グレーゾーン無きグレイヘアで人生を謳歌するってイイんじゃないの?

グレーゾーン無きグレイヘアで人生を謳歌するってイイんじゃないの?

「物は言い様」…とも言われるが。

ここ最近「グレイヘア」という言葉を耳にする機会が多く、TVや雑誌などでも特集が組まれることがある。元フジテレビアナウンサーの近藤サトさんは、その先頭に立っているというイメージだ。

「グレイヘア」…旧来の言い方だと「白髪頭」ってことになるだろうけど、言い方ひとつで印象が随分と違うもんだ。英語だからでしょ?と言われそうだけど「シルバーヘア」でもまた違う訳でね。

上手いこと名付けたもんだよ。

その昔、オイラの母親は「あー、頭が痒い…白髪だ」と言って、痒いているポイントを見てみると、確かに白髪が数本見られたりした。白髪に対して憎ささえ感じていて、頻繁に白髪を抜いていた。

「50歳になったら毛染めをする」…そう言っていた年齢でこの世を去った。

今やオイラも四十路となったので、白髪もそれ相応に伸びているし、数も増えてきている。つい抜いてしまうこともあるが、50歳まで待つかどうかは分からないと思っていた。

先日行った美容院では「極端に白髪が多い訳では無いから、ヘアマニキュアでも良いと思いますよ」と言われた。はて、実際に試すことになるのやら?

しかし、グレイヘアの特集を見ていると、白髪の伸び具合がまとまってあるのなら、染める必要も無いのかな?とも思えてくる。格好良いヘアスタイルも紹介されていたからね。

オイラが思うに、長めのショートでグレイヘアってのは結構格好良いんだよなぁ。それがひとつ「髪の切り時」にもなるんだろうなぁ。

実際にグレイヘアを選択された方は「白髪を育てる」「早く白髪よ伸びろ」などとお考えのようだ。ロングヘアだと全体がそうなるまでに時間がかかるだろうけど、ショートならそれも短縮されるだろうね。

頭が痒いという問題は何とかなるのかな!?

将来的に綺麗なグレイヘア姿となるかどうかは、なってみないことには分からない。もし「なる」と分かっていれば、ついつい抜いてしまうという悪癖は無くなるんだろうなぁ。

グレイヘアに寛容な社会になっていけば、迷いは無いだろう。

気をつけたいのは、グレイヘアが華やかに見えるよう、心身に疲れを見せないことだろうね。疲れが原因で顔がやつれていたり、よどんでいたりすると、残念度が高まるだろうからね。

何れにせよ、グレイヘアを楽しむってことは、心身ともに余裕を持つことでもあるのだろう。そういう大人は素敵でもあるよなぁ。

PAGE TOP