「もちはだ」が持ちつ持ちつのオイラ哉 〜ハイソックスの巻〜

「もちはだ」が持ちつ持ちつのオイラ哉 〜ハイソックスの巻〜

ねぇねぇ、2018-2019年は暖冬だって言ったじゃない。

オイラが暮らす場所では確かにドカ雪も無いけど、最高気温が1℃台の日はあったし、中々晴れない日が続いたこともあった。北海道では最低気温で-30℃台を記録したなんて話もあったよなぁ。

余寒厳しき折…とは、よく言ったもんだ。

そんな日が続く時に開催されたのが「第16回 もちはだネットde大感謝祭」…防寒対策のインナーや靴下で知られる「もちはだ」がお得に買えるチャンスが巡ってきたのだ。

オイラも当日に「もちはだ本店(もちはだ公式オンラインストア)」にアクセスし、これみよがしに商品をお買い上げ。スタッフの皆様も大変だったろうに、迅速にご対応いただけて深謝。

うん、我ながらガッツリ買ったもんだ。

本日から3日間は、買った商品の中から、防寒対策に優れた品(カテゴリとも言えるか)を紹介していくことにしよう。本日は「靴下(ハイソックス)」をば。

「もちはだ」を製造・販売しているワシオ株式会社が独自に開発した「ループを残したまま起毛させる技術」を用いた生地で作られた靴下で、室内履き用として販売しているのが「もちはだハイソックス」だ。

しかし、その昔、冒険家の故 植村直己さんが極寒の地での登山や冒険の際に愛用したとも言われている。また、釣りやバイクを楽しむ方にも愛用者が多いとされている。歴史と実績に裏打ちされた品と言えよう。

今回オイラはこのハイソックスを色やバージョン違いで3足買った。その内、スタンダードな「もちはだハイソックス」の「内縫いブラック」を履いた写真がコチラ。写真からも厚手であることは分かるだろう。

やー、これは凄いわ。起毛が心地よく肌に触れるので、ムズムズチクチクはナシ。筒状なのでフリーサイズとなっているものの、足口と土踏まずにゴムが入っているので、簡単にずり落ちたり脱げたりしない。

そして、何よりありがたいのがこの機能だ。

「スリッパいらず」…スリッパを履かなくても底冷えしないということではあるのだが、オイラにとっては、スリッパを履いて歩くなり走るなりする際にスッ転ぶ心配が無くなったという点も高く評価したい。

オイラは階段をスリッパで登り降りするのが本当に嫌でして…それでバブーシュにしているのだが、それもずっと履いていると、かかとを折って履くことになるのよね。なので危なっかしいと思っていたのだ。

そんな不安が、このハイソックスで軽減された。勿論、ハイソックス自体が全く滑らないとは言わないが、脱げて引っかかる要因は無い訳だから安心度が違う。

あと、スリッパやバブーシュは多くの品で洗濯不可だけど、このハイソックスは普通に洗濯出来る。漂白剤や乾燥機はNGという点にはご注意を。それでも、ありがたいわ、ホント。

今回は他にも杢柄の「MIXハイソックス」と、発熱素材を使った「ソーラータッチハイソックス」を購入。MIXハイソックスは爪先が外縫いとなり、値段も若干お安くなっている。

好みの色や機能、縫い目が当たる感じなどを考えて選ぶのが良いのではないだろうか。結構、色々な選択肢が出てくると思うぞ。

さて次回は、もちはだが提唱する「アウター」について綴ってみよう。クラウドファンディングで大反響があったアノ品と、女性向けのオシャレな逸品を取り上げるぞ。

【追記】2019.02.22 16:00
先日、急きょ居酒屋で食事をすることになり、床暖房の無い掘りごたつ個室に通された。オイラはもちはだハイソックスを履いたまま行ったのだが、これが結果的に大正解だった。底冷えゼロ。ありがとう、もちはだ。

PAGE TOP