嵐にしやがれ パンにしやがれ リンゴにしやがれ…はい、全部あやかりましたわよ

嵐にしやがれ パンにしやがれ リンゴにしやがれ…はい、全部あやかりましたわよ

たまたま観てのアレだったんだよなぁ。

2018年11月のこと、漫然とつけていたTVから『嵐にしやがれ』が流れた。その中で銘店のパンを取り上げていて、強烈に印象が残るパンが映し出された。

それが、今回ご紹介のパンである。実際に番組内で取り上げられていたのは、向かって左の品。東京都町田市にある「パンの木」という店の「まるごとりんご」である。尚、向かって右は「まるごとりんご2」と言う。

皮を剥いて芯をくり抜いたリンゴを丸ごとコンポートにし、芯の部分にカスタードクリームを詰め、全体をパン生地でくるんで焼いたもの。プレッツェルが蔓になっているという愛らしさだ。

番組内でも「すごーい」の連発だったと記憶。

「まるごとりんご」はパンで、1個500円(税込: 以下同)。「まるごとりんご2」はパイで、1個700円。どちらもかなり気張った金額に思えるが、やっぱり「まるごと」とあって、重量は相当なものだった。

今回は、ショッピングビルでのイベント出店にあやかれた。これら以外にも独創的なパンが並んでいたなぁ。勿論、クリームパンやカレーパンなど値ごろ感のあるものも。

試食も出ていたこともあって、「パンの木」のブースには多くの方が詰めかけていた。『嵐にしやがれ』の映像も流れており、店員さんともその話で和気あいあいと。その後まさか嵐の「活動休止」が発表されるとは…。

さて、容器から取り出した「まるごとりんご」…300g近くあったぞ。

いっぺんに1個食べるのは困難と判断し、半分に切ってみる。パン生地が結構薄めで、カスタードクリームがしっかり詰まっているという印象。これは番組で観た通り。

パン生地が薄いこともあって、確かにパンだけど、ちょっと変わったスイーツを食べている感じもした。カスタードクリームがあっさり目で、リンゴのコンポートと合っていた。

これを朝食に食べたオイラ…結構幸せ度が高いアレだ。

番組では紹介されなかったが、こちらもゼヒっ…ということで「まるごとりんご2」をば。パイ生地でりんごのコンポートを丸ごと1個包んでいるのは同じだが、こちらは「アップルパイ」を意識した見た目だ。

切ってみるとパイ生地で隙間無く包まれたリンゴのコンポート…で、ここで大きく違うのは、くり抜いた芯の箇所に入っているのがクリームチーズであること。これは見るからにボリュームがありそうだ。

これね…かなりの重厚感と贅沢感がありますなぁ。洋菓子店のアップルパイとは異なるだろうけど、かなり良い勝負が出来るのではないかと。半分で350円分…そう考えると妥当かお安い位の内容だ。

これも朝食に食べたオイラ…うん、おやつの方が断然良いかもね。

いずれにせよ、番組で観た時のインパクトは、実際に食べてみて同じかそれ以上だったなぁ。世の中凄い品があるもんだ。1度に飛ぶ金額がアレかも知れないが、決して損にはならないものだったぞ。

東京都町田市はまだ行ったことが無い(厳密には電車で通過しているものの降り立ったことが無い)ので、お店もだし、町の雰囲気も見てみたいねぇ。人気や話題の的になるのも分かる品だったわ。