予測不能な大撮影会の大反省会、絶賛開催中 〜後編〜

予測不能な大撮影会の大反省会、絶賛開催中 〜後編〜

そう言えば近々、法事があるんだった

…という訳で、撮影用に塗っていたオレンジのネイルカラーを外す時が来た。ネイルリムーバー(除光液)を使うのも久しぶり。写真はDAISO(ダイソー)の品で、甘めの香料のお陰で鼻にツンと来ない。

同じくDAISOで買った「エスポルール ネイルポリッシュ」…手は4日塗ったままにして、爪の先あたりの色が1mmほど欠けた位でとどまった。足は5日塗っていて、全く欠けが見られなかったぞ。

リムーバーで引っ剥がす。色が濃くて2度塗りしている分、落とし切るのに時間がかかったぞ。ネイルカラーやリムーバーのせいで爪が傷んだという印象は受けない。えぇじゃないか。

しかし、ここでも始まったぞ、写真撮影の大反省会が。

今回は接触事故の影響もあって、オレンジのハッキリした色のネイルカラーで撮影に挑んだ訳だが、化粧もそれなりに派手だったか?と言うと、そうでも無かったのよね。

化粧ね…過去に痛い目に遭ったことから、常に控え目なのよね。日常生活ではBBクリームとアイブロウでおしまいってことも多い。撮影前は肌荒れや疲れを見せない策を優先させた。

運良く使用タイミングに合う形で手に入ったFLOWFUSHI(フローフシ)の「SAISEIシートマスク」8枚組…撮影前日に最後の1枚を使ったぞ。それぞれ良い品だったが、意外にも「目もと用」が1番バシッと来たね。

お陰で肌荒れや疲れは肌そのものからは見られなかった。ただ、髪型の悪さや写真の加工方法によって、結構なアラが見られたのだ。これをカバーするには化粧が大事なんだけど…とカメラマンの声。

特にモノクロ写真だと「アラ」というもののが目立つようで、厚化粧を推奨するまでに無いにせよ、ある程度の色のコントラストだったり、カバーだったりが必要だと言うのだ。

確かにこれも実際の写真を見たらよく分かるわ。事実、ハッキリとした色が乗った手に関しては特に何も言われなかった。色自体がおかしいという話も無かったほど。

色のコントラスト…撮影前日に購入した「エスポルール リップティント」(スウィートオレンジ)の濃さでは足りなかったか。これで荒れることは無かったし、落ちにくさや色持ちは良かったものの。

ファンデーションとして使ったメイベリンのBBクリームも、日常生活においては十分なカバー力を持つんだけど、プロがスタジオで撮影するのには物足りないようだ。

「それ用のメイク」ってあるんだねぇ。

しかし、だよ。じゃあ「それ用のメイク」って考えた時、どんなアイテムを使うのが良いんだろう?…結構お値の張るものになるのかね!? 余りゴテゴテ持ちたい性分でも無いからなぁ。

これはすぐに解決しないかも。どなたかにご指導いただきたい位。

そんなことを考えながら、ネイルカラーを落としていったオイラ。素の状態に戻ったことで、脳内であれこれ意見が飛び交った。

プロによる写真撮影は当面無いとは言え、日常生活で写真を撮る/撮られる機会があったとして「いつでも来い」という体制が欲しいとも思っている。やっぱり、経験してから学ぶことは多いよなぁ。

とは言え、今回の撮影は非常に有意義で、良い機会だったことには間違いない。写真自体も結構気に入っている。携わってくださった皆様に感謝。なので、次回は今回を上回るものにしたいよなぁ。

PAGE TOP