ここ一番の大勝負 ゲン担ぎで何に…ぃゃ何をカツ?ってことにもなる訳で

ここ一番の大勝負 ゲン担ぎで何に…ぃゃ何をカツ?ってことにもなる訳で

一世一代の大勝負!?

…とまで行かないにしても「ここ一番」「大一番」なんてことは結構ある。スポーツの大きな大会や、記録がかかった試合など、絶対に負けられないという状況はあるもんだ。

スポーツでなくても、大一番はある。受験はその最たるものだろう。この結果次第で運命が変わってしまう…というものだ。他にも、選挙や大きなプロジェクトで動いている時などもそうだろう。

そんな時に「ゲン担ぎ」としてよく食べられるのが「カツ」…まぁ文字通り「勝つ」にかけた訳ね。「普段、油モノは余り摂らないんだけど…」と仰る方でも、そういう状況下では食べるというケースもあるだろう。

「カツ」にも色々あるもので…でも、カツにする主だった食材は「肉屋」にある。ではでは皆様、何のカツにいたしましょう? Twitter上で聞いてみた。結果はご覧の通り

  • 豚肉(トンカツ) 93%(14票)
  • 鶏肉(チキンカツ) 7%(1票)
  • ひき肉(メンチカツ) 0%(0票)
  • その他 0%(0票)

豚肉圧勝…皆様「トンカツ」に走るのね。確かに「カツ」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは「トンカツ」だろうなぁ。しかし「チキンカツ」にも票が入り「メンチカツ」にもご意見が寄せられた。

これね、結構興味深いことが分かると思うのですよ。

豚肉で「トンカツ」…栄養価が高くて食べごたえがある。お値段も比較的リーズナブルだ。「カツ丼」も「カツカレー」も、特段のことが無ければ「トンカツ」を使うってもんだ。

マイナビニュースが2015年に行なったアンケートでも、ゲン担ぎに食べるもの第1位が「カツ丼」で、2位が「トンカツ」だったそうだ。この2つだけで、実に回答者の6割に及ぶほどの人気だ。

串カツも豚肉というケースが多いようで、1番馴染みが深いカツが豚肉だ…とも言えるのだろう。

そんな中で少数ながらも票が入った鶏肉「チキンカツ」も見逃してはならない。オイラも以前だとトンカツを選んだと思うが、最近だとチキンカツの方がしっくり来ると思っているのだ。

先のマイナビニュースのアンケートでも第5位が「チキンカツ」だそうだ。「鶏肉が好き」「さっぱりして美味しい」という理由が多かったが、オイラを始め「相撲好き(好角家)」にとっては、もう1つ重大な理由がある。

相撲の世界において、鶏は「手を(土に)つかない」ということで「勝ち」を表すゲン担ぎフードとなっている。鶏肉を使ったちゃんこ鍋は定番で、「ソップ炊き」は鶏ガラスープをベースとしている。

相撲観戦のお供になる「焼き鳥」も人気。特に「つくね」は勝ち星(白星)を表すとも言う位だもんね。

なので、そもそも「負けない(=勝ち)」を意味する鶏肉をカツにするってのは、最強だと思う。チキンカツも悪くないのですよ。ちなみに、カツを食べるのが難しい時でも、鶏料理を口にするってことはよくあるなぁ。

ひき肉を使った「メンチカツ」に票は入らなかったが、アリだと思うという意見があった。ひき肉…多くの場合、牛肉が使われるだろう。100%そうかも知れないし、豚肉との合いびきもあるだろう。

牛肉を使っているとなれば、更にパワーが付くと思う。ひき肉になっている分、食べやすさも出るかも知れないね。中には「肉と言えば牛」と答える方もあるだろうから、その考えにも沿うだろうなぁ。

ちなみに以前、厚切りの牛肉をカツにした「牛カツ」をいただいたことがあったが、あれは確かに力が付くわって思った。ただ、ちょいと珍しいのと、お高くなりがちなのとで、頻繁には口に出来ない気もしたわ。

その他の選択肢はゼロだったなぁ…鯨やハムなどもカツの材料になるが、それは違うってことなんだろうなぁ。なるほど。

余談だが、大相撲の田子ノ浦部屋では、場所初日に必ず「カツ」と「アサリ」を食べるのだそうな。「あっさり勝つ(アサリ カツ)」に引っ掛けているとか…付け合わせにアサリの味噌汁は如何でしょうか?と。

ゲン担ぎ…それぞれが持つ力が左右することになると思うが、プレッシャーに負けそうな時や、絶対に外せないという時には頼ることもあるだろう。くれぐれも、ゲン担ぎフードの食べ過ぎはしないように。

PAGE TOP