お好み焼きも自分で焼け!? お一人様お好み焼きって結構楽しいものよ

お好み焼きも自分で焼け!? お一人様お好み焼きって結構楽しいものよ

これもまた恒例行事になりつつあるなぁ。

オイラの地元・広島では「ソウルフード」になっているだろう「お好み焼き」…いわゆる「広島風」と言ったら広島人は怒るとか何とか言われるけど、オイラは全く気にせず「広島風」って使うけどなぁ。

広島だったら広島風のお好み焼きを提供する店しかないと思われがちだが、全ての材料を混ぜて作る「関西風(大阪風)」の店も結構あったりする。家庭でも作るケースは多いと思う。

更に言うと、店員さんが焼くのではなく、自分で焼いて食べるタイプのお好み焼き店もある。お一人様用の席を構える店だってある。自分で焼くのって結構楽しいぞ。

そんな訳で、第2回自作お好み焼きチャレンジ開催だ…って第1回は正式名称をつけていなかったけど。

さて、前回に引き続き、今回も向かった先は徳川総本店。徳川ってのは広島県で結構幅を利かせている店だが、総本店は広島市中区胡町(えびすちょう)にあり、開店からもう50年に迫ろうとしている。

徳川と言えば広島出身者だったら知らない人は居ないだろうTVCMがある。この歌に沿って作業を進めたら、美味しいお好み焼きが出来る筈だ。それでは、デューク・エイセスの皆様、張り切ってどうぞ。

劣化してもこのアニメを使い続ける心意気が良いですなぁ。

ではでは作りましょうか。今回は前回同様、総本店限定思しきランチメニュー「えびすランチA」をば。お好み焼きは豚肉とエビとイカ…グランドメニューで言えば、14代将軍家茂公(税抜1,170円)ですなぁ。

自ら火加減を調節し、ヘラで返すのに悪戦苦闘しながら、何とかそれらしく出来上がったぞ。前回より上手くいった気がする。

ソースと青海苔もしっかり使って出来上がり。普段のオイラはお好み焼きに鰹節を乗せることは無いのだが、どうぞ使ってくださいと言わんばかりに用意されていたので、遠慮なく使わせていただいた。

やっぱりね、自分で作るってだけでも美味しさ数倍増しなんだよなぁ。でも、素材も機材も良いものを使っているから、家庭でこの感じを出すのは難しい気がする。この店だから出来る贅沢かな。

「お好み焼き = 粉もん」と言われるものの、こちらのお好み焼きは粉が非常に少ない印象。山芋も使っていない。なのに、あの厚みのお好み焼きが出来る。卵が2個入るのも功を奏しているのかな?

第2回も盛大に開催出来てよかった。

さて、今回のセットには、サラダとアイスが付いてくる。サラダはツナ…ツナ好きのオイラとしては非常に嬉しい。

食後のアイス。チョコレートソースを外してもらった。このセットの品をグランドメニューで注文したら1,500円を軽く超えると思うのだが、ランチセットだと1,080円(税抜)でいただける。

満足度が非常に高いランチですなぁ。

徳川は全店でdポイントが使えるそうだが、まさか、徳川デザインのdポイントカードがあるとは思わなんだ。dポイントカードを持っていないので貰ってきたのだが、はてさて使う機会はあるのかしら?

登録しなくても旅の記念になるか。

さて、今回の旅のエピソード…あれこれ綴りたいことはあるのだが、間違いなく越年しそうだなぁ。連続モノにはならないにしても、機を見て綴ることにしよう。2018年も残りわずかだなぁ。