コショウを摂れば故障知らず? 知られざる世界にオイラはこれまた感動したのですよ

コショウを摂れば故障知らず? 知られざる世界にオイラはこれまた感動したのですよ

ついついかけちゃう香辛料。

オイラは元々辛いものが苦手だが、コショウ(胡椒)に限っては使う頻度が高いかもしれない。お店でラーメンを食べる時、いきなりコショウを振ってしまうのはマナー違反かもしれないが。

でも、ついやってしまうんだよね。

子どもの頃は、細かく挽かれたものをパラパラと振っていたが、いつだっただろうか、粗挽きタイプのものを使うようになった。そして、これまたいつだっただろうか、ホールタイプのものをミルで挽くようになった。

ミルはたまたま、相方さんの知人さんから貰ったのよね。

人間、不思議なもので、あのガリガリとミルで挽く動作や音が好きだったりするのよね。何か料理やってるなって…いう感じさえする。そんなわけで、今もホールタイプのものを買うことが多い。

先日、新しいもの買うこととなり、選んだのがコチラだ。

日賀志屋…おっと、これは前回の流れじゃないか。でもここはエスビー食品で。”ORGANIC SPICE”シリーズの「袋入り有機ブラックペッパー(ホール)」…今回はすんなりと「有機」で見つかったわ。

有機JAS認定って実は取得が難しいと言われている。農薬不使用は当然だが、少なくとも3年以上はそうしなければならないし、周囲から風に乗って農薬が飛んでくる状況を回避したりするなど、その要件は非常に厳しい。

しかも今回は「フェアトレード」の商品なんだよな。いわゆる「公平公正な貿易」ということ。安ければいいという発想とは対極にある商品と言える。

環境や健康にも配慮した商品だろう。

実際に使ってみると、香りや味の部分でビキビキくる感じはそれほど無かった。辛いものが大好きという人にとっては物足りないかもしれないが、口当たりが良いということは、多くの方に受け入れられる可能性が高い。

ホールタイプのもの、熟す前の果実を天日で乾燥させたもので、インドが主な産地である。日本では少なくとも2500年前に伝来していることが分かっている。

中世ヨーロッパでは、医薬品や貨幣としても使われていたようだ。

アロマテラピーでも「ブラックペッパー」の精油がある。お腹にガスが溜まりやすい方に有効と言われている。結構強い精油なので、少量から試すことになるが、間違っても精油を料理に使うことはしないように。

コショウは下ごしらえや味付け、仕上げにも登場するので、結構減りが早いという方が多いのではないだろうか。中には、スイーツや甘いドリンクにも使っていると言う方もあるだろう。

冒頭にも述べた通り、唐辛子などの辛いものは苦手でも、コショウだったら大丈夫という方もあるだろう。勿論、摂りすぎは良くないが、自由な発想で使えるので、食卓には欠かせない香辛料だろう。

コショウか…派手に振った時のクシャミは大変なものだよなぁ。精油のブラックペッパーでクシャミが出ることをほぼ無いので、「挽く」ことがそうさせるのだろうか。

挽いてもクシャミが出ないコショウの開発とか…それはそれで面白いかもしれないが、ちょっと味気がないし、ピリッと締まらない感じもあるわなぁ。

PAGE TOP