ニトリが作った理想形のタオル「エレナ」がかなり良い感じだったのですよ

ニトリが作った理想形のタオル「エレナ」がかなり良い感じだったのですよ

あっちを立てればこっちが…ってのはあるよね。

「タオル」ってものは「消耗品」だと思う。毎日のように使っていると、ヘタるのが早い。綿100%のものだと使い込むうちにループが寝てしまうようになるし、洗濯後の乾きの遅さがネックになる。

マイクロファイバーだと乾きが早く、シャギー調のものならそう簡単にヘタらないだろうけど、思ったよりも取り回しが難しいものがあったりする。

しかしだね、これらを「合わせる」っていう発想は無かったよね。

ニトリで販売されている「エレナ」というシリーズのタオル。フェイスタオル、スリムバスタオル、バスタオル、大判バスタオルの4サイズがあり、グレーも含めた3色展開だ。

白(ホワイト)はこんな感じ。

青(ネイビー)は実際にはもうちょい深めの色。

一見すると綿100%か、マイクロファイバー100%かと思ってしまうが、実際には綿57%、ポリエステル37%、ナイロン6%という構成だ。

「ほー、こりゃエェわい」…留さんよ、いきなり占有しないの。

「しばらくこうしてエェかいね?」…ダメです。

「おー、チビらも来たわい」…あらららら。

「わー、すごーい」…うん、またしても寝るところを間違えておるな。

気を取り直して、今回のタオルはかなり厚みがあり、手触り肌触りも優しい。マイクロファイバーを合わせている分、綿100%のものと比べて吸水性も速乾性も高い。

フェイスタオルはシャンプー後の髪を拭いて頭に巻いている。その後ドライヤーで乾かすと、今までよりも短い時間で済むようになったのはありがたい。夏場も冬場も重宝するだろうなぁ。

ニトリのサイトだと「毛羽や糸くずがいつまでも無くならない」として評価が低いが、使う前に適切に洗っておけば、毛羽も糸くずも全然気にならない。使い始め4〜5回目までは、洗濯ネットを使って洗おう。

使い始めて3ヶ月以上になると、流石に買ったばかりのフカフカ加減では無くなるが、一気にヘタることも無いように思う。今のところ、ニオイが気になるってことも無いなぁ。実にバランスの取れたタオルだと思う。

ただ、冒頭にもある通り、タオルは消耗品と考えても良いだろうから、使い始めと比べて「ん?」と思うところが増えてきたら買い替えになるだろうなぁ。その日が案外遅いのではないかと期待している。

そうなってくれれば、商品の金額も痛くは無いだろうね。