宮島に行きたいだって? ならばフェリーから検討材料にすべきだよ

宮島に行きたいだって? ならばフェリーから検討材料にすべきだよ

広島県には2つの世界遺産があるぞ。

そのうちの1つが、廿日市市(はつかいちし)宮島にある厳島神社(いつくしまじんじゃ)だ。良い佇まいですなぁ。この神社のおみくじに「平」があることは当ブログでも綴った通りだ。

そんな厳島神社がある宮島には、フェリーで渡るのが一般的だ。宮島松大汽船(以下: 松大汽船)と、JR西日本宮島フェリー(以下: JRフェリー)が、宮島と宮島口を往復するフェリーを運行している。

運行便数や料金、乗船時間などに大きな違いは無いが、どういった目的で楽しみたいかによって、どちらに乗船するべきかが変わってくるのだ。意外と知られていない…ゃ、オイラも驚いたその違いに触れてみよう。

さて、厳島神社の大鳥居を間近に見たい方は、JRフェリーを選ぶべきである。宮島口を9時10分から16時10分までに出船する便は、大鳥居に接近する「大鳥居便」として運行されている。

大鳥居が眼前に迫るとあって、天気の良い日だと記念撮影に持って来いだろう。大鳥居の後ろには厳島神社も入るという構図だ。尚、宮島から向かう便は大鳥居に迫るルートでないことに注意しよう。

一方、景色も良いけど食べ歩きもしたいわぁと仰る方は、松大汽船を選ぶ方が良いだろう。こちらでは年末年始を除いて「ワンコインでお得! お買い物券付き往復チケット」を販売している。

先日の帰省では、オイラもこのチケットを使って宮島入りを果たした。元々の片道運賃は大人180円(往復なら360円か)。それをちょっと奮発してワンコイン(500円)支払うと、こうなるのですよ。

島内にある紅葉堂鳥居屋やまだ屋のいずれかで使えるチケットとしての機能が加わるのだ。チケットから往復運賃を引いた額は140円。しかし、ここでの特典は180〜200円相当…ちょいとお得なのだ。

今回オイラは、鳥居屋の「もみじクロワッサン(もみクロ)」(200円)を貰ったぞ。パリパリとしたクロワッサン生地が美味しいのなんの。写真は「クリーム」だが、刻んだリンゴが入った「アップル」もオススメだ。

紅葉堂の揚げもみじ(180円)も人気があるよなぁ。行列が出来ることも多いので、時間に余裕をもって行くと良いだろう。やまだ屋では種類を問わずで200円分のチケットとなるので、あれこれ買いたい方にオススメだ。

楽しみ方に応じて、フェリー選びが変わるってもんだ。

さて、今回オイラが宮島入りしたのには理由がある。残念ながら厳島神社で平おみくじを引くことは無かったが、ここならではの体験が出来るとあって、気合十分だったのですよ。

その模様については次回のブログで綴っていくことにしよう。しかし、あれは今思い出しても凄まじいものがあったなぁ。