【キャリカレアンバサダーの思い出】2. まずは自分の心の痛みを知れ

NO IMAGE

「私に限って…」は無いんだよなぁ。

キャリアカレッジジャパン(以下: キャリカレ)のカラーコーディネーターW資格取得講座受講後、AFT色彩検定2級に合格したのを受け、「メンタルヘルス・マネジメント®検定Ⅱ・Ⅲ種合格指導講座」を受講することにした。

この検定で言うⅡ種は「ラインケア(中間管理職による部下に対してのケア)」で、Ⅲ種は「セルフケア(自身のケア)」だ。本講座には含まれないが、検定にはⅠ種「マスターケア(経営者による部下全体のケア)」もある。

今では国を挙げて「メンタルヘルス」に関する施策があれこれ言われるようになったが、受講した当時は余り馴染みの無いものだったかも知れない。

また、シリーズの前回で綴った通り、オイラは商工会議所主催の検定とは相性が悪かった。この資格は大阪商工会議所が主催するものだったしね。

それでも受講しようと思ったのは、ボトルを使ったカラーセラピーを本業にしている中で、メンタルヘルスの重要性を再認識したいという思いがあったからだ。「色が綺麗」「オシャレ」だけの世界ではないもんね。

あと、キャリカレだったら商工会議所主催検定のトラウマを払拭出来るかも知れない…と。AFT色彩検定もあの短期間で2級合格まで行けた訳なので、あとはオイラの努力と合わせてやっていけると思った。

で、教材が届いた。テキストは検定公式テキスト。そこにキャリカレオリジナルのDVDが付いてくる。テキストで概論、DVDで実例を学ぶ…といった感じだった。DVDの存在はありがたかったね。

受講から3ヶ月ほどでⅡ種とⅢ種を併願して受験したが、どちらも不合格だった。Ⅱ種はアレとしてⅢ種は2点で泣いた。問題にして1問か…勉強不足だったから、そこをグチグチ言うつもりは無い。

ただ、本業のことを考えると、最低でもⅢ種は取りたいと思っていたので、復習して再度受験することに。今度は文句ナシの合格。キャリカレを信じて良かった。「商工会議所主催検定」のトラウマから解き放たれた瞬間だった。

その後、Ⅱ種も再受験したが、またしても不合格。その時の試験会場運営に疑問点が残るため、Ⅱ種再受験やⅠ種へのステップアップは現在見送り中。ただ、どちらも興味関心の高い分野である。

Ⅲ種を学ぶことで、これまでのお客様に対してのケアが正しかったかどうかを再認識したが、オイラ自身の状況を知るキッカケにもなったと思う。そして、これからのケアにつなげていくことにもなった。

試験合格から3年半経過するのだが、お客様に限らず「メンタルヘルス」不調を抱える方に多数出会った。つい最近は、常に気丈だと思っていた家族にもメンタルヘルス不調が判明し、その対策の重要性を改めて痛感した次第だ。

冒頭にもある通り「私に限って…」は無いんだよなぁ。

さて、今回の講座も「2講座目無料」の対象であったため、Ⅲ種合格をキャリカレに報告し「次はこの講座を受けさせてください」と伝えた。凄いことに、これが出来るんだよね、キャリカレは。

2014年暮れ、新たな教材が届いた。「新たな」と言っても、過去に学習したことのあるものだったのだが、長らく放置状態にあったので、スッキリさせたかったのよね。商工会議所主催検定のトラウマも解けたことだし。

本当に受講料無料…新たな学びが始まった。

【お知らせ】
学びが人を助けたり、学びで自分を伸ばしたり…キャリアカレッジジャパンには誰かを幸せにする講座が充実。『にゃんこの暮らしの手帖』をご覧の皆様限定「割引クーポンコード」で、オトクに学びのスタートをゼヒっ!!

クーポンコード: ambpevHw

※ コードの使い方はこちらのページをチェック
※ 一部対象外の講座があります。また、割引額は講座によって変わります。

PAGE TOP