圧倒的イエベのオイラがキャンメイク「グロウフルールチークス」の09番を使った結果

圧倒的イエベのオイラがキャンメイク「グロウフルールチークス」の09番を使った結果

これ…あと2回位続くかもよ!?

化粧品をちょいとは増やしましょう…ということで、マスカラアイシャドウが手に入った。実はアイシャドウと共にチークカラーも手に入れていたのよね。

その前に前回のブログのおさらい。似合う色を診断する「パーソナルカラー」の考え方で行くと、オイラは「オータム(autumn)」に該当し、黄色みがかったものが似合う「イエローベース(イエベ)」とされる。

それなのに買ってしまったのは、青みがかったもの。いわゆる「ブルーベース(ブルベ)」の方に似合いそうなアレだな。商品自体は、キャンメイクの「グロウフルールチークス」というものだ。

今回は09番の「バーガンディワインフルール」をば。付属のブラシでクルクルとなぞるようにして色を混ぜて頬にのせると、あらまぁ元気そうに見えるじゃないの…という品だ。

まぁ、でも09番は全7タイプ(2019年1月現在)の中で最も深い色だよなぁ。秋冬のメイクに向いた感じ。その分、大人っぽいと言うか落ち着いた印象にもなるだろう。

これねぇ…イエベに相当する色は正直言って無いのよね。ただ、オイラの頬の色って、よく見たらそこまで黄みがかっている訳でも無い。加減をすればチグハグ感は生まれないと踏んだ。

読みは的中。流石に色の濃い部分を軸にしてブラシをグルグルと回したり、濃い部分が頬の高い所にのりすぎたりすると、アカン感じになるけど、中間色を軸にし、一旦頬にのせた後に薄い色をのせると良い感じだ。

写真撮影には特に向いているだろうなぁ。ただ、色が濃い目である分、肌の色が飛んで見えることがあるので、のせすぎには注意したい。普段遣いはアイシャドウの時を思うと余り心配無いという印象かな。

お値段は1つ800円(税抜)。そんなに高い訳でも無いなぁ。2019年に入ってから、単色使いの「パウダーチークス」のTVCMを良く見るけど、色味をその都度調整したい方には「グロウフルールチークス」の方が良いかも。

薄い色ってのが実は「ハイライター」だったりする訳だしね。

しかし、気がついたら、キャンメイク商品が手元に増えつつあるなぁ。あ、そうだ。もう1つ、既に使っていながら紹介がまだの品があるんだわ。冒頭に綴った通り「あと(今回を入れて)2回続く」…そうなるわなぁ。

さてさて、オイラはどこまで化けるのだろうかね?

PAGE TOP