8月の雨は兎にも角にも気まぐれそのものでして

8月の雨は兎にも角にも気まぐれそのものでして

天気予報、はずしたぞ。

一昨日(2018年8月23日)のこと、電車でとある街に行った。朝にふと思いついて出発を決め、昼前に家を出た。15時頃から雨の予報だったが、この時は晴れ間が結構あった。

出かけた先の天丼てんやで期間限定の「華味鳥天丼(※ 小盛・温泉玉子なし)」に同じく期間限定の「新芽生姜の天ぷら(※ 恐らく本日位で販売終了見込み)」を食した。

その後、買い物をしたり、ガチャを回したり…買った品はそんなに多くないものの、あれこれ歩き回ってもう十分だろうってことになり、家に戻ることにした。

時刻はそろそろ13時。割と晴れ間があるように感じられたものの、雲が広がり始めた。駅の屋根に差し掛かる位で2・3滴の水が首筋に当たった。にわか雨でも来ただろうか。

ひとまず電車に乗り、家から最寄りの駅まで戻ることに。窓からの景色はかなり暗い。途中の駅で電車に乗るのは、傘を持っていなくて特に濡れた様子も無い方ばかり。まだ大丈夫だろうと思ったら

土砂降り!!

…完全にしてやられた。視覚的にも聴覚的にも大雨としか言いようがない状況が電車を降りたホームで感じ取れた。参ったな…駅から家まで徒歩10分少々かかるしなぁ。雨宿りもいつまで続くか分からない。

しょうがない、傘を買うか。

この駅のすぐ目の前にはコンビニエンスストアがあり、そこでビニール傘が販売されている。しかし、オイラは元来ビニール傘が嫌いで、今回もビニール傘はご勘弁をという気分になっていた。

改札を出て、ふと思い出した。

そう言えば、今使っている傘がそろそろ御役御免の時期を迎えそうだった。しかも、駅から2・3分ほどのところに衣料品店がある。濡れるのは仕方が無いとしてダッシュで店に駆け込むことにした。

奇跡的にも信号にかかること無く、鈍足ながらもぶっ倒れること無く走りきった。店内に入って、傘を色々と見ることに。冠婚葬祭を考えてベースは黒。いくつか手に持ってみながら、しっくりくるものを買ってきた。

店員さんと「すいません、すぐに使います」「予想より早く降り出しましたからね」などと話しつつ。グラスファイバー使用の軽量傘で699円。元々、税込(内税)で販売する店なので、尚のことありがたかったな。

外に出ると、しっかり晴れ間があるように見せかけて、バラバラと雨粒の音がする。やっぱり傘が必要じゃないか。何の迷いも無く新しい傘をさして帰宅の途に。途中で買い物を出来たのも傘のお陰か。

この雨は台風20号に起因するものだったが、その後も雨風が強く、夜中はトタンや雨戸に打ち付ける音がやかましくて眠れなかった。オイラの周辺で人的物的被害は無いものの、ここまで酷くなるとは思わなんだ。

結果オーライとは言え、何か腑に落ちないところがある日だったわ。

PAGE TOP