このご時世、パソコンの接続で「詰む」って余程のことだよって話

このご時世、パソコンの接続で「詰む」って余程のことだよって話

♪ 育ってきた環境が違うから〜 出来不出来は否めない〜

…まぁ、実際そうなんだろうとは思うよ。でもね、ある程度は出来て欲しいものってあるじゃないですか。先日…と言うか、ここのところずっと、そういう案件で翻弄されっぱなしなのよね。

新しいパソコンを買うだけで、ここまでなるものかしら。

先日、相方さんの仕事場で使っているパソコンを買い換えることになった。今回はいわゆるBTOパソコンで、以前から欲しがっていたオフィス向けの複合機もセットで買えるものとなっていた。

何とか構成を整えて、完成した商品が来た。

すると、相方さんの「心変わり」が発動し、今回届いたパソコン本体は自宅で使いたいと言い出した。代わりに自宅で使っている本体を仕事場に持っていくとも。複合機は従来通り、仕事場で使うという発想だ。

仕事場 → 自宅で使っていたパソコン(Windows8.1)と新しいオフィス向け複合機
自宅 → 新しく買ったパソコン(Windows10)と自宅の家庭用複合機

…はいはい、ご自由にどうぞ。

ここまでの話で多くの方は、何か小難しい作業が待っているとは思わないだろう。単純に機械を入れ替えれば良いだけのことだから。しかし、一式を持っていったその日、相方さんが戻るなりひと言、

「あー、ダメだ、分からん!!」

聞けば「線をつないだのは良いが、インターネットに全くつながらない」と言う…普通、取扱説明書の指示通りに線をつないで必要な設定をすれば、インターネットにつながるぞ。何故、詰んだ?

「悪いけど、仕事場で見て貰えん?」

オイラの「何故」には答えて貰えず…はぁ。あの仕事場ホントに嫌いなんだけどな。翌日、オイラが出動することとなった…仕方なく、やむを得ず、イヤイヤ、無理からに…うん、そうとしか言えぬ状態。

で、一先ず相方さんのパソコンを立ち上げて、エラーメッセージを確認。暫く配線を見渡していたら、通常ではあり得ないような原因を突き止めた。

LANケーブルとモジュラーケーブルの挿し間違い!!

やー、ビックリした。いわゆる「モデム」と「パソコン本体」がモジュラーケーブルでつながっていたのよね。絶対にあり得ないわ、これ。他にも配線がゴッチャになっており、そりゃエラーも吐きますよ…ってことだわ。

尚「モジュラーケーブル」とは

「電話線」

のことだからね…ジャックが似ているとは言え酷いミスだ。結局、配線をやり直し。複合機との接続や手元にあるソフトのインストールなども含め、2時間弱で作業が完結した。

相方さんは配線のところで詰んで、居残りもして6時間位は悪戦苦闘していたらしい。機械への弱さと共に「思い込み」も災いした訳だ。取扱説明書の読解力も殆ど無いのだろう。

思い起こせば、オイラはTVやオーディオなどの配線作業を10代の頃からやっていたもんなぁ。かつて父親にTVを買って貰った際「配線はお前で出来るよな?」って言われて「うん」と返し、難なくクリアしたこともあった。

相方さんはTVの配線も出来ないと思われる。必要なケーブルを知らないようだったし。代金だけ貰って必要なケーブルを買い足して、オイラが配線を全取っ替えしたこともある。

それ位は出来て欲しいんだけどな。

取り敢えず、相方さんの仕事場のパソコン環境はどうにかなった。これで一件落着…と思いきや、自宅で恐ろしい罠が待ち構えていた。ホント、死ぬかと思うような事態に発展しており…これについては次回のブログにだな。

PAGE TOP