年末年始の大掃除…この風習ってどうも納得いかないのよね。

年末年始の大掃除…この風習ってどうも納得いかないのよね。

大掃除 今になっての 気合いかな

…と仰る方もあるかも知れないが、正直ね…オイラには猛烈な抵抗感があるのよね。普段から細かく掃除をしていれば、そんな大騒動にもならないだろうし、第一、年末に大掃除って理に適っていないよなぁ。

オイラが年末の大掃除でやるとすれば水回り…だけ。台所、浴室、御手洗…あー、外にある水道の蛇口もそうか。要は水に流せるものだけを手がける感じ。勿論、水質汚染を率先して進めるような真似はしないぞ。

オイラが年末年始に大掃除をしない理由…その1つが「ゴミ回収に携わる方の負担を減らしたいから」…年末年始にドサッとゴミを出したら、そりゃ重労働にもなるし、作業の時間もかかるってもんだろう。

作業に携わる方も「人間」ですからね…労りましょうよ、ホント。

あと、年末年始に大掃除をしない理由は「わざわざゴミを可視化して過ごすことに抵抗があるから」…ごみ回収が年末年始の特別体制になる中で、ゴミ回収が無いにも関わらず「ゴミ」を生み出す意味はあるの?

つまり、その可視化されたゴミを抱えた状態で、もっと言えばゴミに囲まれた状態でゴミ回収の日までをやり過ごすってことに違和感しか無いってことだ。普段から細々やっていれば、そうなることは無かろうに。

年末年始はゴミ回収スケジュールが変わるからと言って、家に置いておきたくないゴミを不法に投棄することは絶対に許されない。良識のある行動を。

そんな訳で、オイラの年末年始の大掃除は水回りのみ…ぁ、もう1つあった。パソコンの画面(デスクトップ)やダウンロードフォルダにたまったファイルの整理をしなければ。

これも水回り同様、ゴミ回収に携わる方の負担は無い。オイラが全部被れば良い。しかし、結構長いこと油断していたから、そう簡単には片付かないかも知れないなぁ。でも、終わりが見えやすいアレだわな。

2018年も終わるのか…まぁ明日から2019年ということであっても、一気に世界が変わる訳が無くて日々の生活はそのままだと思っているし、出来る限り曜日感覚を失わないようにとも思っている。

今ここで「良いお年を」と言っても、翌日には定刻通りでブログを更新する訳だしなぁ。それでこそオイラか。

LINEで送る
Pocket