マルチのアロマが介護施設にも!? 人生の先輩方の労り方を考えなって

高齢化が進む日本なのだが。

オイラの周辺でも介護を必要とする方(世帯)が多く、介護施設の送迎車が止まっていたり、ヘルパーや民生委員などが周辺住宅を訪れていたりするのもよく目撃する。介護の現場はかなり大変だと思われる。

オイラが目撃する介護施設の送迎車はデイサービスのもの。身体を動かしたり、声を出したり、多くの方と触れ合ったりすることで、利用する本人もご家族も活き活きと過ごせる…というのが施設の大きな目的だろうか。

「高齢者」は言わば「人生の先輩方」…色々と思うところはあるかも知れないが、これまでの人生を労ることも大事だろう。「リラクゼーション」に力を入れている施設があるのも、そういう理由だと思う。

そこで何を使い、どのようなサービスを提供するのかについては、十分に検討し、細心の注意を払うべきだろう。実は、オイラが知るデイサービスのひとつに、あの「問題の」精油を使っている所があったのだ…。

2016年だったか。あるデイサービスが新規開業した。体操や歌、簡単な工作などのレクリエーションをする一方、理容にも力を入れているようで、その流れで顔や手のマッサージも行っている。

しかし、開業当初のポスティングのチラシを見て唖然とした。そこには

アロマタッチ

と明記されていたのだ。アロマタッチとは、オイラが今なお問題視しているdoTERRA(ドテラ)の精油を使い、精油を直接(つまり希釈せず)身体に垂らした上でマッサージを行うというものだ。

これを人生の先輩方に施しているとは…「高齢者はきっと何も知らないから大丈夫」とか「香りが良ければそれでいいじゃん」位の気持ちでやっているとすれば、極めて悪質と言えよう。

「いやいや、アロマタッチは絶対に良いよ」と思っている方も、身近な事例を考えれば非常に危険な行為だとご理解いただけるだろう。

唐突に、冬になると美味しくなる「ミカン」…多くの場合、手で皮を剥く。その際、手荒れやサカムケなどがあると、皮からの汁がしみて飛び上がる位に痛い。オイラはしょっちゅうやらかしたよ。

これが「オレンジ」となると更に痛さが増す。ミカンより皮が厚いので、全部手で剥くことは少ないと思われるが、カットしたものでも、その断面で痛みが出ることがある。これって、柑橘類全般にも言えるよな。

「オレンジ(オレンジスイート、スイートオレンジ)」はアロマテラピーでも定番の精油。通常、オレンジの精油は皮を搾って通常の何十倍もの濃度となっている。これが直接、皮膚に当たったら…!?

もう分かるだろう。精油を直接肌につけるのは、手荒れやサカムケなどが無くても、皮膚に異常が出ても不思議でないってことを。柑橘類に限らず、どの精油でも言えることだ。濃度は相当なもの。

これをデイサービスで高齢者に…肌が弱っているところに精油…とんでもない施設だわ。こういう施設に大切な家族を見て貰おうなんて思わないことだ。

問題の施設は2018年11月現在、パンフレットの表記から「アロマタッチ」を消している。doTERRAの精油を使っているかどうかは不明だが「ハンドマッサージ」の文字や顔のマッサージの写真は今も掲載されている。

こういう施設…他にもあるかも知れないなぁ。

今回は「アロマタッチ」を取り上げたが、「レインドロップ」も同様なので注意しよう。「アロマタッチ」はdoTERRA、「レインドロップ」はヤングリヴィング…もう何やってんだか。

子どもやペットに…という事例は、インターネット上で検索するとアホみたいに出てくる。ただ、高齢者に対してという事例はそう見かけないかも知れない。だからこそ注意が必要だ。

あと、精油を食事や飲み物に加えるのも論外だから。こういった品で泣く目に遭わないためには、冷静に考える力と、正しい知識を持つ周囲(家族、友人など)を持つことが大事ですなぁ。

LINEで送る
Pocket

出たな電気泥棒! 事前の準備が無いからそうなるのよ

感覚で分かる…犯人は大抵がこの経験者。

気が付けばガラケーなりスマートフォンなりタブレットなりの充電が底を尽きそうだ…こういう時は電源を切るのが本筋だろうけど、使う用事がありそうだから切るに切れない。

オイラはその経験ってほぼ無いよね。

一時期はスマートフォンの充電を派手に使っていたけど、その頃は「モバイルバッテリー」を必ず持っていた。それで対応出来ていたから問題無い。今ではモバイルバッテリーの出番も殆ど無いくらい使い方が浅い。

そのモバイルバッテリーの充電が無くなっただ、持って出るのを忘れただ…そういう人物がこういうことに手を染めるんだ…間違いない。

先日、とある催し物で受付として協力した。会場を借りての催し物で、そのものについては綴らないが、その場にやって来た方の中に「電気泥棒」と呼べる男性が居たのだ。

その方は催し物が始まる随分前に会場入りしていたが、途中で退席した。オイラに「これで失礼します」と言って会場をあとにしたのだが、すぐに戻ってきて、会場の隅でゴソゴソと。

見ると、モバイルバッテリーをコンセントから抜いて自身のカバンに入れていた。おいおい、こんな場所で勝手に充電するなよ。入場無料の会場から、ちゃっかり電気を失敬するって…ねぇ。

この方はね…会場内でもかなり浮いた存在だったなぁ。法に触れるものは無いにせよ、一触即発の事態も見えるような緊張状態を招いていたもんなぁ。退席後に他の参加者から安堵の声が漏れたほどだった。

確信犯的電気泥棒…オイラは2度目だったわ。

1度目も酷かったよ。もう3年以上も前か。ある講習会でオイラも受講するために参加したんだけど、その中に電気泥棒が居たのよ。女性で。あの時はスマートフォンをガッツリ充電していた。

講習会は有料だったけど、その方が会場費を全額負担した訳じゃないだろうになぁ…何様のつもり?って思ったわ。かなり遠方から宿泊をしてまで来られた方だけど、会場内でも異彩を放っていたよ、確実に。

この人物とは過去に面識があり、某SNSでもつながりがあったのだが、余りにも自己中心的な振る舞いに業を煮やして、人生初のブロックに処したほどだった。ブロック後となる会話も相変わらず噛み合わぬところばかり。

「(自営業だけど)商売上がったりで」と言って来られた時には、心の中で笑いながら「でしょうね!!」と叫んだくらい。そういう振る舞いをする方に味方するものなんて無いでしょうよ。

どちらのケースにせよ、充電くらい自宅で済ませなさいよ。ホテルにお金を払って泊まっていたのであれば、ホテルで充電しても良い。でも、会場費を負担してもいない場で勝手に充電するのは泥棒と同じ。

誰が1番迷惑を被るって、会場の貸主でしょうなぁ。

ガラケーは元々、充電の持ちが良かったりもするが、スマートフォンやタブレットにガラケー並の持ちを期待するのは難しい。それでも、何日も使っていれば、どれくらいで充電がピンチになるか分かりそうなものだ。

それが分かれば、充電がピンチになりそうな時にどのような対処が必要かも分かる筈だ。費用を負担していない会場の電気に安易に手を出したのかも知れないが、それが悪いことであると認識しないとダメですなぁ。

まぁ、どちらの件でもオイラを含め、その場に居た多くの方が「この人、アカン奴や」という認識で、実際にそう話す声もあった。2人とも人間性を十分に見られているって気づいているのかねぇ?

LINEで送る
Pocket

賽銭でも無いのにお金を投げるって、正直どうかしていると思うよ

オイラは常々そう思っている。

お金を丁寧に扱えない方は、雑な人間性が見える…と。丁寧なお金の扱いと言っても「節約が出来る」とか「やりくりが上手」とかを綴る訳ではない。お金そのものの扱い方について綴りたい。

さて、現金主義の日本では、店頭(対面)での決済はカードよりも現金中心だ。コイントレーに紙幣や硬貨を出す時、どのように出しているだろうか?

「いやいや、買い物はクレジットカードで現金を持ち歩きませんよ」と話す方も、店頭でカードを渡す際にどのように動いているだろうか? カードと言えば、ポイントカードも渡す機会が多いよなぁ。

先日、オイラは呆れる光景に出くわした。

普段使っている柔軟剤が特売にかかっているのを知り、とあるホームセンターまで向かった。欲しい品は十分に在庫があり、必要な量をかごに入れてレジに並んだ。

この日は平日だったにも関わらず、どのレジも行列が出来ていた。オイラの前にも3組ほど並んでいたなぁ。たまたま、どの方も極端に量の多い買い物では無かったようだ。その点ではイライラしなかった。

ところが、2つ前に並んでいる方の品がレジに通される際、オイラは唖然としてしまった。何と、現金とポイントカードも投げるようにしてコイントレーに乗せていたのだ。

オイラの中では現金を投げて良いのは賽銭(さいせん)だけだと考えているので、いくら至近距離で叩きつけるナニでは無いにしても、良い感じはしなかった。しかも、ポイントカードも同時に投げ入れるとは。

ロクなもんじゃあ無いなぁ…と思って、オイラの直前に並んだ方を見ると、ポイントカードに加えてクレジットカードも投げ入れていた。凄いなぁ、よくもそんな「ぞんざい」な扱いが出来るもんだ。

まぁ、予想通りではあったが、そういった方々って大抵は物言いがガサツ。買った品の扱い方も雑で、レジの方も気分を害したに違い無いね。お金の扱い方がそのまま性格として出ているかのようだった。

その後、オイラは出来る限りレジの方の負担にならないように話し方や動作を整え、事前に用意していた現金やポイントカードをそっと置くようにして出した。一時的でも空気が良く変わってくれれば御の字だ。

柔軟剤をガサツに扱うとかあり得ないね…しかも詰替え用だし。レジに通す前、かごに入れる段階でもそっと入れるぞ。

どうもね、今暮らしているエリアでは、お金を投げるようにして出す方が非常い多いようだ。売り場でも1度手にとった商品でも買わないと決めたらポーンと投げる方が多くてイラッとくる。

それを生鮮食品でやられたら、たまったもんじゃないよ。敢えて「うわっ、危ない!!」などと言って釘を刺すのだが、年代性別問わずと言った感じで呆れてくる。

だから、このエリアに馴染まないし、発展も見られないって訳だ。

今後、現金社会からカードや電子マネーなどの世の中になる可能性もあるけど、失ってはならない「お金への価値観」ってのはあるよね。大事にしないと。それは同時に、その人を映し出す鏡でもあるのだから。

LINEで送る
Pocket