【行け! キャリカレアンバサダー】6. 使えるものは有効に使っていこうぜ

【行け! キャリカレアンバサダー】6. 使えるものは有効に使っていこうぜ

時代の変化にしっかり乗っているなぁ。

現在、キャリアカレッジジャパン(以下: キャリカレ)にて「手相リーディングマスター養成講座」を受けているオイラ。標準学習期間3ヶ月の講座だが、法事による中断があったものの、概ね順調なペースで学習を進めている。

覚える項目が多いものの、そこで新たな発見があるので、学習意欲を切らさずに進められている印象だ。

さて、今回の講座では、以前のブログでご紹介した「キャリカレノート」を使っている。学校で用いられる「ワークブック」「ドリル」のようなもので、自分の言葉で整理してまとめられるのは非常に良いことだ。

オイラはこれまで、受講した多くのキャリカレの講座で「テキストの文章を声に出して読む」という学習方法を取ってきた。手相リーディングでも採用。読んだ内容の定着を図るという点でも「キャリカレノート」は有効だ。

さて、キャリカレの講座のテキストには「練習問題」が掲載されているケースが多い。これまで、キャリカレノートが無い講座は音読の流れで問いていた。今回はキャリカレノートがあるので、そこに練習問題がある

…と思いきや、

何と、今回はキャリカレ受講生専用のページに掲載されている。つまり、PCなりモバイル端末なり「インターネット」が利用出来る環境下で出題・解答という流れなのだ。

インターネットを利用していない方にとっては中々厳しいかも知れないが、利用している方から見ると、これは非常に効率的だと思えてくる。

確かにテキストやキャリカレノートに掲載されるでも良いのだが、それらと切り離したところで出題することにより、学習したことが定着しているかどうかが明確になるもんなぁ。

オイラも練習問題はテキストを見ずに挑戦している。何度でも挑戦出来るし、ランダムに出題させる機能もあるので、結構役に立っているぞ。

尚、モバイル端末…ということで付け加えると、質問の受付や動画学習もモバイル端末から行うという流れになってきている。

専用のARアプリ「eスキップ」をインストールし、コードを読み取ることで、質問を行えたり、その場で動画を見ることも出来る。モバイル端末が無い場合でも、キャリカレには対応策はあるのでご安心を。

キャリカレの様々な講座を受けてきたが、そこを通じて時代の流れというものも感じている。学びの環境というものも日々変化し、同時に進化もしているのね。

お知らせ

◉ 即戦力として活躍したい
◉ 趣味を仕事にしたい
◉ 個性的な生き方を楽しみたい …など

キャリアカレッジジャパンには「なりたい」に一層近づけられる講座が充実。『にゃんこの暮らしの手帖』をご覧の皆様限定「割引クーポンコード」で、オトクに学びのスタートをゼヒっ!!

クーポンコード: ambpevHw

※ コードの使い方はこちらのページをチェック
※ 一部対象外の講座があります。また、割引額は講座によって変わります。