【キャリカレアンバサダーの手相鑑定】10. テキストだけで満足させない姿勢

【キャリカレアンバサダーの手相鑑定】10. テキストだけで満足させない姿勢

教材が来る → そこにある課題に挑む → 添削・試験を受ける

…で終わりにしないのが、キャリアカレッジジャパン(以下: キャリカレ)の良いところのひとつだろう。現在「手相リーディングマスター養成講座」を受講しているのだが、ここでも手厚いフォローが見られるぞ。

3冊あるテキストの学習を終え、最終試験も提出済。結果が戻ってくるのは早くて2018年10月末だろうと見ている。これで合格となれば、標準学習期間通りに進んだと言えるだろう。

で、実のところ、最終試験に入るまでに提出すべき課題は9月下旬で完了していた。最終試験は10月中旬になって実施。その間は復習に充てていた。

復習をする際、手元にあるテキストや、自らの手で記録したもの(今回の講座では「キャリカレノート」)を見返すというのが基本だろう。でも、それで終わりにしないのが「キャリカレ」なのだ。

今回の手相リーディングマスターの講座では添削課題を3回提出するのだが、3回目の添削が完了したと報告のメールがあってから程なくしたところで、新たなメールが届いた。

そこには「復習サポート(Web復習問題集)」とあった。

Web上で挑む復習用の問題集は、テキストの掲載内容を割とランダムに出題するものだ。復習問題集はメール1回につき5問。3回届いたので、全部で15問解くことになる。それとは別に、コラムを掲載したメールも届いている。

キャリカレは親身だ、ホント。

この復習問題集が中々に良く出来たものでして、正答率や達成度(定着度とも言えるか)が目に見えて分かる。しかも、たとえ1発で満点を獲得しても、何度か解いて100%となる仕組みだ。

そもそも今回の講座自体、通常の練習問題もテキストと切り離してWeb上で行うものだった。テキストと切り離すことで、テキスト一辺倒にしないというメリットがある。

そこに持ってきてのWeb復習問題集だ。学習の定着を図るだけでなく、最終試験の際に「飲まれない」状態に持っていく手助けとなってくれるだろう。

そして、キャリカレはニクいね…と思ったのは、今回のWeb復習問題集が「恐らく受講生が解き終わるだろうタイミング」で2回目、3回目と届く仕組みになっていることだ。

これを受講生ひとりひとりに送るとなると…自動では難しいだろうなぁ。担当スタッフが手動で根気よく送っていると考えると、そりゃあ想いを無下には出来ないでしょ?ってなるよ。

お陰で最終試験も飲まれずに済んだ…あとは結果を待つのみ。恐らく次回(2018年10月25日)での結果報告は難しいと思うので、それまでは講座を受け終えて改めて考えさせられた「手相にまつわるお話」など綴っていこう。

お知らせ

◉ 手に職をつけて独立したい
◉ 好きなことをもっと伸ばしたい
◉ 学んだことで誰かを喜ばせたい …など

キャリアカレッジジャパンには「なりたい」に一層近づけられる講座が充実。『にゃんこの暮らしの手帖』をご覧の皆様限定「割引クーポンコード」で、オトクに学びのスタートをゼヒっ!!

クーポンコード: ambpevHw

※ コードの使い方はこちらのページをチェック
※ 一部対象外の講座があります。また、割引額は講座によって変わります。

PAGE TOP