オイラのデジカメが大ピンチ!! その次ってのがこれまたねぇ

オイラのデジカメが大ピンチ!! その次ってのがこれまたねぇ

「餅は餅屋」って言うじゃないですか。

どんなにスマートフォンが普及しても、どんなにスマートフォンのカメラの性能が上がったとしても、デジタルカメラは手放せない。一眼レフやミラーレスみたいに気張るアレでは無いけどね。

専ら「コンパクトデジタルカメラ(以下: コンデジ)」を使っている。今でも、オイラが撮影して当ブログに掲載する写真の殆どがコンデジによるもの。それ故に、コンデジの衰退は非常に痛いのだ。

最も好きだったパナソニックは早々に撤退。第2候補にしていたカシオも2018年に撤退してしまった。ニコンやオリンパスも生産拠点や規模を縮小したもんなぁ。

全体的に見て、家電量販店だけでなく、インターネット上でもコンデジの数が激減している。現在使っているソニーのサイバーショットも実は不安定な状態なのだ。

そんな訳で手元のコンデジを騙し騙し使いつつ、新たなコンデジも検討しつつ…ということになっている。歴代使ってきたコンデジよりも衰えが早いのだが。

そうこうしていると、先日、遂にヤバい事態に陥った。

いつものように、SDカードをセットし、電源を入れて撮影を…と思ったら「このカードはフォーマットが必要です」といったアナウンスが画面上に出てきた。普段使っているカードなのに、何故にフォーマットを!?

釈然としないので、電源を切り、いったんSDカードを取り出してセットし直すと、今度は「このカードは有効ではありません」といったアナウンスが出てきた。いつも使っているカードやっちゅうのに。

正にそう。「どうよ」としか言えんわな。その後、電源を切ったり、SDカードの抜き差しをしたりして様子を見たが、「フォーマット」だ「有効ではない」だ、あー、何がおかしいんだ!?

このSDカードをオイラのノートPCに挿すと、何の問題も無く読み込むのだが…となると、おかしいのはコンデジだと断定された。SDカードを読まないとなれば、兎にも角にも不便ですなぁ。

仕方なく、緊急で次のコンデジを探すことにしたが、上述の通り、オイラに見合う機種が殆ど無く、あってもベラボウな金額が設定されているケースも見られる。何、オイラにコンデジを買わせない気か!?

参ったなぁ…と思って、小1時間ほど放置していた手元のコンデジの電源を入れると…あら、SDカードを認識した。結局、その後は謎のエラーを吐くことなく来ている…が、そう長くも無いだろうと確信した。

やっぱり新たなコンデジを早い段階で押さえておくべきだろうなぁ。ソニーは比較的、現在進行で商品が多く出ている部類だけど、手持ちの品を考えると手を出しづらい。そうなると残るメーカーって…キヤノンかな?

市場規模が縮小しているだけに、コンデジの今後も危ういよなぁ。でも、コンデジだからこその強みは当然ある訳だから、そう簡単に絶やして貰っては困りますなぁ。