交番にやって来た…相方よ、何か言うことがあるんじゃないの?

逆走自転車との接触事故に遭った日。

事故から数時間遅れとなったが、オイラは相方さんに付き添ってもらう形で交番に行った。事故の報告を行い、事故証明の手続きについて聞いてきた。手続きについては所轄の警察署と電話でやり取りもした。

幸いにも、交番・警察署の警官さんは非常に良い方だった。なので、悪い印象は持っていない。交番の警官さんは聞き取りを十分に行ったら、迅速に警察署に連絡を入れていたもんなぁ。

数時間遅れで報告して悪いなぁと思いつつ、警官同士の電話でのやり取りを待っていた。その時ふと思い出した。オイラよりも対応が遅い相方さんのあの1件を。

実は相方さん、1ヶ月以上前に自身の名刺入れを紛失していたのだ。オイラに紛失を報告したのがその5日後、当然ながらにオイラはブチギレた。

それもその筈、オイラがJOGGOでオーダーしてプレゼントした格好になったものだからだ。失くされるのもだが、それを5日経って報告するって…癇に障ることこの上ない。

こういうデザインのね。

で、こういう報告をオイラにするでしょ。オイラは当然ながらに警察なり紛失したと思われる場所なりに連絡を入れろと言うじゃないですか。それを見事に放置するのも相方さんの得意技だったりする。

結局、紛失したと思われる場所に連絡を入れたのはそれから3週間後で、警察には全く連絡をしていないと言う…その頃になると、何月何日に落としたかを忘れるという事態に。

オイラは覚えておりましたけどね。

で、今回の交番行きでしょ…そりゃ絶好の報告の機会じゃないですか、と。なので、オイラはこの場で紛失届を出しなさいと伝えた。警官さんからオイラに電話を代わった間に、相方さんはようやく届け出たという訳だ。

オイラを超えるトロさだこと。

オイラの対応が終わった後、相方さんの紛失届に付き合うことに。いつ、どこで、何を…が曖昧になっている相方さんに代わって、オイラが警官さんに伝えたものも幾つか…嗚呼、情けなや。

「やっと(届を出す)時間が取れて良かったです。助かりました」

ここまで本当に時間が取れなかったのか?と思うくらいの遅さにオイラも苦笑い…と言うか若干引きつっていたな。中には結構重要なものもあったのにな…って、その再発行手続きは本日(2018年10月7日)になっても行われず。

そりゃ、オイラの手相も悪くなる訳だ。

心優しい警官さんのお陰で届も受理された。ただ、鈍くさい2人って思われているだろうなぁ。ともあれ、ひとつ肩の荷が下りたわぃ。

その後、オイラの事故証明書発行手続きは無事に終了。書面が届くのを待つところだ。一方、相方さんの名刺入れが無事に見つかるかは謎ですなぁ。悪い意味で警察の世話になる事態が増えないことを願うばかり。

LINEで送る
Pocket

逆走自転車vs.オイラ ケガは軽かったとは言えども…ね

大事に至らなくて良かった…と言えるのか?

逆走自転車による接触事故…発生から数時間経過してだが、警察に事故報告をし、事故証明の取得手続きに入った。その翌日には整形外科に行き、念のため症状を診ていただいた。

レントゲン写真で見たオイラの右腕の骨は、実に綺麗なモンだった。骨折もヒビも無い。ただ、皮膚には目立つ打撲傷が数箇所あり、うち1箇所は腫れもあるため、貼り薬を処方してもらって様子を見ることとなった。

イラストでは布状の包帯だが、実際にはネット状の包帯で貼り薬をガードして貰った。これが中々頼もしい。オイラは利き手が右なので、動かしやすい状態を保ちながらのサポートというのはありがたい。

そうは言っても、やっぱり難しさを感じる場面はある。その最たるものは「水」が関連すること。炊事や入浴、手洗いなどだろうなぁ。

オイラは普段から食器を洗う際にゴム手袋を使っている。処置をして貰って以降、水が関係する作業でこれを使う場面が増えた。その際は右手だけ着用という何とも謎な事態にもなっている。

調理中にゴム手袋を使う際は、例えば玉ネギの皮むきやパッケージの開閉など、細かい作業が難しくなってしまう。ゴム手袋をしていない左手だけで対応するのは困難だもんなぁ。

ゴム手袋の中でネット包帯がゴロつくのも問題か。

で、今回処方された「ロキソプロフェンナトリウムテープ」は1日1回貼るタイプだが、24時間貼りっぱなしで無くても良いと言う。なので、夜の入浴から朝の起床時までは外している。

しかし、病院に行った翌日、オイラはポカをしてしまった。

朝に目が覚めて貼り薬をつけてネット包帯で綺麗に固定した…が、よく考えると顔を洗ったり化粧をしたりというのを忘れていた。この日は右手にゴム手袋を着けて顔を洗うという珍事が発生した。

我ながら何やってんだか。

そんな訳で「水」に関するあれこれで難を感じているが、それを除けばこれまでと何ら変わりなく過ごしている。病院では「1週間ほど様子見で」と言われたので、回復は早いだろうねぇ。

良かった、例の撮影には間に合いそうだ。

尚、ロキソプロフェンナトリウムを一般用医薬品(OTC医薬品)として販売しているものが「ロキソニン」である。このことを考えて、貼り薬を使っている間は他の鎮痛剤を使用しないようにしている。

また、インフルエンザ予防接種も念のため、貼り薬の使用を終えるまで見送っている。この間でインフルエンザ発症とならないように注意しないとね。

今回は幸い、ケガの程度は軽かったけど、事故そのものは非常にアカンものだったなぁ。犯人は現在も逃走中な訳だし。自転車でも歩行者を死に至らしめる事故も少なくないからねぇ。けしからんヤツだ。

取り敢えず、暫くは余り無茶をせず、治すことに専念しよう。

LINEで送る
Pocket

livedoor blogの常時SSL化対応…ユーザー側は頭を一捻りってか!?

「やっと動いた」と言えるんだろうけど。

Googleが「常時SSL化」を推奨し始めてから随分と経った。当ブログでも常時SSL化に関する記事を複数上げているが、懸案事項だった「ライブドアブログ(livedoor blog)」でようやく動きが出たのだ。

2018年2月時点で「時期未定ながら対応を進める」としていたが、同9月になって計画(段取り)が明らかになった。9月25日付の公式ブログでは2点、綴られていた。

1. 下記の順序で常時SSL化を図る(※ 時期未定)
1. ポータルサイト(http://blog.livedoor.com/)
2. 管理画面(http://livedoor.blogcms.jp/)
3. ブログページ(サブドメイン)
4. ブログページ(独自ドメイン)

2. 旧標準URL(http://blog.livedoor.jp/●●●/)の常時SSL化は行う予定ナシ

う〜ん、多少なりとも具体的になったとは言え、時期未定なのは痛いなぁ。しかもURLによっては対応しないとな? こいつぁ困ったぞ。

オイラもかつてはlivedoor blogを利用していた身。当ブログの礎ともなるブログが4本、それとは別に2本…計6本ある訳だが、この内4本が旧標準URLのため今回の対応から外れるのだ。

4本は諦めるんだな…と思っていたら、livedoor blog側も対応策を発表した。しかし、これはユーザー側の設定を要するので注意が必要だ。ここでは、その対応策のうち「サブドメインへの移行」について纏めておこう。

livedoor blogで用意されたサブドメインには”.livedoor.blog”や”.blog.jp”などがある。「サブドメインに移行する」とは、旧標準URL(http://blog.livedoor.jp/●●●/)の形から、これらのサブドメインを使った形式にするということだ。

管理画面から「ブログ設定」「ブログURL」の順に入っていく。もし●●●(これがlivedoor ID)に特殊文字(ドットやアンダーバーなど)が入っていなければ、「.livedoor.blogドメインを使う」を選ぶことが出来る。

一方、●●●に特殊文字があったり、該当するブログをサブブログで使っていたりする場合は「.livedoor.blogドメインを使う」という選択肢が出てこない。

その場合は「サブドメインを使用する」から、気に入ったサブドメインを選ぼう。●●●に特殊文字が無い場合でも「サブドメインを使用する」を選ぶことが出来る。

「サブドメインを使用する」を選んだ場合、サブドメイン前の部分を変えることが出来るので、要件を見ながら自分なりに変更するのも良いだろう。

そして、ここが重要なのだが、変更前に必ず「現在のURLから新しいURLへ転送(リダイレクト)されます」とあるのを確認しておこう。以上の作業を経て「設定する」を押したら終了となる。

ちょっとややこしい行程を踏むが、策があるということには安堵している。過去ブログの移籍作業が難航していることから、オイラも今回の対応を取ることにした。移籍が完了したら過去ブログは全て削除となる。

過去ブログ…今となってはアクセスが殆ど無いんだけどね。ただ、変に放置する訳にも行かないので対応は必要だ。ユーザー側がやる…う〜ん…自分で手をかけるという点では悪いことじゃないんだろうけどなぁ。

LINEで送る
Pocket