「おふくろの味」ってものを15年目にして会得した訳だが

2002年12月、オイラの母親がこの世を去った。

早いもので15年が過ぎてしまった。流石に15年も経てば、家のことも大体やれるようにはなったけどね。当時はまだ学生だったもんで、どう順応していけば良いか分からなかったけど。

家のことも大体やれるようにはなった

…と言っても、それはあくまでオイラ流な訳で、母親がしてきたことの丸写しって訳ではない。丸写しが出来ていたら、これまで作ってきてくれた料理も完璧に再現出来るだろうしなぁ。

そんなことを思いながらの15年…ようやっと再現メニューが出来た。

「豚の生姜焼き」だ…って、これのどこか生姜焼きだ?と思う方が殆どだろう。でも、これが母親が作っていたものの再現なのだ。

一般的な「豚の生姜焼き」はこんな感じだろう。薄めでも割と大きめな豚肉を醤油ベースの生姜だれに漬け込み、フライパンで一気に焼いていくもの。これを初めて見たオイラは「これが生姜焼き?」と思ったものだ。

母親が作っていたものは、こんな特徴がある。

◉ 豚肉は小間切れで十分
◉ 豚肉には片栗粉をまぶす
◉ 漬けだれは醤油と料理酒を1:1で入れたものに卵を加えたもの
◉ 生姜はチューブのもので十分

…見事なまでの節約メニューとして君臨しそうだ。「ピカタ」に近いかも知れぬ。これだと大量に作ることも簡単なので、食卓に並ぶ機会も結構多かったよなぁ。

「手抜き」という言葉は許さない。

レシピを聞くことも、一緒に作ることも無かったから、いざ作ろうと思っても試行錯誤の繰り返しだったなぁ。そんなこともあって暫く遠ざかっていたけど、ようやっとたどり着いたって訳だ。

これだ、これだよ…とちょいと泣きそうになりつつ。以後、これが食卓に並ぶ機会は増えるだろうなぁ。相方さんはこれを見せて「生姜焼き」と言うと怪訝そうな顔をするが、料理自体は気に入っている模様だ。

しかし、他に再現できるメニューって無いよなぁ。

1番難しいのが「ミートソース」だな。どう足掻いても出来ない。それ故、現在の食卓には並ばない。オイラの独創性あふれるものなら出せると思うけど、全くの別物であることは言うまでもない。

ただ、もうこれだけの年数が過ぎれば、オイラ独自のものの方が幅を利かせるのかも知れない。寂しいことではあるけどね。それが「今を生きる」ってことなのかも知れないし。

LINEで送る
Pocket

野菜が高い!! 遂には店側がこんなことを言い出したぞ

「異常気象」って言うべきところだろうに。

2017年から2018年にかけての冬…兎に角冷えましたなぁ。過去形じゃない、現在も進行中か。そんなに雪が降らない地域でもドカ雪に見舞われたり、日中でも氷点下を叩き出す地域も多かった。

そうなると、生鮮食品にシワ寄せが来る。

野菜なんてテキメンだったなぁ。一時期は「鍋が高級料理」なんて話もあったほどで。白菜と白ネギと大根を買ったら野口英世さんが軽く1枚飛んでいく状態だったもんなぁ。

下手したら白菜1玉でそれだもん。

冬野菜でこの状況だから、他の野菜も結構悲惨。キャベツやレタス、小松菜、ブロッコリーなども腰を抜かすような値段になっている。キャベツとレタス1玉づつ買ったら、これまた野口英世さんが…。

そんなこともあって、スーパーでは安定して供給出来る「カット野菜」「冷凍野菜」「干し野菜」「野菜ジュース」を推奨するケースが多かった。代用がきくなら、それで良いんだけどね。

しかし、上には上が居た。

オイラが月に2回位寄るスーパーでは、最近になって上記のような案内もされるようになったのだが、それまでは信じがたい案内がなされていたのだ。

「供給が安定するまでは、買うのを見合わせてください」

何と「今はやめとけ」「買うな」と言ってきたのだ。勿論、必要としている方の行動を妨げるものでは無いのだが、「どうぞたくさん買ってください」という姿勢が強いであろうスーパーでこれだから…ねぇ。

様々な方が苦心する冬になったなぁ。

でもね、農作物の受難って、この冬だけじゃないんだよね。2016年の秋には北海道や東北で台風の影響を受けて野菜が値上がりしたもんねぇ。

そこから、2017年上半期は「ポテトチップス」の供給が不安定になった訳で。それが明けたと思ったら、冷夏になって再び野菜が…でもって、この秋も冬も…ねぇ。

しゃあない、天候には勝てないわなぁ…でもね、ハウス培養のキノコの値上げは解せんなぁ。輸送経路やコストの問題が特に言われていない頃から、その傾向があるように思うんだけど。

この状況は一体いつ解消されるだろうねぇ? 上っ面では「景気が良くなった」って言うんだろうけど、財布の紐は間違い無くかたくなっているよ。まぁ、実態を知らしめるには良い機会とも言えるのかな?

LINEで送る
Pocket

まだちょっと早くね!? 2018年の花粉は厄介と聞いたけど

突然やって来るって言うからねぇ。

先日、相方さんが出先から戻った途端にクシャミを連発し、鼻水が止まらない状態となっていた。家を出るまでは何ら異常は無かったんだけどね。

ずっとティッシュを抱えたまま、数分おきに取り出しては鼻をかむ。その間もクシャミは相当数出ている。目の痒みは無いものの、花粉症が疑われる状況だった。

この日は近場ではあるものの、普段は余り行かない場所に出ていた。外に出ていた時間も割と長く、走った時間帯もあった。用事が終わったところで調子が一転したようだ。

花粉の量はこれから多くなるだろうから、ここで本当に花粉症となれば結構大変な事態になりそうだ。まだ診察を受けていないので、花粉症であるとは断言出来ないけどね。

本人曰く、室内に居る時間が長いと、割と症状が落ち着くらしい。外に出ると鼻をズビズビ言わせて下を向いて居られないと言う。ただ、外出先でも気を張る場面だと何とか抑えられたようだ。

そんな日が2日続いた。

オイラもそんな様子を見兼ねて、マスクと甜茶(てんちゃ)を買ってきた。花粉症であれば最も基本的かつ導入しやすい策ではあるよなぁ。

以前紹介したオイラお気に入りのマスクの普通サイズ…高いけど背に腹は代えられない。甜茶は元々、相方さんのお気に入りでもある。以前、食べ放題の店のドリンクバーで飲んで、その足でティーパックを買っていたほどだ。

仮に花粉症で無くても役立つ場面は多いからね。

その翌日…この日も外出していたが、マスクもティッシュも特に使うまでは無かった模様。帰宅後すぐもズビズビ言わせることは無かった。ただ、水筒の甜茶は結構飲んでいたようだ。

「じゃあもう大丈夫だ」と相方さんは言うものの、これからが花粉のピークであり、スケジュールを見ても病院に行けそうに無いことを考えれば、いっそう警戒を強めないといけない訳で。

当面はマスクと甜茶を持たせよう…実際に使うかどうかは本人の判断だ。

そんな訳で現状では「疑い」でしか無いのだが、花粉症は突然やって来るって言うもんねぇ。オイラだって今は大丈夫かも知れないけど、いつかかかる可能性だってある訳だもん。

元々、厄介な案件を抱えているだけに、そこにプラスされるのはゴメンだわ。今は相方さんに向いているけど、オイラ自身も水際の対策が要るだろうなぁ。現代ってのは厄介な時代ですなぁ。

LINEで送る
Pocket