「特定健康診査」と名前は変われど、例年通りの健診は恒例行事だな

NO IMAGE

本当は「人間ドック」がイイんだけどなぁ。

ご予算の目処が付かなかったので当面は見送り。代わりと言ってはアレだが、肝炎ウイルス検査を無事に受けられた。そうこうしていたら、自治体による「特定健康診査」の案内が来たぞ。

今までオイラは「若年層(39歳の年度まで)」ということで、希望者による健診だったが、ついに40歳の年度になったということで、当該年齢なら全員対象の健診に移行と相成った。

尚、相方さんは既に特定健康診査の対象者。仕事先でも健康診断があって既に受診済みなのだが、自治体のものとは別ということで、今回はオイラと一緒に受けることとなった。

今回受ける健診内容は下記の通り

◉ 尿検査
◉ 身長・体重・BMI・腹囲測定
◉ 血圧測定
◉ 血液検査
◉ 心電図
◉ 眼底検査(※ 同じ医院で受けるか、別の眼科医にかかるかを選択)
◉ 胸部X線検査

尿検査は医院で直接行うので、受診時に受けられる体制を整える必要がある。オイラは最初でも大丈夫だったが、相方さんは最後に回していた。

健診後の用事の関係で相方さんからスタート。身長などの測定、血圧、採血が終わったところで、今度はオイラが同じ順番で受けていった。オイラが受けるタイミングで相方さんは心電図へと。

で、身長から血圧までの検査はその場で結果が分かる。前年と比較すると、身長は0.6mm伸び、体重は0.9kg減った。BMIは0.6…だっただろうか下がって、腹囲は3cm減った。

諸々の「減り」については…今後、当ブログで真相を語ることになる…かどうかは分からないな。尚、血圧も正常値の中で若干下がり「リラックスした環境だったら収縮期(最高)血圧も100を切るのでは?」と言われた。

悪くないんだろう、きっと。

その後、採血と心電図と移っていった。オイラの心電図の測定中に、相方さんは胸部X線検査と尿検査へと。別件で視力検査を要するため、眼底検査は別の眼科医でお願いすることにしたようだ。

オイラの心電図が終わったら今度は眼底検査と胸部X線検査へ。オイラは視力検査を要する案件が無いので、この場で検査を受けることに。これはリアルタイムで画像を見ることが出来て「問題なし」とひと言。

胸部X線検査はオイラが飾りの無いTシャツ姿だったので、特に着替えをするでもなくあっさり終了。尿検査の時点で上半身の下着類を外していたし。所要20分足らずで終了となった。

オイラの検査が全部終わった時点で相方さんは待合室に。眼底検査に行く際の紹介状を用意してもらっていたようだ。紹介状を受け取った時点で、そろってお疲れ様でした、と。

オイラはここ数年、血液検査(血色素量と赤血球数)でも何とかクリア出来る位になった。今年もクリアして欲しいな。それ以外の案件でも引っ掛かり無くクリアして欲しいな。

相方さんは先の健診でも「要経過観察」案件が幾つかあったので、それの裏付けにな…ってしまっては困るだろうなぁ。それと、眼底検査など先の健診には無い項目がどう出るかだよなぁ。

結果は数日中に出るとのこと。心して結果を聞こう。

PAGE TOP