恐るべし終活効果!? Twitterとmixiに終わりを告げる日がやってきた 〜後編〜

恐るべし終活効果!? Twitterとmixiに終わりを告げる日がやってきた 〜後編〜

これも結局、改善されなかったのよね。

日本のSNSでも古参のmixi(ミクシィ)…オイラも10年ちょっと参加していたのだが、いつになっても「常時SSL化」がなされないことにイライラしていた。

何かしら書き込みをしようとすると「保護されていない通信」と赤で表示される…Googleはその点に特に厳しい。ウイルス対策ソフトとの関係もあるとは思うが、サイト自体が表示されないことも何度かあった。

これでは発言もしにくいだろう。

ただ、コミュニティの管理人をしていたり、mixiだけでつながっている方もあったりしたので、安易に抜けることも出来ないだろうと思っていた。そんな調子で過ごすこと数年。

しかし、状況は徐々に動いていた。オイラが管理するコミュニティで取り上げていた商品が販売終了へと動き、新たな情報を追っていくことが難しくなってきた。だからと言って、新たなトピックも立たなかった。

別のコミュニティでも同様で、誰が発言するというのも無い状況。近年「ゲーム」に力が入りすぎとも言われるmixiで、10数年前と同じ使い方を求めるのは難しい印象さえある。

実はこの間に、オイラとつながりがあった方(つまり「マイミクさん」)が複数人、退会していたのだ。気がついた時には驚いたもんだが、退会に踏み切った気持ちもよく分かる。

そういう訳で、残っているマイミクさんやコミュニティに参加している方には申し訳無いが、こちらもTwitter同様、終了することに踏み切った。中途半端な状態で残すのも…というのが勝った格好。

幸い、マイミクさんの多くは連絡先が分かっている。なので、後日改めてご連絡をすると共に、今後もやり取りが続くように段取りをしているところ。

Twitterとmixi…2つのSNSから離れる訳だが、どちらも「仕様」に合わせられなかったというのが最大の理由だろうか。「習うより慣れろ」「郷に入れば郷に従え」でどうにもならないとは…ね。

しかし、当ブログもそうだけど、発信手段がゼロになった訳じゃないし、むしろ、そういった手段にいっそう注力出来るという期待感が大きい。責任感も良い意味で増しそうだ。

Twitterは9年近く、mixiは13年くらいになるのかしら。どちらも長く在籍したことに感謝しつつ、オイラが馴染めなかった点も含めて改善が進められることを願うばかりだ。