激おこにゃんこの大冒険 鎮めよ怒り、笑えよオイラ 〜後編〜

激おこにゃんこの大冒険 鎮めよ怒り、笑えよオイラ 〜後編〜

キャリアカレッジジャパン(以下: キャリカレ)主催の講座に参加した。

その直前…つまり家を出る段階の話をしよう。今回の講座のテーマとなった「アンガーコントロール(アンガーマネジメント)」を試される出来事が起きたのだ。

今回の講座には、2本の電車を乗り継いで向かう予定で居た。1本目の電車の駅まで40分ほど歩くつもりでも居た。天気も体調も悪くないし、ここのところの出不精もあるので、良い機会だと思っていた。

その旨を相方さんに伝えると「時間があるから(1本目の電車の)駅まで車で送るよ」と言ってきた。「それぞれ直前まで仕事があるから無理は言えない」と返すも「大丈夫だから」と言うので、ならば宜しくと。

オイラは幸い、出発予定時刻の30分前で仕事が完了。相方さんの戻りを待ったのだが、その時間になっても相方さんは戻って来ず。更に20分ほど待ったが戻って来ないし連絡も無い。

こりゃダメだと思って、1人で家を出ることに。40分も時間が無いので、やむなく元々行く予定とは別の方向に10分歩いて構想外の路線の駅に向かい、3本の電車を乗り継いで向かうことにした。

後で聞いて分かったのだが、相方さんは上手いこと仕事のケリがつかなかったとのこと。自宅に戻ったのは、オイラが出発して10分後だったようだ。うん、オイラ判断で家を出たのは正解だったみたいだ。

まぁでも駅に向かう道中もだし、電車に乗ってからも思ったよ、「『無理は言えん』って言ったじゃん」とか「遅れるなら電話の1本くらいちょうだいよ」とか。余分に運賃もかかった訳だしなぁ。

ただ、ひと呼吸置いて考えると、頭の中では「そもそも車で送って貰うことが当たり前ではないし」「そういうオイラも電話を入れた訳じゃないわなぁ」などと切り替わっていったな。

うん、激怒案件じゃないわ。この時点で電話も無ければ、当人と顔を合わせてもいないし。それ以上の激怒案件もあるのだから、これくらいでMAXで怒ることも無いだろう。

この日はたまたま、オイラが利用する予定に無かった路線で人身事故が発生し、急きょ乗った路線も含めて振替輸送などの混乱があった。そんな中であっても遅刻しなかったことを重視すべきだったわ。

それを受けてのキャリカレの講座だった訳で…オイラの今回の対応は「アンガーコントロール」という視点で考えると、ほぼ適切な対応が出来たということになろう。

いきなり実践の場が来るとは思わなんだ。

講座終了後、相方さんから申し訳無い空気のメールがやって来た。「(この日は)もう用事は無いので駅まで迎えに行くよ」と。

ここは怒らず、でも、新たなトラブルが起きぬよう、メールを細かく送っていった。変に待たせることも待たされることも無いように。何せ電車は相変わらず、人身事故後の混乱が続いていたもんで。

無事に予定時刻で合流、車で自宅に到着した。

そんな訳で、アンガーコントロール(マネジメント)を実践する場は日々発生するのだと思う。頭の中をどう切り替えるか、切り替えるための時間を数秒程度でも設けられるかがカギになるんだろうなぁ。

怒りに振り回されて、変に気を揉んだり、気を病んだりする必要は無い。勿論、(すぐに)怒るべき場面もあるけど、そういう時ってのは案外限られているのかも知れないね。

キャリカレで開講されている「アンガーコントロール実践講座」も充実していそうだ。「マインドフルネス実践講座」「マインド・リーディング実践講座」などと合わせると、より強い心の持ち主になれるかもね。

お知らせ

◉ 手に職をつけて独立したい
◉ 好きなことをもっと伸ばしたい
◉ 学んだことで誰かを喜ばせたい …など

キャリアカレッジジャパンには「なりたい」に一層近づけられる講座が充実。『にゃんこの暮らしの手帖』をご覧の皆様限定「割引クーポンコード」で、オトクに学びのスタートをゼヒっ!!

クーポンコード: ambpevHw

※ コードの使い方はこちらのページをチェック

※ 一部対象外の講座があります。また、割引額は講座によって変わります。