草抜きマインドフルネス? 心頭を滅却すれば火もまた涼しいのかねぇ!?

草抜きマインドフルネス? 心頭を滅却すれば火もまた涼しいのかねぇ!?

雑念雑音だらけの世の中なのかも知れぬ。

「心ここにあらず」とはよく言ったものだ。そのような状態では、何かと疲れてしまう。クヨクヨもすればイライラもする。そんな状況を打破しようと、近年では「マインドフルネス」が頻繁に言われるようになった。

「マインドフルネス」というものを上手く説明するのは難しいが、簡単に言ってしまえば「ただ目の前のことに集中する状態」ということになるだろう。瞑想やヨガもそのひとつかもしれない。

ただ、瞑想なりヨガなりをいきなり始めるというのは、ハードルが高い気がする。指導してくださる方があれば、その時は上手くいくかもしれないが、自分1人でこなすには相当な時間や訓練も要るかも知れないなぁ。

そう考えてしまうと「マインドフルネス」は、どこか遠い世界の出来事にも捉えられる。しかし、意外な行動で「マインドフルネス」に導けるとも言われているのだ。

そのひとつが「草抜き」である。確かにそうだ。黙々と目の前にある草を抜いていく作業には、余程のことが無い限り、無駄な雑念や雑音でかき乱されるということはない気がする。

先日、家の周りの雑草をただひたすらに黙々と抜いた。急に暖かくなったせいか、予想以上に背丈が伸びてしまい、人目につくところをそこそこ抜いただけでも、45リットルのポリ袋が1つ満杯になったほどだった。

いつの間にか時間も過ぎていた。ただ、達成感が強かったのか、「時間をかけてもこれだけしかできていないのか?」とか「こんな時間になってしまっては後でやるべきことが出来ないじゃないか」などとは思わなかった。

何となく、作業直後は心も頭の中もスッとした状態だった。

草抜きでマインドフルネス…緑多い空間で瞑想やヨガを行うという方もあるようだが、仮にその横で草抜きをしている人が居たとして、実はそれぞれの到達点が同じかも知れない…そう考えると、中々に面白いものだ。

そもそも緑多い空間は、心の平穏を保つためにも良いと言われているが、どう利用するかで心持ちが変わってきたりして。

さてさて、今回の草抜きではポリ袋一杯になったのだが、恐らく3分の2も対処出来ていないだろう。機を見て続きをやらないとなぁ。その時にどんな心持ちで居られるかがポイントになるだろうねぇ。