SALONIAストレートアイロンで色々とひん曲がったものを伸ばしたいのだが

SALONIAストレートアイロンで色々とひん曲がったものを伸ばしたいのだが

このままではマズかったってことよ。

2017年12月にヘアドネーションをして以降、特に何をするでもなく伸ばしっぱなしにしていたオイラの髪。写真撮影も近づいたということで、ある程度は長さを揃えることとなった。

3年ぶりに寄った美容院の美容師さんは、オイラのことを覚えくれていた。余程、強烈な客だったのかも知れんなぁ。色々と話が弾みつつ、明るく迎え入れていただき感謝感謝。

ただ、いつの間にか、カット料金が1,000円近く値上がりしていたのには青ざめたが。

いずれにせよ、良い感じで仕上げていただいた。その際、ヘアアイロンでオイラの髪は真っ直ぐに。うん、ストレートパーマを注文していないんだがね。まぁ、パーマも注文していないからヨシとするか。

で、美容師さんからひと言。

「ヘアアイロンは絶対に買ってください!!」

まぁ、そこで販売されている訳では無いにせよ、強気に出ましたなぁ。ヘアアイロンか…オイラは昔、カールアイロンを持っていたけど、ウッカリ額に火傷をしたこと数知れず。

そういうのを思い出すと、そんなスンナリとは買えないでしょ。

でも買ったよ、それも撮影前日に。理由はただ1つ。美容院に行った翌日以降の髪が惨状だったから。色々と調べる中で、SALONIA(サロニア)のヘアアイロンが高機能でリーズナブルとあり、それで妥結した。

今回は「ダブルイオンストレートアイロン」をお買い上げ。Amazonや楽天市場を使うと多少のお値引きがあるようだが、基本的には定価販売。それでも2,980円(税抜)だから「お値打ち」と言えよう。

写真のように本体がブラックの品は、プレートがチタニウムコーティングとなっている(それ以外だとセラミックらしい)。熱伝導と滑りが良いので、短時間で綺麗に仕上がると言うのだ。

最高温度は230℃…実際の使用は180℃にとどめているが、180℃までしか上がらないヘアアイロンだと当てる時間が長くなって、髪を傷めやすいと言う。適切な高温でサッと仕上げるのが良いそうな。

で、これを撮影当日の朝に使った。髪のブロッキングはガッツリでも無かったが、アイロンを当て始めるとオイラでもビックリするほど上手くいったのだ。変に力を加える必要も無かったね。

これはオイラもビックリと言うか感動モノだったなぁ。

ひと通りアイロンをかけて確認すると、若干うねりが出た箇所があった。ただ、その修正もあっさり片付いて、ものの10分ほどで無事完了。火傷もしなかったし、指通りも良くなって良かった良かった。

こうして、美容院で仕上げてもらった状態をほぼ再現することに成功した…が、いざ撮影となると、これがちょいと引っかかる事態に見舞われたのだ。このことについては改めて綴ることにしよう。

爪は何とかなった。髪も何とかなった。しかし、他にも何とかしないといけないことはたくさんあった。中には2018年6月から取り掛かったものもあった。さて、これまた上手く行くのかね?

やってみないことには分からんわなぁ。

PAGE TOP