台所から謎のかほり…謎が謎を呼ぶ芳香剤の行方

台所から謎のかほり…謎が謎を呼ぶ芳香剤の行方

あれは2018年12月のこと。

地元に帰省して戻ってきたら、何か様子が違っていた。郵便物や領収書などが台所のテーブルの上に載っているのは、まぁそうだろうと思ったが、空間的に何か違和感がある。

辺りを見回して違和感の元が分かった。

オイラが買いもしないタイプの芳香剤が台所のカウンターに置かれていたのだ。台所から桃のかほり…マジですか、勘弁してくださいよ。今まで台所に芳香剤を置いたことなんて無いのだがね。

領収書を見ていると、相方さんが帰省中に芳香剤を2つ買っていたことが判明。1つは今回の問題となる品。もう1つは相方さんの自室にあり、これについては特に問題視することは無い。

芳香剤を買うことはオイラもある。ただ、置く場所は決めていて、相方さんの自室とそのクローゼットの中、靴箱(下駄箱?)、御手洗だ。相方さんの部屋にあるのは、喫煙家であるため…だ。

靴箱と御手洗にあるのは思ったよりも換気が難しく、ニオイがこもりやすいから。恐らく、この意見については多くの方が賛同されるかと思う。

ただね…台所に芳香剤って置きたくないですなぁ。料理の匂いと芳香剤の香りが混ざるのは…ねぇ。しかも食べ物の香りともなれば、作った料理を否定されるかのように思えてくる。

どうしても置くとなれば、香りが無いタイプだろうなぁ。消臭タイプ…これはこれで料理の匂いをかき消されるか。うん、やっぱり置きたくない。

皆様はどうお考えだろうか…Twitter上で聞いてみた。台所に芳香剤ってアリ?

  • アリ(実際に置いている) 13%(2票)
  • アリ(実際には置いていない) 60%(10票)
  • ナシ(でも仕方なく置いている) 0%(0票)
  • ナシ(実際に置いていない) 27%(3票)

アリの方が多いけど、ナシの方もあるようだ。「仕方なく置いている」は無いのか…まぁ、そうだろうなぁ、普通に考えても。

暫くの間、相方さんに芳香剤を置いた理由を聞いていなかったが、今回のアンケートを行うタイミングで聞いてみた。すると、どうしたことか、歯切れの悪い答えが返ってきた。

「あれ…何で置いたっけ…確か仕事場に置こうとしていたんだっけ…ぇ、俺が置いたんだっけか? それがどうしたの?」

どうしたも何も…普段オイラが置かないし、嫌なニオイがしていたとかどうとかってことなのかね?…しかし、仕事場に置こうとしていたものを自宅で開けるってのは何とも不可解。

まさか、何か別の事情があるとか!?

先日、来客があった際、その方から「あ〜イイ匂い」と声があった。この方は台所に置く芳香剤を良しとしているのだろうなぁ。そろそろ2ヶ月経とうとしているのに、まだまだ香る芳香剤にモヤモヤするばかりだ。