GmailアプリのAIがしでかした謎の3択クイズを解け

NO IMAGE

賢いんだか賢くないんだか。

先日、相方さんが飛行機で出張に出た。4泊5日。その間、オイラは立派な自宅警備員となったのだが、何か色々とあって、気が休まるという感じでも無かったな。

出張期間中は殆ど連絡を取っていなかった。唯一、家の留守電に入っていたメッセージについて、オイラからメールで伝えたことはあったが。割とドライだのぅ、オイラもその辺は。

向こうもメールや電話をよこさなかったし。

で、出張最終日に相方さんからメールが来た。戻りの時間を知らせてきた。オイラが迎えに行くという訳ではないが、一応お知りおきくださいな…ということだったのだろう。

メールはオイラのタブレット(Android)、Gmailアプリで見た。

飛行機で出張に出たので、当然ながら飛行機で戻る。はーい、分かりましたー、家に帰るまでが遠足やでー…と思って見ていたら、最後に3択問題が。

実は、Gmailアプリには「スマートリプライ」機能が付いている。AIが自動的に返信の候補を挙げてくれるというもので、1つ選んでタップすれば、その文言が返信メールの本文に入るのだ。

もう1度、今回の3択を見てみよう。

向かって右がおかしいって!!

「羽田空港着で家に戻ります」っていう文に対して「了解です。」は分かる。「はい。」も分かる。何だよ「今日は帰りません。」って!!

余りのインパクトに、思わずタップしそうになったじゃないか。

暫く笑いが止まらなくなり、ようやっと落ち着いてから返信作業に。「今日は帰りません。」を押しそうになりつつも、そこをグッとこらえて「はい。」を選択。特にヒネリの無い文章を足して返信した。

自宅警備員をしていて「今日は帰りません。」って、お前はどこに居るんじゃ?って話だもんなぁ。心ここにあらず…誰が上手いこと言えと。ウケを狙うなら、これ1択だろうけどね。

AIが返信候補を選ぶ…ということは、定型文と言うか事務的な文章だと、的を射た候補が無理なく挙がるのだろう。逆に、文章が余りにカッ飛んでいると、困惑するんだろうなぁ。

AIも大変やな。

ちなみに、本文のうち、モザイクで消した箇所には出張先と詳細な時間が記されていた…なら一層「今日は帰りません。」はおかしいやん。まぁ、それがAIの精一杯だったんだろう。

また、面白い3択を出しそうな気がするぞ。