家から考える海洋汚染 プラスチック製品との向き合い方を変える時が来た

家から考える海洋汚染 プラスチック製品との向き合い方を変える時が来た

冷静に考えると、そうなるわなぁ。

先日、家の周囲の掃除をした。既に草抜きを終えていたので、今回は軍手をした上で「燃えないゴミ」を中心としたゴミ拾いをば。写真はあくまでイメージとして。

ただ、ここまでの惨状では無いものの、色々と細かくゴミがあることに気付かされた。その中には、後々「マイクロプラスチック」になるかも知れない、プラスチック製品の一部も結構あった。

1番多かったのは、エアコンの室外機のホースが朽ちてボロボロになったもの。実は今回の掃除のメインテーマがそれだったりもする。日光や雨風にさらされ、経年劣化で一気にダメージが来たんだろうなぁ。

ホースの残骸とあって、プラスチックもそこまで厚みのあるものではない。しかし、その分細かくなるのも容易に想像出来るだろう。大きく壊れたパーツは鋭利な状態で、拾う時も慎重になった。

エアコン室外機のホースって、給湯器のようにステンレス製にするのは難しいのかな。素人考えとは言え、天候に余り左右されないように思うのだが、その分コストもかかるのだろうなぁ。

他にも、洗濯バサミのかけらや子どものおもちゃの部品っぽいもの、ペットボトルのキャップ、布テープなども出てきた。中にはこの家とは関係無さそうなものもあり、風や鳥などによって運ばれた可能性もある。

プラスチック製品以外だと、割れた瓶のかけらや(大きさは近くとも砂利とは呼べない)コンクリートが砕けた塊などもあった。目につくものから順に拾っていき、かなりの量をゴミ袋に入れることとなった。

さて、先ほど「マイクロプラスチック」という言葉を出したが、近年は「海洋汚染につながる」として世界的にも対応に追われているところだ。オイラの家が海に遠いところとは言え、決して他人事に思えない。

プラスチックゴミが流されたり飛ばされたりする中で細かく砕かれ、海に流れていくことは想像に難くない。海や川のレジャーに限らず、マイクロプラスチックが発生する要素は幾らでもあるだろう。

プラスチック製品が便利とされる場面や、それに代わるものが無いという状況もあるかも知れない。しかし、何から何までプラスチックに頼るということは無いように思えてきた。

その最たるものが「ビニール製レジ袋」だと思う。また「ペットボトル飲料」も出来る限り頼らない方向に進めたいものだ。仮に適切に処分していったとしても、使う量が増えることは好まれないように思う。

やむを得ずの時以外は使わないようにし、使った場合には適切に処理されるよう協力する。海や川沿いに住んでいなくとも、こうした対策は大事だろうと思う。

家の周りで、疲れ果てた遠い海を想う瞬間だった。