間が長くなってしまったり、その割には核心に迫れていなかったり…これでは思うような活動も出来ないじゃないか、と。

そう言えば先の女性議員は「(同様の条例がある)他の自治体でトラブルは起きていない」といったことを言っていたな。他の自治体は警察庁管轄。警視庁ではない。

そうだ、上手く運用されているのであれば、警察庁管轄の地に行けばイイんだ!! オイラは正直、そう思っている。思うだけではダメだから、実際に行動に移さないと。

施行まであと半月…東京都には夢も希望も無い。

LINEで送る
Pocket

子どもは可愛い…って思うんだったら、呼び方だって気をつけなって

子育ては本当に大変だと思うよ。

近年は「イクメン(イクメンパパ)」という呼び方が浸透し、男性(父親)が子育てに積極的に参加するケースは多く見られるようになった。周囲がその様子をどう感じるかはさておき、そうすることで親子のつながりが強まると思う。

で、今の時代、SNSが普及したこともあって、我が子を紹介する方も多くなった。顔写真を載せたり、名前を紹介したり…動画だったら声や動きも詳細に伝えることが出来る。

とは言え、個人情報保護が強く叫ばれる時代だし、場所を構わず顔や名前を出すって訳にも行かないだろう。そこで、我が子を指して使う言葉が出て来るのだが…先日、ちょっと待ってと思う案件に出くわした。

では、ある父親が自身の子(男の子)を指してSNSで投稿をしていると仮定しよう。この呼び方はアリ? ナシ?

これが最も普通だろうねぇ。一点の曇りも無い。アリ。

まぁ、これも普通だと思うよ。性別を知りたい方はモヤモヤするかも知れないけど、子どもって明確に分かるからね。アリ。

こう呼ぶ方もあるよね。「チビ」と呼ぶ方もあるが、それでは角が立つってことだろうか「助」を付けるケースが。賛否両論あると思うけど、オイラ個人としては許容範囲内かな。アリ。

「愚妻」ってのもそうだけど、謙遜して(へりくだって)呼ぶ時に見聞きするよね。「愚」の字にムカッと来る方もあるかも知れないが、「愚かなる私の」という意味だからね、あれは。だからアリ。

論外。「はぁ?」 ってなるよね…我が子を「小僧」呼ばわりとは。我が子を可愛いと思えないの?と。謙遜して呼ぶ「愚息」とは意味が違うよね。見下している印象が強い。絶対ナシ。

まぁ、普通はそう呼ばないよ。でもね、居たのよこう呼ぶ方が。しかも市議会議員という職にある人間。この方のSNSを見ていると、結構出るのよ「小僧」の文字が。

先日、Instagramで酷い投稿を見たよ。

先日、小僧を抱き上げた時にやっちまいました…。

神経疑うね、ホント。我が子を小僧と呼ぶだけでなく「やっちまいました」だって。つまりアレだ、「息子を抱き上げたせいでケガをした」「息子さえ抱き上げなければケガをすることは無かった」って取れる訳よ。

どれだけ己が上に立ちたいのだろうか…我が子をコケにするとはね。で、接骨院をヨイショ。Instagramでこれをやるって…全世界に公開される訳だよ。息子さんが将来この文面を知ったら何って言うだろうねぇ?

「クソ親父」と呼ばれても仕方が無いんじゃないの?

あ、そう言えば、この議員は奥様もコケにしていたよね。自身のパンフレットで「(カレーを作らせれば)妻よりも腕が確かかも(笑)」と世の女性を敵に回す文章を残していた。

何故、この方がトップ当選したのか分からんわ。見る価値があるかどうか分からないけど、その議員のウェブサイトはコチラ。Instagramの他、TwitterやFacebookも立ち上げているけど…議員とは思えないアレだわ。

だーかーらー、これも論外ね。ナシ。

小さな子どもでも「人間」だからね。今は言葉が上手く話せないとか、文字をしっかり読めないとかあるにせよ、大きくなってそのことを知ったら何と思うかは考えるべきだよなぁ。

今回は男の子で考えてみたけど、女の子でも呼び方は注意したいよね。あと、父親だけでなく母親も。周囲の方もそうだよね。「因果応報」という言葉もあるってことを忘れてはならないだろう。

LINEで送る
Pocket