両国を歩く 心して歩く 凄い発見があるぞ

両国を歩く 心して歩く 凄い発見があるぞ

いよいよ初場所が始まりますなぁ。

本日は2018年12月…クリスマスを過ぎてから国技館に立ち寄った時の話をしよう。国技館がある東京都墨田区。この地に降り立ったなら、1度は買って食べておきたいのが「国技館焼き鳥」(税込650円)である。

東京場所(1月、5月、9月)のTV中継では、焼き鳥を頬張る観客の姿がよく見られるが、その時の焼き鳥がこれだ。国技館の地下が巨大焼き鳥製造工場となっていることは知る人ぞ知る…だろうなぁ。

この焼き鳥は冷めても美味しく、ビールや日本酒などのお供にもなる。手を付かない鶏は、相撲の世界において「ゲン担ぎ」にされるもの。JR両国駅そば両国江戸NOREN(観光案内所)では、朝11時から販売されている。

両国以外でも東京都内で販売されている所はあり、冷凍のものであれば、オンラインショップ相撲銘品館から全国発送も可能。焼き鳥には当ブログでも紹介した「国技館秘伝のたれ」が使われている。

オイラは毎場所前、番付発表があったタイミングで国技館に出向いている。番付表を買うのは習慣化。たれそのものを買うことが多いので、焼き鳥はそこまで多く買っていないが、やっぱり風情ある一品ですな。

さて、両国に行ったら「ちゃんこ鍋を食べたい」と思う方も多いだろう。ただ、オイラは1人で動くことが多く、ちゃんこ料理を提供する店はかなりの人気。なので、穴場となる天丼てんやに流れることが多い。

天丼てんや両国店は、メニュー改定で消えた…と思われた「エビとイカのかき揚げ天丼」が食べられるお店でして、かき揚げ好きにはたまらないだろう。尚、2019年1月より毎週月曜日が定休となったそうだ。

両国でちゃんこ…実は2018年11月に、このようなガイドブックが発行された。『両国ちゃんこBOOK 〜両国界隈ちゃんこ店詳細ガイド〜』には、両国界隈でちゃんこ鍋をいただける店のリストが掲載されている。

お一人様でも楽しめる店や、ランチ営業がある店、お店のイチオシ味などが詳細に掲載されているので、お店選びが楽しくなる1冊だ。「ちゃんこ鍋」についてを相撲部屋でも取材をしているほどの力の入れ様だ。

このガイドブックには、相撲にゆかりのある店や名所、相撲部屋などが示された地図も掲載されている。相撲に余り興味は…と仰る方も、カフェや史跡、資料館などが掲載されているので、楽しめること間違い無いだろう。

このガイドブックの凄いところは、墨田区観光課が発行したということ。自治体の観光ガイドブックで、ここまで楽しいものを作り出した例は中々無いだろう。オイラも次回はこれを持って街歩きする予定だ。

さてさて、今回、国技館に立ち寄ると「力士会」と「赤ちゃんだっこ記念撮影会」が行われるとあって、力士の入待ちをするファンの姿が大勢あった。オイラも乗っかろう。まず、こちらは常幸龍(じょうこうりゅう)。

続いて豊ノ島。両力士とも、大きなケガを乗り越えて関取に復帰した。関取陥落後、幕下以下で優勝した際「常幸龍さん」「豊ノ島さん」と呼ばれていたのには切ないものがあったなぁ。関取復帰は素直に嬉しい。

続いては石浦。こちらは現在、幕内から十両に陥落してもがいているところ。幕内復帰を狙える位置にあるので、今場所は正念場と言えるだろう。

入ってくるのは力士だけとは限らない。親方や行司、呼出といった方々も見かけることがある。ここで現れたのは振分親方(元: 高見盛)。キリッとした一面を見た。

この他にも、写真には収められなかったが、大関の栃ノ心も目撃。オイラが合流したのが力士会が始まる直前とあって、そう多くの力士を見かけた訳ではなかったが、分かる顔があると、やっぱり嬉しいもんだなぁ。

上手いこと、こういう時に当たると、ニヤニヤ度が増してしまう。

そんな訳で、もう間もなく2019年最初の大相撲(初場所)が開催される。はてさて、どんな場所になるのやら。2018年は土俵の外のゴタゴタが酷かったなぁ。くれぐれも、この流れが続かないよう願うばかりだ。

PAGE TOP