マンホールの先はどんな世界? 子どもは無邪気に叫ぶのだ!!

NO IMAGE

子どもは予期せぬ行動を見せるものだ。

先日、買い物先から戻る際、ある若いお母さんと子ども2人を見かけた。1人はまだ小さいので抱っこされていたが、もう1人は3歳位で色々なものが気になるのだろうか、マイペースに動いては立ち止まる感じだ。

で、ちょっと違うところを見てから再びその子を見ると、マンホールの前にしゃがみこんでいた。そして、何かを叫んでいた。オイラはすぐさまこう思った。

「ブラジルの人、聞こえますか〜!!」

あの子はきっと、こう言いたかったに違いない。サバンナの八木真澄さんのギャグ。あれを使いこなせるとすれば高度なお子様やぞ、ホント。ブラジルと繋がると良いですなぁ。

お母さんは「あらあら…」と苦笑いだったが、目の前の横断歩道の信号が青になったので、その子と一緒に前に進み始めた。

ちなみにオイラ「ブラジルの皆さ〜ん、聞こえますか〜!!」と覚え間違いをしていた。改めて調べてみると「ブラジルの人、聞こえますか〜!!」だった。失礼。

ブラジル…ねぇ。

地球で考えると、日本の反対側にある。マンホールを通じて、あの子の声が届いていたら…実に見事だわ。

そう言えば、言われてみて気がついたのよ。

2018年開催のリオデジャネイロ五輪。閉会式で日本からマリオがブラジルめがけて進んでいって、最終的に安倍晋三首相が「安倍マリオ」として登場したっていう演出があったのを覚えているだろうか。

あれ…最悪な演出だよね。

マリオがブラジルに向かって進む際、ドリルを使って地中を進んでいったという演出だったでしょ…要は「日本は地球をぶっ壊してでも五輪をやります」っていうアピールにしか見えなかった。

安倍首相がマリオだから以前…根幹の問題ね。そんな五輪は要らん。

それこそ、日本がアニメやゲームで高い評価を得ているのであれば、例えば黒いマットを地面に敷いて、そこに飛び込めば自動的にブラジルに滑り降りられるという演出でも良かったよね。

マットを外せば穴が塞がるでも良い訳じゃん。それをわざわざドリルで掘削していくって、センス無さ過ぎだわ。日本のイメージが一気に悪くなったと思うよ、あれ。

そう考えると、敢えて地面に向かって「ブラジルの人、聞こえますか〜!!」ってやることは、周囲にほのぼのとした空気をもたらすよなぁ。八木さんがやる本家Ver.も好きだったりする。

子どもならではの光景だったけど、色々考えさせられたよ。

PAGE TOP