2月29日は「円満離婚の日」ですってよ

2月29日は「円満離婚の日」ですってよ

それは2016年2月29日、つまり4年前の今日のこと。

4年に1度の「うるう年(うるう日)」、そこにも色々と記念日がある訳で。「クレープの日」や「肉の日」は29日であれば…ってところもあるようだが、2月29日だからこその記念日もあるようで。

しかし、この中ではやっぱり、この記念日に目が行きますな。

「円満離婚の日」

…オイラなりにも、すぐに理由は想像付いたよ。つまり、4年に1度しか無い日だから、その日を踏むこと自体少ないし、変に思い出すことも少ないのかな?と。

しかし、実際はそうでも無いようで、一般社団法人 日本記念日協会および、詳細のリンク先となっていた離婚式オフィシャルサイトによると、オイラが想像した理由ってのは一切含まれていなかった。

両サイトによると、実は離婚件数が多い月は3月だそうで、その前日でかつ4年に1度しか無い2月29日にこそ「夫婦の絆」「結婚・離婚の本質とは何か?」を改めて考えようという意味で制定したのだそうな。

同時に「2人に福(29)あれ」の意味も。

まぁ、ねぇ、「結婚しないことには離婚も出来ないんだぞー!!」って意見もあるだろう。それでも、離婚が心身ともに疲弊する出来事になることは十分に分かる。相当の思い切りも必要だしなぁ。

なので、離婚は避けて通りたいところでもあろう。「どうしても」って時には振りかざすところにもなろうが。漠然とした言い方にもなるが「どう言う位置づけで見るか?」ってことなんだろうな。

で、先の離婚式のサイトを見ると、ケジメをつけて新たな一歩を踏み出すって意味で式を挙げる方もあるとか。混乱やストーカー化の抑止、疎遠になりがちな友人関係を良好にするなどの効果もあるとか。

「離婚式(りこんしき)」の「り」を”Re”と見れば、「再び」にもなるか。

結婚式ではケーキカットで夫婦最初の共同作業とする一方、離婚式では指輪をハンマーで破壊して夫婦最後の共同作業とする…よぉ考えたな。

ともあれ、この記念日を契機に何をするかは人それぞれだが、結婚なり離婚なりには相当の信念なり決断なりが求められることには間違いない。安易には出来ないものだねぇ、ホント。

【地味な記念日カレンダー】
他にもこんな日があるよ。

1日
資格チャレンジの日
2日3日
くるみパンの日
4日
みたらしだんごの日 ※ 3日と5日も 
5日6日
手巻きロールケーキの日
7日
生パスタの日
※ 8日も
8日
信州地酒で乾杯の日
9日
パソコン検定の日
10日
Windows10の日
11日
おかあちゃん同盟の日
12日
育児の日
13日
お父さんの日
14日
15日16日
トロの日
17日
国産なす消費拡大の日
18日
防犯の日
19日
松坂牛の日
20日
発芽野菜の日
21日
お部屋カスタマイズの日
22日
カニカマの日 ※ 6月のみ「かにの日」
23日
不眠の日
24日
削り節の日
25日
プリンの日
26日
プルーンの日
27日
28日
29日
Piknikの日
30日
EPAの日
31日
菜の日