【キャリカレアンバサダーの手相鑑定】15. 一芸に生きるか、それとも(終)

【キャリカレアンバサダーの手相鑑定】15. 一芸に生きるか、それとも(終)

遂に修了証も届いた。

キャリアカレッジジャパン(以下: キャリカレ)の「手相リーディングマスター養成講座」もお陰様で修了となった。まだ自信を持って「オイラは手相リーディングマスターだ」とは言えないが、1つの節目を迎えられた。

キャリカレには最長700日間の学習サポートがあるので、これから実践(実占)していく中で出てきた疑問を直接問うことが出来る。修了後も気にかけてもらえるのはありがたいものだ。

その昔、オイラは複数の方から「手相占いが出来るようになった方が良いぞ」といったことを言われていた。言われた時期は近いものの、言われた場所は全く異なっていた。

ただ、助言で共通していたのは「(オイラが本来やりたいことと)兼業みたいにしてやるべきだ」というものだった。手相占い1本でやっていくというものでは無かったのだ。

そう言えば、あの方たちもそうだ。

今や「手相占い芸人」の地位を確固たるものにした島田秀平さん。「手相占い」が出来る「ピン芸人」というのもあるのだが、夏になると「怪談」でも人気を集めている。

また、島田さんに手相占いを伝授した「原宿の母」こと菅野鈴子(すがの すずこ)さんも、手相占いだけで活躍している訳ではない。「占星術」や「タロット占い」も行い、「催眠療法」なども習得されている。

更に、今回の講座を監修された綾部匠子(あやべ しょうこ)さんも、手相占いをする一方で「漫画家」という一面を持つ。キャリカレのテキストには、綾部さんの筆による可愛らしいイラストが盛り込まれている。

なるほど、手相占い1本では無いんだなぁ。

何においても、その道一筋でやっていくことも格好良いと思う。しかし、複数のものを組み合わせてやっていくことも強みになるだろう。

親和性の高いものであれば、上手く融合させられるだろうし、意外性のあるものと組み合わせれば、インパクトも大きくなるだろう。勿論、それぞれの芸や技に磨きがかかっているという前提はあるのだが。

オイラはね…そうだなぁ。キャリカレで学んだもので言えば「タロット占い」や心理学系の学びあたりは親和性が高く、上手く融合出来るかも知れないなぁ。はて、ちゃんと活かすことが出来るかな?

いずれにせよ、実践が無ければ先には進まない。今後、様々な「手」をお借りしつつ、胸を張って「オイラは手相リーディングマスターだ」と言えるようになっていこう。

それに伴い、手相占いと合わせたいスキルに磨きをかけていこう。勿論、オイラ自身の磨きもね。既に学んだことや経験したこともだし、新たな学びも取り入れながら。

<【キャリカレアンバサダーの手相鑑定】シリーズ(手相編) ひとまずおしまい>

お知らせ

◉ 即戦力として活躍したい
◉ 趣味を仕事にしたい
◉ 個性的な生き方を楽しみたい …など

キャリアカレッジジャパンには「なりたい」に一層近づけられる講座が充実。『にゃんこの暮らしの手帖』をご覧の皆様限定「割引クーポンコード」で、オトクに学びのスタートをゼヒっ!!

クーポンコード: ambpevHw

※ コードの使い方はこちらのページをチェック
※ 一部対象外の講座があります。また、割引額は講座によって変わります。

PAGE TOP