【キャリカレアンバサダーの思い出】5. オイラがオイラである根幹を見い出せ

NO IMAGE

兎に角「本気」になるための投資が始まった。

これまで、キャリアカレッジジャパン(以下: キャリカレ)で多くの講座を受けてきたが、これまで紹介した講座の殆どが「無料」で受けたものだった。キャリカレの強みを活かした…と言えるだろう。

しかし、全講座が無料になることは無い。それに、無料で受けた講座が増えるにつれ、自腹を切って受ける意義(メリット)を深く考えるようになっていった。

それこそ「オイラの人生はオイラのもの」…オイラが本当に本気になって学びたいものに十分な投資をしようと考えた。そこで白羽の矢がたったのが「メンタル総合心理W資格取得講座」である。

この講座は「W資格取得」とある通り、2つの資格取得を目指すものとなっている。「メンタル心理カウンセラー」と「上級心理カウンセラー」で、大学や大学院の心理学の学びの重要点を凝縮した講座とある。

中でも「メンタル心理カウンセラー」は1万人以上が受講し、女優の財前直見さんやフリーアナウンサーの寺田理恵子さん、元ユニコーンの向井美音里さんなど、著名人が資格取得を公表するケースもあるようだ。

余談だが、財前さんは「上級心理カウンセラー」も取得されており、他にも合わせて6講座を受講して全て資格取得済みとか。琉球新報Styleのこの記事を見ると、深い学びをされてきたことがよく分かる。

さて、「メンタル総合心理講座」…オイラも既にカラーセラピーなど「心理」を扱う仕事をしていたのだが、今一度、基本に立ち返り、抜けていた学びを進めようということで選んでみた。

そもそも「カラーセラピー」は万人受けする訳が無い。色を扱っている時点で少なくとも視覚障がい者に大きな壁を作る可能性が高いから。色だけをウリにするのは無理な話かも知れないね。

あと、オイラが本業で扱うものの殆どが「ツール」を使っていた。勿論、ツールを操ることも1つのスキルかも知れないけど、やっぱり基本は「対話力」だと思う。そして根幹は「誰にでも垣根なく」にしたいもんだ。

そうなると、今回の総合心理講座は正にそこから学べるってことだ。

テキストやDVDも分かりやすく作られており、疑問点が出た際の質問もしやすく、かつ、丁寧な回答をいただけた。無料のカウンセリング実習も実践的だった。標準学習期間は6ヶ月だそうだが、それより早く学習が終了した。

ただ、総合心理講座を受ければ、大学や大学院で心理学を学ぶ必要は無い…なんて言えないね。ここで学ぶのは、あくまで「基本の基本」だろう。ただ、心理学の入り口にするのには適していると思う。

心理学の分野は新たな研究や発表が続々とあると言われている。この総合心理講座を受けて終わりと思わない方が良い。学会に入ったり、派生するカウンセラー資格に挑戦するのもひとつ。

ただ、この総合心理講座は他の講座とのセットも展開されているので、更なる学びを考えている方は、最初からこういったセットを選ぶのも良いだろう。

さて、オイラの本業では「相手と一緒に答えを探っていく」ことに重きが置かれるが、ツールを使う場合には、カラーボトルに見られる「ぼんやり型」と、ペンジュラムに見られる「直球型」に分かれる。

色々と扱っていく中で、オイラにおいては後者の「直球型」が好まれる傾向にあり、それ故、そうしているつもりは無くても「占い」のように解釈されることもある。

「占い」かぁ…複数の方から「(占いの技術を)ぜひ習得して」と言われたことがある。オイラとしては、行政書士よりも遥かに乗り気になれるご意見だ。そんな中で、キャリカレが占いの講座を開講した…と言うのだ。

開講から程なくして、オイラも受講することにした。次回でこのシリーズも最終回。この先もきっと新たな学びはあると思うが、記事としては、ここでひと区切りとしよう。

【お知らせ】
趣味を伸ばしたり、手に職をつけたり…キャリアカレッジジャパンには楽しくて実践的な講座が充実。『にゃんこの暮らしの手帖』をご覧の皆様限定「割引クーポンコード」で、オトクに学びのスタートをゼヒっ!!

クーポンコード: ambpevHw

※ コードの使い方はこちらのページをチェック
※ 一部対象外の講座があります。また、割引額は講座によって変わります。