2019年10月が…と言う前に混乱が起きているのは事実でして

2019年10月が…と言う前に混乱が起きているのは事実でして

そりゃぁ苦境に立たされもするわなぁ。

2019年に入っても「値上げラッシュ」は続いている。とあるパン屋さんでも見事にその影響を食らっていた。美味しいから値上げしても買うけどね…チト予想外の出費になって面食らったな。

この日はサンドイッチとシナモンロールを買った。今回の値上げ…元々は「内税(税込」)で展開していたものが「外税(税抜)」の扱いになったことにより、実質的な値上げになってしまったというものだった。

2019年10月に消費税が10%になる予定…年末年始にかけて、アップル社の業績下方修正で全世界的に株式のドボンがあったのを見ると、ウカツに実施しない方が良いのでは?なんて思ったりする。

ただ、本当に増税が果たされることになると、内税でやってきた店にとっては大きな混乱が起こるだろう。ならば早い段階で外税に切り替えた方が良い…というのも分かる気がするわ。

内税でやってきた店が外税に切り替えるケースは今後も出てきそうだな。

消費税の税率が上がるとは言うが、それ以前にあれこれ値上げがあるのも事実。家庭用の小麦粉は何度目の値上げだ? 2019年に入って、また上がったでしょ。家庭用で上がれば、業務用だって上がるだろうよ。

加えて、野菜の高騰ってのもあるね。安い品は喜び勇んで買いたいくらい安いんだけど、高い品は目眩がするくらい高い。ここ最近は、キュウリが高騰中。1本100円強…旬から外れているとは言え…ねぇ。

そりゃ、サンドイッチの値段だって上がるだろうよ。

まぁ、値上げ値上げ…という風潮で、そこから潮目が変わって値下げに転じるというケースは余り多くないよなぁ。ゼロとは言わないけど。どの辺が好景気なんでしょうかね?

頭を使って家計の自衛・防衛…ってのは誰もがやるだろうけどね。こちらさえ、へこたれなきゃね…というところだろうなぁ。

PAGE TOP