交番にやって来た…相方よ、何か言うことがあるんじゃないの?

逆走自転車との接触事故に遭った日。

事故から数時間遅れとなったが、オイラは相方さんに付き添ってもらう形で交番に行った。事故の報告を行い、事故証明の手続きについて聞いてきた。手続きについては所轄の警察署と電話でやり取りもした。

幸いにも、交番・警察署の警官さんは非常に良い方だった。なので、悪い印象は持っていない。交番の警官さんは聞き取りを十分に行ったら、迅速に警察署に連絡を入れていたもんなぁ。

数時間遅れで報告して悪いなぁと思いつつ、警官同士の電話でのやり取りを待っていた。その時ふと思い出した。オイラよりも対応が遅い相方さんのあの1件を。

実は相方さん、1ヶ月以上前に自身の名刺入れを紛失していたのだ。オイラに紛失を報告したのがその5日後、当然ながらにオイラはブチギレた。

それもその筈、オイラがJOGGOでオーダーしてプレゼントした格好になったものだからだ。失くされるのもだが、それを5日経って報告するって…癇に障ることこの上ない。

こういうデザインのね。

で、こういう報告をオイラにするでしょ。オイラは当然ながらに警察なり紛失したと思われる場所なりに連絡を入れろと言うじゃないですか。それを見事に放置するのも相方さんの得意技だったりする。

結局、紛失したと思われる場所に連絡を入れたのはそれから3週間後で、警察には全く連絡をしていないと言う…その頃になると、何月何日に落としたかを忘れるという事態に。

オイラは覚えておりましたけどね。

で、今回の交番行きでしょ…そりゃ絶好の報告の機会じゃないですか、と。なので、オイラはこの場で紛失届を出しなさいと伝えた。警官さんからオイラに電話を代わった間に、相方さんはようやく届け出たという訳だ。

オイラを超えるトロさだこと。

オイラの対応が終わった後、相方さんの紛失届に付き合うことに。いつ、どこで、何を…が曖昧になっている相方さんに代わって、オイラが警官さんに伝えたものも幾つか…嗚呼、情けなや。

「やっと(届を出す)時間が取れて良かったです。助かりました」

ここまで本当に時間が取れなかったのか?と思うくらいの遅さにオイラも苦笑い…と言うか若干引きつっていたな。中には結構重要なものもあったのにな…って、その再発行手続きは本日(2018年10月7日)になっても行われず。

そりゃ、オイラの手相も悪くなる訳だ。

心優しい警官さんのお陰で届も受理された。ただ、鈍くさい2人って思われているだろうなぁ。ともあれ、ひとつ肩の荷が下りたわぃ。

その後、オイラの事故証明書発行手続きは無事に終了。書面が届くのを待つところだ。一方、相方さんの名刺入れが無事に見つかるかは謎ですなぁ。悪い意味で警察の世話になる事態が増えないことを願うばかり。

LINEで送る
Pocket