メイベリン「ラッシュニスタオイリシャス」でファサ〜なまつ毛を狙ってみた

メイベリン「ラッシュニスタオイリシャス」でファサ〜なまつ毛を狙ってみた

大撮影会から幾らか経った

…と言うことは、大反省会からも幾らか経った訳だ。まぁ、反省会は今も何かの拍子で開催しているんだけどね。「反省材料」として大きなウエイトを占めているのが「化粧(メイク)」だったりする。

一時期は割としっかりやっていたんだけど、度重なるトラブルから最小限になっていった。そんな中でオイラなりにガッツリとキメたつもりでも、写真では見事にアラが見透かされる訳でして。

やっぱり多少なりとも気をつけないといかんのね。プロじゃなくとも、写真に収まる可能性って今の御時世多いからね。じゃあ、ちょっとずつアイテムを足していくか。

まずオイラが目をつけたのが「マスカラ」だ。オイラはありがたいことに地まつ毛(って言うのか?)が長くて量が多い方。メガネやサングラスのレンズに毛先が当たるという悩みさえある。

ところが、過信して何もなしで写真に収まると、これがビックリするくらいショボい目元になることが分かった。アイライナーはまだ恐怖心があるので、まずはマスカラから慣らしていこう。

撮影以降、ドラッグストアやバラエティショップに寄る度に、テスターであれこれ試してみた。その結果、今回はこちらの商品をお買い上げ。

メイベリンニューヨークの「ラッシュニスタオイリシャス(Lashionista Oilicious)」…全2色ある内の「02 ブラウンブラック」をチョイス。

「オイリシャス」とある通り、まつ毛を保護するオイルに力を入れた商品。オイルと聞くと「重いのでは?」「乾きが悪そう」などと考えがちだけど、そこはちゃんと考えて作られておるぞ。

インパクトの強いパッケージって、メイベリンならではだよなぁ。

ブラシはこんな感じ。写真では黒く見えるが、実際には「ブラウンブラック」とあるので、ブラウン要素が強いものとなっている。オイラの目の色を考えると、丁度良い色合いだ。

購入の決め手になったのは、ダマになりにくいところと、塗ってみて重さやゴロつきを感じなかったところにある。適度に長さとボリュームが増すので「如何にも感」は無いだろう。

ウォータープルーフとは謳っていないものの、色持ちが良い。落とす時はお湯でも十分イケるので、専用リムーバー要らず。お値段がちょっと張る気もするが、後悔は殆ど無い品だと思われる。

留さんが持ってもカッコいい…留さんにマスカラは要らない気もするが。

テスターでは「01 ブラック」も使ってみた。こちらは存在感のある目になるね。「目ヂカラが増す」と言えば良いのか。好みに合わせで選ぶと良いでしょうなぁ。

メイベリンの多くの品がMade in China(中国製)で、今回の品もそう…「国産命」の方には選択肢にならないかも知れないが、BBクリームの時同様に品質が劣るとは思わないね。

他にも使ってみたい品があるので、次回も継続してこの商品を使うかどうかは分からないが、特に悪いと思う要素が無いので、どこかのタイミングでこの商品を再び使う可能性は高いだろう。

さて、大反省会から化粧品をちょっとずつ足していくことになった…今後、不定期ながらも、そういったお話を綴る機会が増えるだろう。まぁ「コスメブログ」になることは無いけど。

この出費を痛いと思ってはならないんだろうねぇ。

PAGE TOP