隅には置けない炭の力でオイラはちったぁ調子が上がるかね?

隅には置けない炭の力でオイラはちったぁ調子が上がるかね?

入れることと出すこと…かぁ。

ひとつ申し上げておくと、オイラはこんなガッツリな運動をすることは無い。バランスボール持っていないし。ただ、写真撮影にあたっては、多少なりとも「みっともない」状態を打破しなければと思っていた。

2018年5月の相方さんの撮影時に、秋頃にオイラもゼヒっ…と申し出ていたものでね。言ったからには何らかのアクションも必要ってことになった。

そんな中で「食べる炭(食用炭)」の話を聞いた。ここに来て、炭によるデトックス(チャコールクレンズ)も話題になっているなぁ。食用炭はオイラも口にしたことがあったので、特に抵抗なく話を見聞きできた。

そうだなぁ…オイラもこれが必要だろうなぁ。

そんな訳で買ってみた。「活性炭が良い」だ「赤松炭が良い」だと見聞きしたが、まずは手に入れやすいものから始めることに。こちらは「樫(カシ)」を炭にしたもの。

こちらは「竹」を炭にしたもの。どちらも楽天市場に出店している店で購入。それぞれ送料を合わせると1,000円ちょっとになるか。どちらも100g入り。1袋で大体1ヶ月強は持つね。

オイラはこれを1〜2gほどお茶に入れて1日2回飲んでいた。見た目はアレだけど、味は殆ど変わらない。デトックス効果を考えて、午前9時台と午後15時台が基本。

お陰で「おやつ」の摂取が激減したね。そりゃそうだ、デトックス効果を期待するならば、食べている場合じゃないもんね。樫も竹も粉状になっているとは言え、噛むとジャリジャリ音がする。

初日で感じた効果としては、御手洗に行った際にニオイを感じなかったということ。そういうものをしっかり吸着しているってことだろうなぁ。その点だけでもありがたく感じるぞ。

よく言われる便秘解消効果だが、残念ながらオイラには今も感じられない。ただ、体重や体脂肪率の上昇が摂取前よりも抑えられている。継続する価値はありそうだわな。

個人的には「樫」の方が気に入っている。値段がお安く、粉が比較的細かいからね。栄養価もこちらの方が良いらしい。ただ、竹が悪いってことは無く、慣れを避けるために交互に利用している。

割と良い習慣になりそうだ。

炭なので器や皮膚が黒く汚れやすいという面もあるが、それが取れないということは無いし、仮に口に残った状態で歯を磨けば、それが良い感じに他の汚れを落としてくれるという利点もある。

総合的に見て、良いんじゃなの?という評価だ。

そんなこんなの準備があって、いよいよ撮影当日を迎えた。接触事故もあってコンディションは万全という訳でも無いだろうけど、大丈夫という状態には持っていけたと思う。

はぁ、そうは言っても緊張するなぁ。どんな1日になるのやら。

PAGE TOP