東京都府中市また大失態 1万件以上の苦情をゴミにするんじゃないぞ!!

サイバー攻撃の反省は活かされなかったのか。

東京都府中市がまた大失態をやった。毎年3月に全世帯(約12万世帯)に配布される「ごみカレンダー(ごみの収集日をイラストと共に示した冊子)」が届いていないという苦情電話が殺到しているとのことだ。

その数何と1万件以上…単純計算でも全世帯の1割近くに相当する。

「昨年度のものを見れば分かるのでは?」「んなもんネットで調べろ」などという意見も見聞きするが、当たり前として配布されていた物が来ないというのは結構痛手だろうし、万人がネットに長けている訳ではないからねぇ。

年末年始とか結構変動するからなぁ。「昨年度から割り出してゴミを出してください」って市民に求めることが如何に失礼か?ってのも容易に想像出来よう。

今回のカレンダーの配布は東京都新宿区の業者が指名競争入札で請け負ったが、「全部配った」と言い張り、真摯な対応は見られない。かつて同葛飾区でも同様の苦情(前科とも言えるか?)が出た企業でもあるようだ。

入札時にその企業の資質を見抜くことは難しかったのかねぇ。今後の増刷や配送の体制を整えるには、更なる費用と時間がかかるだろう。

このような話を聞くと、府中市は被害者のように思えるかも知れないが、オイラは100%被害者ヅラするのは大間違いだと思っている。府中市の業者を使えば良かったようにも思うけど。

このゴミカレンダーは元々は3月上旬までに配布が完了するものだったが、その辺りから「届いていない」と市役所に苦情が上がるようになり、4月に入ってからその数が急増しているとのこと。

つまり、市が3月の段階で「届いていない世帯は連絡を」などといったアナウンスを広く行わなかったことで、状況を更に悪化させていたのだ。「届いていない」の声を軽く捉えていたのかも知れないな。

市公式ホームページのトップページで本件のアナウンスを始めたのが4月5日のこと。毎日新聞では同3日に、朝日新聞やTOKYO MXなどでは同4日に報道していたことを考えると、実に遅い(呑気な)対応ではないだろうか。

サイバー攻撃の際も、実際の攻撃から5日程経ってから公式ホームページでアナウンスし、その後3ヶ月も更新しないまま放置していた。それがまた繰り返されたのだ。何も学んでいないんだな、ホント。

あの時も外部委託だったしね。今回の件で「(サイバー攻撃とは)他部署だから」という言い訳は通用しない。オイラには市民の「知る権利」を軽視した対応としか思えない。そんな市に魅力を求めるのは…無理かも知れないね。

2018年度より「ごみ減量推進課」の配属になった職員は今何を想うだろう。前年度で解決出来なかったのか?と想うか、このままでは押し潰されそうだと想うか、本来の仕事が出来ないと想うか…。

さて、ある市議会議員は「(近隣を回って尋ねてみたが)未配布は1割どころではない」といったことをブログ上で述べている。届いていない世帯全てが苦情を出している訳ではないだろうから…そうでしょうなぁ。

この議員は自身のブログで、全エリアのごみカレンダー(PDFファイル)のリンクを掲載し、市民に広く呼びかけた。別の議員は4月3日以降、各紙の報道を随時、自身のブログで紹介し、市と配布委託先の姿勢を断じている。

また「ごみカレンダーが届いていない」と事務所に駆け込む方には該当エリアのものを印刷して手渡し、委託先の企業に対して電話で直接「市と連携して迅速に対応するように」と求めたことをTwitter上で報告した議員もある。

市議会議員の中でも今回の件で動いている方もあるんだな。しかも、市の対応よりも迅速かつ有効性が高いものもある。ブログやSNSでの発信が無い議員の中でも本件で動いている方があれば良いけどね。

とは言え、オイラの中での「東京都府中市」の評価は落ちに堕ちた。そもそも、先日可決された「東京都迷惑防止条例改正案」でオイラは居心地の悪さを感じている訳で。

我慢して暮らすことが偉いのかどうか…ねぇ。

LINEで送る
Pocket

ラジオ体操で五輪の気運醸成? だったらマジになってやろうぜって話

ラジオ体操をナメてかかってはいけませんぜ。

東京都では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックへの気運醸成と、都民の健康増進を目的として、ラジオ体操を活用した「みんなでラジオ体操プロジェクト」を2020年までの間実施しているとのこと。

詳細はこちらのページをご覧いただくと良いが、まぁ、ラジオ体操で気運醸成というのは無理があるような。開会式や閉会式でやるって言うなら兎も角ね。

オリンピック開催期間にあたる2020年7月24日から9月6日までを重点期間と位置づけ、都内はもとより、広く全国にラジオ体操の実施を推進しているそうだが…そんなに知られていないんじゃないの?

事実、オイラも2018年3月28日に知ったし…プロジェクトのキックオフイベントは2017年7月だったそうだけど。

とは言え、プロジェクトはちゃーんと動いていますよ…ということで、東京2020組織委員会が実際にラジオ体操第一をしている動画が公開されている。まぁ、見て差し上げましょうか。

うわ、何これ、ちゃんと指導を受けていないでしょ? 最初っから間違えているやん。よくこの動画をアップしようと思ったな。室伏広治さんのアレは息抜き要素で差っ引いたとしても、これは酷い。

本来、息抜き要素も要らないとは思うけど。

気軽に出来るっていうことが「正しくやる」ってことと直結していないんだよなぁ。オイラも誤ったやり方を教えられており、『テレビ体操』を見ながら矯正をかけているところ。

オイラも身体が硬かったり、肩のハマりが悪かったりでお手本通りなパーフェクトさは無いけれど、幾ら何でもそれは無いわ…というのが動画を見ての感想だった。

で、他にはどういったところが賛同して動画を寄せているのかね…と見ていたら、オイラの地元・広島県のスポーツ選手や団体が登場する動画もあるようだ。湯崎英彦広島県知事も出演。

では見てみましょうか。

うわぁー、こっちも初っ端から全然ダメじゃないか。全体を見て、パラ卓球の2選手と自転車ロードレースのヴィクトワール広島の皆様が辛うじて合格点かな?という位で、あとは思いっきり間違えておるなぁ。

これでオリンピックとパラリンピックの気運醸成が叶うって…んな訳無いだろ。全国のラジオ体操動画が集まっているページも、ラジオ体操をマジになって続けている方からすれば惨状が予想される。

しかし、複数の動画を見て「椅子バージョン」が見受けられないのは何故なんだろうねぇ? もの凄く「壁」を感じるのだけど。

正しいラジオ体操については本人だけでなく、学校の体育教師にも責任があると思う。今思い返しても嘘のやり方だったもん、教えられたのは。それで居て「居残りテスト」とかあった訳で。

なので、体育の教員採用試験には是非ともラジオ体操を加えていただきたい。ラジオ体操を見たら、その教員の資質が分かるという…ね。

ラジオ体操って気軽に出来る…と見せかけて、実は奥が深いのよ。それ故、オイラ自身も反省したりマジになったり。今一度、その存在意義を考えるべきかも知れないね。

LINEで送る
Pocket

「東京都迷惑防止条例改正案」のオイラが思うマズい点なんぞ

ドサクサに紛れてやりよったな…って感じ。

2018年3月29日、東京都である条例改正案が採決を取られることになっている。それに先駆け同22日に開かれた東京都議会の警察消防委員会では、共産党を除く全会派が賛成して委員会可決となっている。

一般的には「東京都迷惑防止条例」と言われているが、正式には「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」の改正案ということになる。

これね…「パブリックコメント」を免罪符にしているか知らないけど、納得行く議論と規定を盛り込まないまま通そうとしている感が強い。だからオイラは反対。

オイラが思う理由以外にも反対意見が多く上がっていて、賛成に回った民進党所属議員のTwitterとFacebookが見事に炎上したのも知っている(それ故、同会派の立憲民主党所属議員には「男を見せろ」っていう意見も多い)。

「都民の自由を侵害しません」「条例の濫用もしません」と言われても、明文化されていないとなれば、どこまで歯止めがきくか分からないよね。拡大解釈も十分予見出来るし。

例えば、こんな事例だとどうだろうか。

例えば、ある都民が駅前で演説をしている議員を撮影し、その様子をSNSに投稿したとしよう。「今日◆◆議員が駅前で演説してたけど、人が全然いないし、前に見た時と同じことしか言っていなかったぞ」と。

今回の改正案には、メールやSNSによるつきまといの規制や、「悪意の感情」による誹謗中傷の規制などが盛り込まれている。この解釈が大きく取られると先の投稿はこうなってしまう。

駅前で議員を撮影 → 本人に許可を取っていなかったら盗撮?
「人がいない」「同じことしか言っていなかった」と綴る → 誹謗中傷?
「前に見た時」と綴る → つきまとい?

拡大解釈となれば、この投稿で取り締まられる可能性もあるってことだからねぇ。投稿者が単に客観的な事実を綴ったものだとしても、思わぬ方向に動くこともありえるのだ。

オイラも当ブログだTwitterだ…であれこれ言っている身。あからさまな中傷や罵倒はアカンが…あー、自由に行動出来なくなったり、モノを言えなくなったりしては困るわなぁ。

「条例を恣意的に適用させたら、デモ活動や組合運動などが出来なくなる」という懸念もある。これについて「デモが無くなれば平和」と思ったら大間違いだろう。デモって「反対」ばかりじゃないし。

いわゆる賛成派のデモってのも対象になるだろうからね。意外とあるよね「賛成デモ」って。安保法案の件でもあったのを記憶している。賛成も反対も言えなくなったら…これって結局、誰得なのよ?って話だわなぁ。

そこのところをしっかりと対応させないとマズいんじゃないかね? 取り締まり対象について「明確な答弁」があったとされるが、「言った」だけではダメなのよ。十分な審議をした上で明文化しないと。

同様の条例は何も東京都が最初って訳では無いが、委員会の中で先行事例が十分に上がった訳では無く、むしろそれらを超えたものという見方が強い。抜け道もある。

オイラも同感。

まぁ、少なくとも憲法第21条と同第94条を違反しているでしょうなぁ。何? この際、憲法を改正すれば良い!? おいおい、それもおかしな話だぞ。

今回の改正案を提出したのは警視庁。警視庁だから東京都のみ管轄…そうか、警察庁の管轄地域(つまり東京都外)に出て行くのも手か。それこそ「先行事例」で問題が無いのならね。

もう「警視庁フォートファイターズ(警視庁の男子バレーボールチームで、VチャレンジリーグⅠに所属)」も応援しない。

冒頭の通り、採決は2018年3月29日…明日だわ、明日。委員会からの1週間で、マスコミも相当取り上げられたし、抗議を多く寄せられた議員もあるだろう。十分な議論が無い条例を急いで可決する必要は無いだろうに。

【追記】2018.03.29 15:55
この日開催された東京都議会で採決が行われ、賛成多数で可決となった。非常に許しがたいが、文中にある立憲民主党所属の議員は反対に回って男を見せた。その点は救いかも知れない。

LINEで送る
Pocket