ポチ袋をポチッと買った…うん、我ながら何を言ってんだか

ポチ袋をポチッと買った…うん、我ながら何を言ってんだか

新年は 子どもの方が お金持ち!?

オイラも子どもの頃は貰いましたよ、お年玉。欲しいものを買うか、貯金するか…分別の付かない頃は親がオイラの口座に貯金してくれたもんだ。

オイラもさすがにこの年齢になり、お年玉を貰うことは無くなった。ただ、渡すことも無いんだよなぁ。渡す側の経験が無いのでアレだけど、大変だと思うよ、ホント。

しかし、お年玉を渡す時に使う「ポチ袋」ってのは、何故か手に取ってみたり、つい買ってしまったりする。まぁ、お金じゃなくてもメッセージカードや名刺なども入れられるからね。

2018年の暮れも押し迫る頃。つい、こんな品を買ってしまった。

うん、随分とフザけたもんだ。仮に小学校に通うくらいの子どもに、このポチ袋でお年玉を渡したら、感動もされないかも知れないなぁ。高校生くらいになって分かるか…まぁ冗談が通じるという前提だけど。

諭吉さんに「つまらないものですが」と言われたら…ねぇ。

お年玉を求めるなんて、御主も悪よのぉ…ってか!?

ホント、これは繰り返しになるけど、冗談が通じるという前提があってのものだな。何かしらの会費を「つまらないものですが」で渡してみたり、秘密のメモを「例のモノです」と渡してみたり。

でもね「はんこポチ」とあるだけあって、デザインはかなり凝っていると思う。諭吉さんの表情も味があるわ。今回は「お年玉」以外でも使えるものを選んだけど、「お年玉」限定だと、さらにかっ飛んだ品があったなぁ。

諭吉さんで「小遣い1年分」とか…ね。

で、店頭でポチ袋を見ながら思ったんだけど、やっぱり紙幣を折って入れるタイプのものが主流なんだろうなぁ。折らずに入れられるものもあるにはあるが、種類や数が限られる。

オイラが大人の年齢に近づいてから、両親から貰うお年玉は、折らずに入れられるタイプのポチ袋に入っていた。中は折り目の無い新札が殆ど。中を見た際には多少なり緊張感があったのを覚えている。

折らないタイプのポチ袋って余り好まれないのかねぇ?

ともあれ、年々ユニークなものが登場するポチ袋。過剰生産で処分されるのは問題だが、色々と目を楽しませてくれるもんだ。お年玉かぁ…貰ったら大事に扱った方が良いよ。

LINEで送る
Pocket