Soup Stock Tokyoはオイラを温かく迎え入れてくれたぞ

NO IMAGE

自主的に行くって珍しいことなのよ。

オイラはいわゆる「日本流(日本式)」のカレーを出先で食べることをしない。カレールーにインスタントコーヒーやチョコレートなどが混入している可能性があるからだ。しかし、このお店は明確に原材料を示してくれた。

だから行けたんだ、Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)へ。

とある方から同店の1,000円分のクーポンをいただき、折角の機会なので足を運んでみた。その名の通り、スープが主力商品だが、カレーも自慢の1品だとか。提供されるメニューは週替りだ。

2018年7月27日(金)までは”Curry Stock Tokyo”と題して、毎週2種類(期間中全12種類)のカレーを週替りで提供している。写真にある「冷たいカレー」など、期間限定のカレーも登場している。

今回は「カレーとスープのセット」をば。カレーは「ココナッツの冷たいカレー」、スープは「えんどう豆と豆乳の冷たいグリーンポタージュ」(Sサイズ)、ドリンクは「ミントソーダ」を選択。

通常のセットは1,180円(税込: 以下同)だが、カレーやドリンクの種類によって、若干の変動が出る。今回のセットでは1,360円だった。一見少なそうに見えるが、意外とボリュームがあったぞ。

野菜やハーブをふんだんに使ったカレーは、冷たいので最初は口当たりが良いのだが、次第にカレーらしい刺激がやってくる。ただ、決して嫌味ではない。サイトにあった「サラダ感覚のカレー」とはよく言ったものだ。

ご飯はゴマ入りの白米か玄米を選べる。オイラは玄米で。サラサラと流し込みたくなるカレーも、しっかり噛んで食べられるぞ。材料にカフェイン要素が無かったので、食後も含めて安心感があった。

ポタージュはえんどう豆の香りと味がガツン!とくる。ただ、豆乳は言われなければ気づかない…まぁ、豆と豆だもんなぁ。ポタージュにしてはサラッとした口当たり。カレーの辛さを思うと、丁度良かったなぁ。

ミントソーダはミントを潰しながらいただく。鼻にスッと抜ける香りが良いですなぁ。思ったよりも甘かったか。本来ならカレーに使うべきカットレモンをソーダに入れたところ、尚サッパリして良かったぞ。

そんな訳で、Soup Stock Tokyoデビューは満足度の高いものとなった。

この日のもう1つのカレーは「茄子と鶏肉のスパイシーカレー」だったそうだが、また聞きする限りでは「結構辛い」とのこと。ただ、この商品もカフェイン要素が無いことが明確だった。

今回寄った店では客層が様々で、正午頃となると行列が出来ていた。カウンター席が多いので、お一人様でも入りやすい。ちょっと金額が張るかも知れないが、再訪は十分にあり得るぞ。