掃除機モノに福来たる 純正品を使う意味を改めて考える

掃除機モノに福来たる 純正品を使う意味を改めて考える

猛烈に悪くなった…という訳ではないが。

我が家の掃除機も気がつけば10年戦士。毎日すべての部屋を…とはいかないが、そこそこの頻度で登場する。この時期ともなると、ダニが気になるもんなぁ。

その長さゆえに、オイラの髪の毛も…うん。

で、10年ともなれば、そりゃあ初年度よりか威力が落ちた面もあると思うけど、故障を疑うまでのことにはなっていない。逆に「まだ持つのか?」なんて言うこともある。

そんな我が家の掃除機は日立の紙パック式。サイクロン式も使ったことはあるが、友人の「割れたガラスは吸えないよね」のひと言で紙パック式に戻った。確かにサイクロン式は後々が危なっかしいもんなぁ。

で、当初は日立純正の紙パックを使っていたが、近年は各社共通タイプのものにしていた。ただ、近年の紙パックは何か「頼りない」ところがあった。

例えば、パックに使用している紙が柔らかすぎるとか、台紙部分が微妙に噛み合わないとか、それがもとで、若干のホコリが紙パックから漏れているとか。やっぱり純正には敵わないのか。

そんな訳で数年ぶりに純正品に戻った。メーカーが示す中ではまだ低い方のグレードだが、過去に使ったことがある品なので、不安なく使うことが出来た。

過度の機能は求めていないので、これで十分良いと思う。

しかし「メーカー純正品」がモノを言う場面って結構多いよなぁ。その最たるものが「インクジェットプリンタ」だな。互換インクで修理センター送りを経験された方は多いだろう。

稀に純正インクのセットの中で不良品に当たるというケースもあるが、通常だとそういう心配はないだろう。互換インクによる故障は無償修理の保証期間内でも有償になると言われている。

そうだ、純正品で思い出した。洗たく槽クリーナーも洗濯機のメーカーから出ているものを採用すると良いかも知れん。写真はPanasonicのもの。我が家の洗濯機も同社のものなのでね。

市販品も中々良い仕事をするが、それらが年に複数回請け負う仕事を純正品なら1回で済ませられるというケースもあるようだ。お値段は相当なものだけど、1度使う価値はあると思うぞ。

話を戻して掃除機。純正紙パックも種類が様々あるようで、消臭機能付きとか、静電気の力を利用するとか…「機能部品」という見方で作られているようだ。「消耗品」ではなくて。

これから暑くなると、裸足で過ごす時間も結構あると思う。その時に不快感にならぬように掃除はしておきたいものだ。