紫外線を気にする余り、見た目が怖すぎる方々は何とかならんかね?

NO IMAGE

紫外線の威力が強まる時期になりましたな。

帽子にサングラス、日傘に日焼け止め…紫外線や日焼け対策の品々が欠かせなくなりますなぁ。好き嫌いはあると思うけど、無防備にしていると後で痛い目に遭う。マジで痛い目に遭った方の話は次回のブログでするとして。

紫外線は怖いね…役立つ場面ってのもあるにはあるが、悪影響の方が多く叫ばれる。しかも、時代が進むごとに紫外線の威力は強烈なものとなっている。紫外線が目に見える訳じゃないから防御策はあれこれ出る訳よ。

でもね、余りやり過ぎると別の意味で怖いってこともあるよね。

例えばこんな感じ。サングラスをしてフードをかぶって、口元をガッチリ隠すスタイル。頭皮や頭髪、顔への防御はかなりのものだろうけど、このスタイルを銀行で見かけたらヒエーッてなるよ。

強盗や人質事件を思わせるような。

紫外線や日焼けを防ぐつもりが、犯罪のかほり漂うものになるのは、どうだろう?って思うよ。実際にやる本人も、そこに気がついたら良い気がしなくなるだろう。それでもやるってことは…気がついていないんだろうね。

あと、良い写真が無かったので上手く伝わるか分からないが、顔全体を覆うような黒いサンバイザーって、近年よく見かけるよね。あれを着けた方が正面からやって来るのを見ると、正直怖くてしゃあないのよ。

ベイダー卿がやって来る的なアレ。

で、そのサンバイザーだけならまだしも、そこにつば広の帽子とか、首や口元を覆い隠すものとか着けている方も割と見かけるんだよなぁ。怖いし過剰な感じもある。暑苦しくないのかね?とも思ってみたり。

そこまでやってしまったら、本当に前が見えているのか心配になる。当人がまっすぐ歩いているつもりでも、ついよけてしまうよ。紫外線が怖いとか日焼けしたくないとか、気持ちは分かるけど。

ちなみに、よくある紫外線や日焼け対策グッズって、オイラの感覚だとこうだろうなぁ。

◉ 帽子 → デザインが良いものであればかぶりたい
◉ サングラスまたはメガネ → ビックリする位に似合わないので却下
◉ 日焼け止め → 首から下の対策で必需品
◉ 日傘 → 片手が塞がるので却下
◉ サンバイザー → 多分、こめかみ辺りの締め付けに悩まされる
◉ 首や口元などをガードするもの → 多分、邪魔になる
◉ アームカバー → 割とよく使う
◉ 薄手の長袖カーディガン → アームカバーの代わりになることもある
◉ BBまたはDDクリーム → 顔の対策で必携

不審者には見…られないよね? これだったら。

梅雨に入ったとしても、紫外線や日焼け対策は抜かり無くと言われている。屋内に居ながらにして、うっかり焼けもあるもんなぁ。でも、対策が過剰になり過ぎて、何かと心配や不安がよぎることにならぬよう、お気をつけあれ。

PAGE TOP