docomoの利用料金が低いので、これからは隔月のお支払いで良いかしら? 

docomoの利用料金が低いので、これからは隔月のお支払いで良いかしら? 

コストダウンの一環だろうなぁ。

先日、オイラ宛に1通のハガキが届いた。差出人は携帯電話大手のdocomo。「2019年7月請求分(つまり同6月利用分)の料金以降、奇数月に5,000円未満だった場合は翌月に合わせて請求する」という内容だった。

実はオイラ、見事にこの対象になるんだよな。

オイラはdocomoでガラケーを2台(2回線)契約している…1台は個人用、もう1台は仕事用だ。タブレットはデータ通信専用の格安SIMで動かしているので「電話」の切り分けが出来ている状況だ。

ガラケーはどちらも、毎月の請求金額が1,000円を下回る状況。基本は「受け電」なので、安い無料通話プランでも十分に事が足りる。5,000円になるのは本当に余程のことなのだろう。

そんな訳で、オイラは見事に対象となる…が、実際に合算の対象となるのは仕事用の1台(1回線)のみだ。

仕事用のガラケーの料金は、仕事用に開設している銀行口座から引き落としとなっている。今回の請求対象要件に「口座振替または振込用紙払い」とあるので、確実にそうなるのだろう。

一方、個人用のガラケーは、オイラ名義のクレジットカードから引き落としとなっている。なので、合算の対象とはならず、毎月コツコツと引き落としになるということだ。

請求金額が5,000円を下回っても合算にならない要件は他にも、複数回線をまとめて請求されている場合や、端末代金を分割で支払っている場合などが該当する。また、毎月請求の手続きをされた方も合算にならない。

2019年7月請求分からかぁ…。

もし消費税が10%になるのが「10月請求分(9月利用分)から」となれば、「9月請求分(8月利用分)」の金額によっては損になるケースが出るってことなのかしら? まさか8%で計算すべきところが10%に…は無いよね!?

そこのところの説明が欲しいなぁ。その時になって混乱が出ないことを願おう。

かつてdocomoから「スマートフォンに変えてもこんなにお得」といった内容のDMが届いた。悪いが現状で乗り換える予定は無いなぁ。最近はスマートフォンの重要性があるのかどうかを考えることも多いからなぁ。

ガラケーも…うーん。

その後オイラはauへと移ったのだが、実はauも1ヶ月の利用金額が一定金額に満たない場合は隔月払いとなっているのだ。口座振替の場合は3,200円(税込)未満が対象となる(2019年10月2日現在)。

auでは仕事用も個人用も口座振替にした。どちらも利用金額がドーンと跳ね上がることは無いので、よほどのことが無い限り、どちらも隔月払いと考えて良い訳ですなぁ。