業務スーパーで貰ったカードが実は業務スーパーのものでは無かった哀しみ

業務スーパーで貰ったカードが実は業務スーパーのものでは無かった哀しみ

よく見ればそうなんだけどね。

業務スーパー…インターネット上では結構話題に上る店だ。その名の通り、業務用食品を取り扱っているが、一般のお客様も歓迎ということで、立ち寄る方も多いだろう。そこで貰ったカードがこれ。

厳密には相方さんが貰ったカードなんだけどね。

500ポイント貯めると、店内で使える500円分の商品券が発行されるというもので、

オイラが業務スーパーに立ち寄るようになった頃は、まだポイントサービスが良かったように思う。しかし、制度改変によりポイントが付く要件が厳しくなったのだ。

  • 酒類と一部食品を買った時にポイント進呈
  • 来店時に1ポイント進呈
  • マイバッグ(エコバッグ)持参で1ポイント進呈

…これね、酒類を重要視しないオイラにとっては、ポイントが全然貯まらないものになってしまったなぁ。相方さんはオイラ以上の下戸。1回で貯まるポイントは最高で2ポイントだ。

一部食品ってのも冷蔵肉とかギフト商品だったと思う…買わないなぁ。

ここでもう1度カードをご覧いただこう。そこには”LIQUOR KING POINT CARD”と書かれている。そう「リカーキング」のポイントカードなのだ。どこにも「業務スーパー」とは書かれていない。

実はオイラが寄っている店舗というのは「リカーキング」という酒店に「業務スーパー」をプラスした店舗だったのだ。同様の店舗は全国に19あるらしい。なるほど、そういうことだったのか。

ポイント制度がそうなったのも当然と言えば当然だろう。

ここで改めて考えてみる。来店で1ポイント、マイバッグ持参で1ポイント、計2ポイント。これが月に3回位だから、ひと月で貯まるのはせいぜい6ポイントだし、1年間だと72ポイント。

500ポイントで商品券…かぁ。

7年近くのご辛抱ってか!?

あー、こりゃ遠い道のりだ。勿論、7年間でもコツコツ貯めれば…ってことだろうけど、何か割に合わないよなぁ。カードを持つことで何かしらからの圧迫感を受けるアレだな。

このご時世、マイバッグを持参する流れが強まっており、それに対するポイントを付与しない店も増えている。リカーキングのマイバッグ持参ポイント制度も、いつ無くなったっておかしくない。

仮にそうなると、酒を買わない方が月に3回来店ポイントだけを貯めて商品券を手にするには、14年近くかかってしまうのか…やっぱり手放そう。

勿論、酒類の購入頻度が高い方はカードを持っても問題無いかも知れない。利用状況と立ち寄る頻度で考えると良いだろう。しかし、オイラの現状では…だな。

先日、業務スーパーにカードを持たずに入った。酒類をかごに入れずにレジに鳴らんだところ、店員さんからカードの有無を聞かれなかったなぁ。結局のところ、そういう立ち位置のカードかも知れない。

そんなこともあって、大してポイントが貯まっていないリカーキングのポイントカードを手放した。でも名義はオイラじゃないから、相方さんにカードを返さないとな。