国民民主党が立ち上がったけど、いつになったら「決断」すんの?

「#大塚立て」とか「#玉木立て」とか聞いておらんぞ。

2018年5月7日(月)に「国民民主党」が結党された。旧民進党と旧希望の党の一部の議員で構成されているが…何かこう立憲民主党的なデザインやカラーリングって、最初から本家に失礼だろ?と言いたくなる訳で。

政策に一貫性とか独自性とかあるのやら。

で、オイラ、同党のサイトを最初はタブレットで見たのよね。そこで重大な「やらかし案件」を見つけたのだ。Twitter上で、アカウント名を絡めた上で指摘した。

そうなのよ、これ重大な違反なのよ。オイラ、先日とあるところでTwitter社のロゴを使ったバナーを作ることになって、本家のロゴを使う際のルールを調べていたんだよね。で、同社のブランドガイドラインを見ていたんだわ。

ガイドライン(全文英語)によると、小文字のtwitterロゴと、頭の毛がはねた鳥のイラストは「以前のもの」であり、「Misuse(誤った使い方)」の例として挙げられている。誤った使い方…つまり「禁止事項」だわ。

羽根も今と違うしね。PDFファイルはコチラからダウンロードすると良い。他にも禁止事項は色々あるけど、正しいものを正しく利用するのであれば、同社から最新のロゴがダウンロード出来るぞ。

その確認を怠ったのね、国民民主党さんは。

指摘したのは結党の翌日(5月8日)…それから2日経って(つまり5月10日に)今度はノートPCからサイトを見ることにした。仕事が早いところだと、もう既に直っている筈だけどね

…って全然直っていない!!

一応オイラも国民なので、この声を聞いていただきたいんだけどなぁ。念のため、ここまではその日のスクリーンショットを上げさせて貰ったよ。本日(2018年5月15日)でも直っていない可能性は高そうだ。

さて、東京都府中市で国民民主党に入る市議会議員って…本当は1人居る筈なんだよね。2017年の時点で旧民進党に4名の議員が居たが、同年末に2人が立憲民主党に移り、1人は無所属になった。

で、残った1人が民進党に居続けた訳だけど…今のところ「国民民主党で頑張る」と公表していないよなぁ。無所属になったとも聞かないし。ならば立憲民主党に来るかって?…それは問屋が卸さないだろうねぇ。

その議員は労働組合「UAゼンセン」に所属していて、しかもその会長が「国民民主党の結党を歓迎」と言っている位だから、素直に国民民主党に入るのが筋とも言える。

機関紙連合通信社の記事でも、UAゼンセンが憲法第9条の「戦力不所持」「交戦権否認」などを削除し「自衛戦力の明記」も「基本的な考え」として検討していると報じている。立憲民主党の考え方とは到底折り合わない。

これで立憲民主党に入るって言い出したら?…そりゃUAゼンセンも立憲民主党も厳しい対応をするだろう。立憲民主党に入ってUAゼンセンから推薦を貰おうって考えているとすれば、余りにも考えが甘いんじゃないかな。

まぁ、本人の態度が明確で無いから現時点で断言出来るものは無いだろうけど、UAゼンセンの考えを取るとすれば、国民民主党か無所属が妥当だろう。自由民主党とも合いそうだけどね。

話がズレたが国民民主党…大黒柱的存在が居ないように思うし、支持率も低そうだ。2018年5月14日9時現在、公式Twitterのフォロワー数は1,600名少々。都民ファーストの会(3,300名強)よりも少ないって…ねぇ。

まぁ、あのようなガイドライン違反をしているのだから、公認バッジも簡単には下りないだろうなぁ。しっかり仕事をしないと、誰からも認められないぞ、ホント。

LINEで送る
Pocket